耐震補強リフォーム


一時期は社会問題にまでなった住宅の耐震強度ですが、現在は法の整備がしっかりしてきているので、ここ数年の新築もの件は大丈夫と思われます。
ただ、問題が判明する以前に建てられたもの件に関しては、疑問視されて然るべき状況と言えるでしょう。
その為、家の耐震強度を調査して受け、問題があるようなら耐震補強を…という依頼が増えているようです。
この耐震補強も、住宅リフォームの一環となります。
ただ、耐震補強は何種類もあり、それでは現在の住宅の耐震強度を調査してもらい、問題のある箇所を特定するところから始める必要があります。
補強工事の種類は、主に「地盤補強」、「基礎補強」、「柱脚補強」、「壁補強」、「接合部強化」、「屋根の軽量化」の6つに分かれます。
当然、どれか一つだけ立ち向かうとは限らず、問題が発生した点を全てリフォームしなければ、地震の際に不安を残す事になります。
地盤補強は、住宅の建っている土地をまとめるというものだが、コスト面を考えると現実的とは言いがたいのが現状です。
住宅を建てる前に行う事は可能ところが、さすがコスト面で相当かかってしまうので、できるだけフニャフニャ土地に家を構えないようにください。
基礎補強は、基礎に問題がある場合にその打ち増しやコンクリートを有筋化する等の方法を用います。
基礎にヒビが入っている等していると、弱い地震も倒れかねないので、きっちり行っておきましょう。
柱や壁も、経過年数と共に傷むのが通常ですが、過去に大きめの地震があった場合は一段と傷んでいる可能性があります。
柱や壁が壊れると致命的なので、こちらも優先的に行いましょう。
接合部は、地震の際に一際負荷がかかり易く、壊れやすい箇所です。
ここが壊れると家が傾く可能性がおっきいので、補強しておきましょう。

防犯対策のリフォーム


最近、個人の住宅を狙った空き巣事件は減少傾向にあるそうです。
これは、ピッキング技術が向上している中、それ以上に防犯対策が普及しているからと言われています。
不況という事で、空き巣をしようとする人の数はむしろ増えていてもおかしくない中で被害件数が減少しているのは、防犯の意識が高まっているからに他なりません。
こういった流れは、防犯対策のリフォームの依頼件数増加にも現れています。
別に、ピッキングはいつも技術が進化している事もあって、その対策も定期的に立ち向かう必要があり、依頼件数が増えているようですね。
防犯リフォームは、そのピッキング対策と、ガラス対策が主に行われています。
ピッキング対策の場合、家の鍵全部を引替える必要がありますが、コスト面ではそこまで大きな金額にはならないので、防犯としては有効です。
住宅の防犯リフォームで注意すべき点は、一戸建ての場合は玄関だけ鍵を変えてもよく意味がないという点です。
マンションならそれで問題ありませんが、一戸建てだとやはり玄関以外からの侵入が考えられます。
従って、全ての鍵を入れ換える必要があります。
また、一軒家ならではの防犯と言えるガラス対策も同様です。
強化ガラスとして割られないようにしても、一部分でも通常のガラスがあれば、そこを割って進入繋がる可能性があります。
こういった防犯対策は、徹底する事が重要です。
手を抜いて後悔する事がないよう、隅々までリフォームを行うようにしましょう。

リフォーム計画を正に立ててみよう


リフォームを行う為には、まず前もってある程度自分で計画を立てておく必要があります。
詳細に関しては、業者に依頼した後に見積りを通してもらい、その後に予算と相談しながらリフォームする部分やリフォームの内容について話し合いを行っていきますが、その叩き台となるようなプランは最低限必要です。
それでは予算ですが、基本的にはゆとりを持っておく必要があります。
資金ギリギリで行うと、費用がかさんだ場合に支払いができなくなるからです。
住宅リフォームは、さほど初期の計画で立てた予算が引き続き採用されるとは限りません。
かならず余裕を持って予算を考えるようにしましょう。
次に、住宅のどの部分を意識するかです。
リフォームというものは、一部分だけを行なうものとは限りません。
歯医者や病院に行くと、自分が気付いた悪い部分の他に、医者が見つけた悪い部分も治してもらいますね。
それと同じで、リフォームも点検の段階で見つかった修理が必要な場所等も一度に直して買うのが通常です。
この点も、予算に余裕を持たせておきたい理由となります。
ただ、予算の範囲内で収める為にはどっか削らなくてはならない事もあります。
その時の為にも、プライオリティーはしっかり決めておきましょう。
何より重要なのは、改善工事と改修工事のプライオリティーです。
改善工事というのは、住宅の使い勝手をよくする事を基本としたリフォームです。
一方、改修工事は機能を回復する為のリフォームです。
この場合、後者を優先するのが一般的です。

分散リフォームとアクセント集中リフォーム


現にリフォームを行う上で必要となって現れる初期計画の立案ですが、その中でリフォームのおおよその方向性を立てておけば、後の話し合いの時に非常にスムーズに事が運びます。
住宅リフォームにおける方向性はいくつかの視点によって決まってくるが、一際大まかに区切る場合は、分散させるか一転集中するかという事です。
分散型、すなわち分散リフォームの場合は、住宅の至る所をリフォームするというものです。
主に改修工事目的の場合に利用される方法ですね。
また、改善工事の場合は、一部分にコストを集中させず、分散させて住宅全体のクオリティアップを考える事になります。
一方、ワンポイント集中型のリフォームは、一つの施設、あるいは一つの部門についてコストをかけてリフォームを行うと言うものです。
たとえば、リビングだけをリフォームするという場合に、広さ、高さ、柱の位置など、とことんこだわってリフォームしてもらう等という場合に利用する方法です。
分散型とワンポイント集中型とで、どちらが素晴らしいというものはありません。
それぞれにメリット、デメリットがあります。
予算を決めた後、その予算内でいかなる工事が可能かという事をある程度調べた上で、どういったリフォームを望むか、どういう住宅にしたいかという目的をしっかり持てば、自然とどちらの方法が良いか決定してくると思います。
分散型の場合は、住宅全体の悪い部分を正すという意味では有効ですが、一部分にお金をかけられないので、改修工事だけで終わってしまうという可能性もあります。
一方、ワンポイント集中型は自分のこだわりを反映できる一方、本来修理決める部分がおざなりになる可能性があります。
ただ、共通しているのは、二度手間を作らない事です。
一度の工事で自分が直したい部分をしっかり直してもらわないと、又もや再度工事という場合は余計なコストがかかってしまいます。

家具の造り付けはお得か


住宅の様々な荷物を収める為の収納は、家においては非常に重要な機能と言えます。
収納が少ないと、家の中がごみごみしてしまい、住宅としての質を落としてしまうからです。
わずか内観を汚くするというだけでなく、床に負担をかけ、畳を害する事になりかねません。
荷物はできるだけ収納に収めておくべきなのです。
住宅リフォームを行うにあたり、収納をどうしてするかはかなり重要です。
基本的に、収納は家具で行うか、家の中の押入れやスペースを利用するかの2点となりますが、リフォームの収納は主に後者となります。
スペースに余裕がある所に押入れを形作り、そこに荷物を捨て置くという方法や、家の外に倉庫を増設するという方法があります。
ただ、これ等以外にも、造り付けの家具を作成して貰うという方法もあります。
造り付けの家具というのは、家の一部として家具を作って味わうというものです。
たとえば、壁の一部を削って棚を作ったり、タンスにしたりといったものです。
家の一部分を家具として仕舞う工事に関してになります。
住宅リフォームにおいて、家具の造り付けは相当依頼が多いといわれています。
収納をする上で大きなタンスを貰う場合、そのタンスを中まで運ぶのは大変ですし、それを長年置いておくと畳が傷むという事で、家の壁を収納としてしまいたいという家庭が増えているようなのです。
ただ、家具の造り付けは本当にコストがかかります。
予算との兼ね合いも含め、慎重に検討しましょう。

部分リフォームはどの場所が人気


住宅には様々な要リフォーム部分がありますが、その中でとにかくリフォームをしたいとされる場所はどこなのでしょう。
インターネットの意見を参考に、上位にくる場所をピックアップしてみます。
とりあえず、リフォームしたいという意見が多いのは、「浴室」、「キッチン」、「トイレ」、「トイレ」の4つが特に多いようです。
いずれも生活する上ではずす事のできない設備であり、現在システム化が進んでいる事もあり、お手軽な価格でますます便利にリフォームできるようになったのが主な要因と言えます。
一方、間取りを変更したい、断熱や遮音を行いたい、オール電化にしたいなどという意見も上位に入ってきています。
以前はなかなか増えていた耐震強化はこれらの下になってあり、じわじわ問題意識が希薄化してきているようです。
まずいまひとつ悪いのが、リビングのリフォームです。
リビングは共用空間ところが、この世、長時間リビングにいる家庭が減っているというのがその原因かもしれません。
また、リフォームをする動機としては、「内装を綺麗にしたい」という理由が特に多いようです。
次に、「修理が必要だから」という理由がきます。
この他、「子供の勉強部屋が必要」、「古くなった設備を新調したい」、「高齢者、高齢化のために」、「家族の人数の増減」といった理由が並んでしまう。
近年は、高齢化社会の影響で、お年寄りが住み易い住宅にしたい、介護しやすい住宅がすばらしい、という理由が多いようです。