トヨタ自動車には軽自動車は無いのです


トヨタ自動車は世界それでも有名な自動車メーカーだと思います。
その理由としてはトヨタ車は車の故障自体が数少ないていう事、安全性が高いという事、燃費もかなり激しく、車のユーザビリティや機能性においても世界中でトップクラスということもあり、世界中で愛され指示が高い自動車メーカーだと思います。
では小回りが利く軽自動車もほしい所ですが本当はトヨタ自動車には軽自動車という分類はない様なのです。
トヨタ自動車の軽自動車並の車と言うと、「パピプペパッソ、プチプチプチトヨタ」でお馴染みのパッソ等が有ります。
これはコンパクトカーとしての規格になりますので軽自動車にはなりません。
ガラリソはトヨタ最小の車という事で話題を呼び、「燃費」が良いこと、「価格」が安いこと、「維持費」が低いことが挙げられます。
トヨタ自動車では軽自動車という分類は出していませんが、ダイハツから軽自動車を販売しているのでトヨタの軽自動車と言うならばダイハツの軽自動車を見て見る事になります。
規格は違えどトヨタでは1000cc~1300ccのコンパクトカーが一番排気量が小さくなります。
そのパッソですがトヨタ最小の車とは思えないほどの室内の広さ、走行性の安定さ、低燃費を実現させていますし、若々しい女性をターゲットにしていますのでボディカラーもたくさん用意されています。
カジュアルな感じの方が人気が高い為に内装はカジュアルな感じの車が多い様です。
それがちょっとカジュアル過ぎてチープな感じがすると著しい批評をする人も多い様ですがトヨタのコンパクトカーはのぼり易く、免許を取得したばかりのドライバーの方けれども、ファミリーでも、運転に慣れた人でも味わえる車だと思うのです。

トヨタ自動車のリコール問題を考えてみよう


トヨタ自動車のリコール問題が大規模かした事でアメリカ国内だけでなく日本も大激震が起きています。
この問題を通してアメリカ議会で公聴会が現れる事になり、トヨタ自動車の豊田章男社長も出席しました。
事の発端は北米で起きたフロアマットがペダルに引っ掛かってしまった事にはじまり、アクセルペダルが帰りにくいという問題まで出てきた事です。
また、プリウスのブレーキに抜けが出たとの問題もあり、ずっとトヨタ自動車に関する問題が取り沙汰される事になりました。
取り敢えず、訴訟大国であるアメリカで発生した問題で詳細部分は分かりにくい点も有りますが、問題は本当は有ったのかもしれません。
この事からトヨタ自動車はリコールを国土交通省に届け出を通して、対象車は30万台以上にもなったと言います。
これを通してニュースではちょこっと行き過ぎな感じとも当てはまる報道が出てきて、危機管理体制が生ぬるいとか、体質が酷いとか、問題の焦点とずれてきた様にもなってきました。
子供のケンカに親が出てきた様な解釈になっている感も否めないのです。
リコール問題が出たのはアメリカで、アメリカは色々訴訟を起こす国でもあります。
日本では考えられないちっちゃな事でも訴訟を起こすので単に責められてるだけという感じもあります。
リコール問題で責められているのでひどくヤバイミスも犯した感がありますが、見えてない部分も多くあり、よくみると本質が分かって現れるかもしれないという視点もある様です。

プリウスの問題について


トヨタ自動車が抱えているリコール問題としてプリウスのブレーキ問題が取りざたされました。
この内容についていくぶん挙げてみたいと思います。
たとえば凍っている道等まったく滑り易い道でブレーキを軽々しく踏んだとします。
この場合はプリウスの中まずは回生ブレーキが立ちあがり電力を回収します。
そうして機械式の摩擦ブレーキに取り換える為にABSを作動させる仕組みになっています。
この切り替えの際にタイムラグが生じるという事で、単に0.06秒程のタイムラグが生じるという問題が挙げられました。
データ的に見ると「抜け」と言う所まではいかないらしいですが、この問題がものすごく取りざたされてトヨタ自動車プリウスのリコール問題まで発展して言う様です。
正に空走するという事は、1秒やコンマ何秒という感じのタイムラグが起きる場合の事で、カンマゼロ何秒と言う所は空走時間として入れて良いのかと言う所も有ります。
またコンマ何秒という世界のタイムラグは車の中まずはより起こっている感じもしますよね。
そう言った事まで言い始めたら運転中に起こるナビシステムの操作においてのタイムラグ、オーディオを操作するときのタイムラグ等もこれに値するというのです。
ただし問題はプリウスのブレーキの抜け0.06秒という事ではなく、その後にブレーキペダルがゆっくりとしか戻らないという事が問題になっている様です。
ペダルを踏み治すと問題は薄いみたいですが、のほほん戻ると言うのは確かに気になる問題かもしれませんね。