トヨタ自動車のスポーツカー


トヨタ自動車からスポーツカーが無くなると言われています。
予めトヨタ自動車からはTOYOTA2000GTを始めとしてたくさんのスポーツカーが世に送り出されていました。
また純粋なスポーツカーでは有りませんが、セダンのスポーツタイプとしてクラウン、コロナ、マークII等が2ドアハードトップとして作られていました。
また、ライトウエストスポーツタイプという大衆車としては、初代セリカ、スプリンタートレノ、カローラレビンの様な車も有りました。
また、スープラという名前のスポーツカーが出ました。
これはセリカに6気等エンジンを搭載したものになります。
また、スポーツカーと言ったらソアラの存在も忘れてはいけないでしょう。
純粋なスポーツカーとは言いにくいですが、スポーツタイプの車として爆発的な人気を出しました。
またトヨタ自動車は、F1に参戦したり、各国のラリーやモータースポーツにも参戦したり、国内のGT選手権に参戦したりしていて、優勝経験もある等、素晴らしい功績を残してきました。
但し、日本国内では近年スポーツカーを突きつける若者層が減ってきた事もあり、レビン等の若者層向けの車の販売も減らさざるを得なくなりました。
売れない車は作らないという日本の自動車メーカーならではの定石が適用される事になりました。
その流れを受けてトヨタ自動車からはMR-Sの生産終了でスポーツカーが無くなって仕舞う事になったのです。
今はハイブリットのスポーツカーも販売されている様ですが、人気がないようです。
トヨタ自動車からスポーツカーが消えてしまうのはうら寂しい事ですが、これも時流で仕方がない事なのでしょうか。

トヨタ自動車の逆外車について


海外において、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が展開されています。
創設当初はレクサス・LS、レクサス・ESが発表され話題にもなったそうです。
どうして日本国内でレクサスが生まれなかったかと言うと、高級車を日本で販売するのには、ある程度で限界が来るのではないかと判断され、受け入れやすい海外での販売に踏み切ったからの様です。
レクサスが参入した市場は、BMWやベンツ、キャデラック等海外の高級車メーカーが立ち並んでいる市場で、日本の大衆メーカーが参入してもダメだろうと言われていましたが、レクサスはその予想を裏切り、エライことで大きな衝撃をもたらしたそうです。
そんなトヨタ自動車の高級車ブランドであるレクサスの車が日本に逆輸入されて販売されだしたのはまだ記憶に目新しいことだと思います。
その販売実績もBMWやベンツに継いだ高さになっていますから、すごいものではないでしょうか。
但し、トヨタ自動車からしてみたらその売り上げも見込よりは断固少なかったそうです。
トヨタ自動車の逆外車の車種には色んな車種が有ります。
どちらかと言うと日本から輸出した車を逆輸入すると言うよりは、海外で生まれた車種を逆輸入するというパターンの方が多いみたいです。
その車種も色々あり、欧米モデルやインドネシアモデル等有ります。
余計日本で未発売モデルも有りますので、逆外車を選ぶのは興味深いかもしれませんので、店等を調べてみると良いかもしれませんね。

トヨタ自動車の中古車【ハイエース】


中古車を探している方はたくさんいるでしょう。
たくさん有る中古車の中けれどもトヨタ自動車のハイエースの中古車について説明してみたいと思います。
トヨタ自動車の代表的な車で、壊れない車として評判が大きいのがハイエースです。
ハイエースはファミリーカーとしても作業車としても払える等、利用の幅が大きいのが特徴として挙げられます。
その為か中古車だとしても値段が格段に下がる事が安い車種だと思います。
ハイエースの歴史は非常に長い事から、そのモデルもたくさん出されたそうです。
中それでも中古車で人気が在るのがH100系のハイエースバンではないかと思います。
また2004年に発売されたH200系のハイエースも人気が有ります。
人気がある事、需要もまったく在るということから中古車も値段が下がらないタイプの車です。
ではハイエース中古車の値段を見てみると大体7~8年前のモデルで10万キロ弱位の走行距離で100万円台のものが多いです。
ハイエースは耐久性が高いので10万キロを超えていてもまったく乗れますが、メンテナンスしながら乗り潰していくというスタンスの乗り方になるかもしれませんね。
それが短いか大きいかは判断付き辛いですが、如何なる用途で跨るかによってもなるのではないでしょうか。
また、基本は荷物をたくさん載せる為に使われる事が多いことから、後部座席に人が股がると震動等が気になるかもしれません。
ハイエースの中古車をファミリーカーとしての用途で購入するとすれば絶対に後ろに人を乗せて試乗を通して見る事をオススメします。