「ひな祭り」の由来

“ひな祭り”は、ほんらい、女の子の為だけの行事ではなかったことを知っていますか?その起源は、古代中国の“上巳(じょうし)の節”にまでさかのぼります。

“上巳”と言うのは、3月初めの巳の日(3月3日)と言う意義です。

シーズンの変わり目は、“邪気”が入って来易いと伝えられており、この日には、けがれを水辺で祓うのが習慣となっていました。

ニホンへは、遣唐使によってこの上巳の節が伝えられました。

初めは、天皇の為のお祓いとしておこなわれていましたが、平安時代に入り、宮中行事にも取り入れらました。

その時代には、自分の体を人形でなでて、けがれをそれに移し、海や川へ流す形になりました。

これが“流し雛”の名残です。

やがて、この行事が武家世間にまで広がり、“上巳の節句”が江戸幕府によって五節句の1つとして定められました。

そして、男児の節句は5月5日の“端午の節句”、女の子の節句は3月3日と定着していったのです。

ひな祭りは、別名“桃の節句”と言われますが、これは、桃が開花する時期と重なると言う意義に加え、桃の木と言うのは、邪気を追い祓う神聖な力をもつ木と伝えられていたからです。

人形つくりの手法が進歩し高級志向になるにつれ、人形は“流すためのもの”から“飾るためのもの”へと変わり、雛壇に内裏雛(男雛と女雛)を飾る“雛人形”がトレンドし定着していきました、。

こみたいにして、女の子の成長と幸福の願いを込めて、“ひな祭り”として雛人形を飾ってお祝いするようになったのです。

菱餅とひな祭りの色

3月3日の“桃の節句”は、無事に春を迎えられた喜びと、みんなが以来も活動的に過ごしていけるようにと祈願する日です。

女の子が主人公となることが沢山とおもいますが、春をみんなで祝うのも良いでしょう。

伝統的なフードや、この日に合った色を取り入れて、楽しくすてきな1日を過ごしてみてちょうだい。

“菱餅”の起源は、古代中国の上巳の節で食べられていた“母子草(ははこぐさ=ゴギョウ)”のお餅です。

これは、母親とちびっこが健やかに過ごすことの出来るように、と言う意義が有ります。

ニホンでは、それが“よもぎ餅”となりました。

そして、江戸時代に菱(白い花を咲かせる水草)を加えた白色の餅が、明治時代にはクチナシで色を付けた赤色の餅が参加して、菱餅は3色のお餅として定着したのです。

おのおのの色には、健全な子に育ってあったら嬉しいと言う祈りが込められています。

“桃色”・・・クチナシの赤い実は解毒作用があるので、魔除けの意義が有ります。

“白色”・・・菱の実は血圧を下げる作用があり、長寿やピュア、子孫の繁栄を願います。

“緑色”・・・よもぎは強い芳香をもち、厄除けの効力があるとされています。

健やかな子供の成長を願います、。

3色を積み重ねる順番は、春の光景を表しています、。

上から桃色・白色・緑色の順番だと、地上では桃の花が咲き、まだ残る雪の下には、新芽が力強力に芽吹いている実景を表現しています。

桃色・緑色・白色だと、桃の花が華麗に咲き、新芽が雪の中から芽吹いている実景を表現しています。

この3色は、ひな祭りの想像色として定着していますが、より一層菜の花の色である“黄色”を加えて、より鮮やかさを引き立てるケースではも有ります。

ひな祭りの演出には、これらの色を飾り付け等に取り入れてみましょう。