マイレージを使って節約する


ANAマイレージプログラムは凄く簡単でかなり効果が見て取れる節約方法として扱う事が出来る様になります。
それは生活の色んな場面でマイルを取り入れる事だと思うのです。
ANAマイレージプログラムは、飛行機に乗っている人だけが得をする為のプログラムでは有りません。
飛行機に乗らない人も得をするプログラムなのです。
では、どれだけ節約が出来るのかと言うと、ためると言うよりは得をするという考えになるのですが、ANAカードによって年間100万円位使ったとします。
それによって最低10000円の利息が付くという様に考えて頂ければ良いでしょう。
100万円も使ってわずか10000円だけ?というでしょうが、よく考えてみると銀行に100万円預けたって今は10000円の利息は付かないですよね。
そんなに考えると利息として10000円付くのは至って有り難いものだと思うのです。
また、貯め方によっては年間2万円以上貯められる様にもなります。
どうして貯めて行くかは使う人次第という事なのです。
ただし、1年にクレジットカードを100万円も使わないわという人も多いでしょう。
無論普段の生活にしてみたら使わないと思います。
でも、生活のありとあらゆるものをクレジットカード払いとしてみてはいかがでしょうか。
たとえば電気や水道、ガスっていう光熱費、携帯電話代、ガソリン代、普段のスーパーでのお買いもの代等、現金払いや口座振替としていたものをANAが提携しているクレジットカードに変えるだけでほぼ100万円行くと思います。
無論、カードによる分の現金は支払い用にとりましておく事は必要ですけど、そうするだけで今までまったく何ももらえなかったもので10000円位のマイルがたまるとなると節約になりますよね。

旅行でマイルを貯める

ANAマイレージを利用する一番の王道は飛行機に乗ってマイルを貯める事だと思うのです。
ですがめったに飛行機だけに乗っかる事って無いですよね。
そこで利用するのがツアーだと思います。
ちょこっと特殊なケースについて説明してみましょう。
「フレックストラベラー制度」というものが見て取れるのをご存知でしょうか。
通常、飛行機の座席予約って座席数と同じ数だけ予約入れますよね。
但し、大抵時間変更する人やキャンセル人がいるので、そのキャンセルを見込んで実際の座席数より多く予約を取っているのが実情の様です。
稀にキャンセルが出なくて座席が足りなくなって仕舞う事が有ります。
これをオーバーブッキングと呼んでいるのですが、そういった場合、航空会社が条件を提示しますので、その条件に同意出来る人が他の便に移ってくれる様に協力者を募っているのです。
これが「フレックストラベラー制度」です。
協力した人には空いている便が与えられ、別途協力金もいただける様です。
その協力金をマイルに換算する事も出来るそうです。
当日便に変更だと10000円位、マイルにおいて75%程度ですので7500マイル、翌日以降だと2万円位、宿泊を要するのであれば宿泊代等が貰う事が出来ます。
急いでいたり、ツアーで申し込んだりしている人の場合はこの制度を利用するのが無理かもしれませんが、急いでいない人ならば、そういった制度によってANAマイレージのマイルを稼ぐという手も有りですよね。
明るい事は搭乗手続きカウンター等で聞いてみると良いでしょう。

ホテルに泊まってマイルを貯める


飛行機に乗らなくてもホテルに泊まるだけでANAマイレージでマイルが蓄える事が出来るのです。
出張等や旅行でホテルに泊まる事もあると思います。
このたまにANAと提携しているホテルに宿泊するとマイレージが貯まり易くなっています。
提携ホテルとしては全国に在る全日空ホテル、リーガロイヤルホテル等、日本国内外問わずたくさん有ります。
マイルの頂ける割合としては、泊まったら何マイルという固定の場合と、泊まった部屋の料金によってマイルが決められている場合と有ります。
マイレージの積算方法としては、泊まるホテルによって方法が違いますので、調べておく様にください。
大体は、ホテルにチェックインする際にANAマイレージクラブのカードを提示します。
次いでホテルが処理を通してくれて、大体2ヶ月後に加算される様になりますので、忘れずに加算してもらう様にください。
再び、ANAカードとして決済すると100円で1マイルが貯められますので、どっちみち泊まるのであればANAマイルが貯められる、提携ホテルに泊まると良いですよ。
勿論、ツアーで有ったりホテルだけで泊まったりしてもとも貯められますので、思い付か場合は問い合わせしてみると良いでしょう。
また、提携していないホテルで有ってもANAカードとして決済する事でマイルを貯める事が出来ます。
何をするも、お金としてホテルに泊まるのであればマイルが貯められる様な工夫をほんのりするだけで、効率よくマイルが貯まっていきますので、無駄に止める様にしましょうね。