リフォーム業者の特徴


主な住宅リフォーム業者の種類は「工務店・大工」、「ハウスメーカー」、「リフォーム会社」、「専門工事業者」、「流通業者」の5種類となっています。
工務店や大工は、昔からリフォームを請け負っている所なので、真実味はあります。
その一方で、他の種類の業者の参入によって、シェア自体は落ち込んでいます。
昔ながらの業者という事で、基本的には近代のデザインはあまり精通していない所が多いようです。
ただし、地域密着型となっている所が多く、アフターサービスは信頼がおけます。
また、悪徳業者である心配もいりません。
その分、コストはある程度高めになっている所が多いようです。
ハウスメーカーは、主に大手の会社がリフォーム専門の子会社を作って依頼にあたっているケースが多いようです。
その為、全国各所に支店、営業所が点在しており、引っ越し先もおんなじ系統の業者に依頼するという事もできます。
以前と比較し、近年まずは地域密着型が増えてあり、設計や施工は自社が行う一方、現場は地元の職人や工務店に依頼するケースが増えているようです。
リフォーム会社は、近年新規参入の数がきついリフォームの会社です。
新規ででき上がる他、予め様々な分野を行っていた会社がリフォームに特化した会社になっているケースもよくあります。
専門工事業者は、リフォームの分野毎に背負う、スペシャリストの著しい業者です。
そうして、流通業者というのは、ホームセンターや家具店等の住宅関連商品を扱っている業者が、専用窓口を設けてリフォームの依頼を受けるという形式のものです。
それぞれに長所、短所があるので、しっかりと把握しておきましょう。

リフォーム業者選別の落とし穴


近年、住宅リフォーム業者を騙った悪徳業者の数が急増しています。
それに比例して、悪徳業者によるリフォームによって大きな損害を被った人の数も増えています。
こういった状況はどうしても改善の兆しが見られず、リフォームを行う上で大きな障害となっているのです。
とはいえ、対策がないわけではありません。
事前にしっかりと依頼するリフォーム会社について調べ、ひいては依頼から施工までの間に悪徳点がある事を見抜ければ、悪徳業者の罠に引っかからずに済みます。
では、その例をいくつか紹介ください。
取り敢えず、見積り金額の確認です。
見積りが明らかに相場よりも安っぽい業者は、基本的に信用しない方が良いでしょう。
明らかに材料の質を落として経費を削減していたり、手抜き工事を通していたりするケースが多いからです。
いよいよ、そういった手口によって被害に遭い、工事から十年以上経過してなんとか騙された事に気付いたという家庭はたくさんあります。
また、工事費は前払いをするのはやめましょう。
基本、工事費は後払いで行われますが、前払いを要求する業者も稀にあります。
その場合、資金繰りが上手くいっていない可能性が厳しく、そんな業者はそれほど安心して委託できません。
万が一、リフォームの途中で潰れて逃げられようものなら、大きな損害を被る事になります。
後、施工例を用意していない会社は、基本的には信用できません。
住宅リフォームでは、打ち合わせの段階でその業者の施工例を見せて頂き、実に依頼するかどうかを判断するものだが、それが弱い業者は自分達の実績に自信がないに関してになります。

相見積りで比較を行おう


住宅リフォームの見積りを業者に出してもらう際、一つの業者に絞ってしまうと、その見積りが相場に対しておっきいかどうかという大体の判断しかできません。
ただし、基本的に、住宅リフォームの相場というものはあくまでもアバウトなものです。
というのも、通常住宅のリフォームは、現在の住宅の状態によって広くその額面や給与が変動するからです。
とうに甚だ傷んでいる住宅を改築するのと、本当に助かるときの設備が整っている状態で改築を行うのとでは、おんなじ価格についてにはいきませんね。
従って、相場は飽くまでも標準的な条件下における平均的なコストであり、場合によってはそれからすごく外れても適正価格であるについては珍しくありません。
但し、そういう相場を基準とはせず、適正価格を確かめる方法があります。
それは、相見積りです。
相見積りとは、複数の業者に対して見積りを依頼する事です。
従って、全く同じ条件の中で、複数の業者の見積りを比較する事ができます。
これを行うと、どの会社が安く自分の住宅をリフォームできるのかがアッという間に聞こえるので便利です。
ただ、複数の会社に見積りを依頼する事は、一気に最低でも一つ以上の会社に断りを来れる事でもあります。
また、相見積りはあくまで同一のサービス、同一の製品に対して有効な手段であって、デザインやサービスニングなどは元々の基準が存在しない為、価格の比較はできても価値の比較はできません。

見積書の見方


相見積りをやり、見積書を見比べる場合、ポイントはある程度はっきりしています。
特に、価格の比較です。
住宅リフォームの合計額を比べ、どの会社が一番安くしているかをチェックする事になります。
ただ、相見積りの場合、依然どの会社とも契約していない状態で出して買う場合もあれば、もう契約を済ませてあり、その価格の適切をはかる目的で他のリフォーム業者に見積りを出して貰うケースもあります。
その為、後者の場合はもしも他の業者が安くても、そこへ乗り換える事は困難なので、できれば価格の比較は早めに行っておきましょう。
次に比較やる点は、リフォームの目的をしっかり理解してもらっているかという点です。
見積りというと、無性に価格だけに目が赴きがちですが、実際にはそれ以上に重要なのは、これから変わっていく住宅が自分の理想にどこまで近づいているかです。
いくら安くても、リフォーム前と貫く、あるいはリフォーム前より使いづらい住宅になってしまったら、元も子もありません。
どの会社が、自分達がリフォームする目的を理解してくれているかは、出来上がりに大きな影響を与えます。
それもしっかりとチェックしておきましょう。
見積書に記されるのは、主に図面や解説、そして工事費の内訳です。
ほとんどの人は名工ではないので、細かいところまでは相当理解できないかと思いますが、せめて親切さはわかるかと思います。
見積書がごちゃごちゃしていて見にくい会社は、基本的にさほど消費者の事を考えていないと言えます。