クレジットカード現金化のメリット


クレジットカードのショッピング枠を現金化するシステムが有りますが、これによるメリットとはどういうものが見て取れるのでしょうか。
【返済方法が貫く】
クレジットカードのショッピング枠部分を現金化という特殊な使い方をすると、支払方法はどうしてなるんだろうと不安になると思いますが、返済方法は普通にクレジットカードによっている場合と何にも変わりません。
ショッピング枠を現金にしたとしてもクレジットカード自体はショッピングをしたものとして認識されます。
ですから毎月決まった日に引き落としが掛かり、返済という事になるのです。
【間もなく現金がもらえる】
ショッピング枠を現金化するとなると手続きが有って至急現金が手元に欠けるんじゃないかという不安が有ります。
但し、現金化のメリットとしてはキャッシングと同じ様に至急現金が手元に入るという事なのです。
キャッシング枠によってしまって、すでにショッピング枠を現金化するしか無いというところにいる方にとっては嬉しい話です。
大抵の会社では申込みが有った時点で即日対応してくれますので、急いでいる方は利用してみると良いでしょう。
【スキな額を現金化出来る】
クレジットカードの現金化については、限度額たくさんを現金化しなければならない様なイメージが有りますが、本当はそうでは有りません。
限度額内であればスキな額だけを現金化にする事が出来るのです。
現金をショッピングするという感覚で考えてください。
自分が利用したい額だけを現金化出来る。
これもメリットと言えます。

クレジットカード現金化のデメリット

当然、クレジットカードを現金化するにあたってはメリットも有りますがデメリットも有ります。
ここではデメリット部分について説明してみたいと思います。
【利率はかかります】
ショッピング枠部分を現金化する場合、返済にはもちろん利息が取られます。
現金をショッピングしたという感覚と同じ様な意味合いになりますので、ショッピングときの利率がなる事になります。
もちろん一括払いだと利息はかかりませんが、分割払いやリボ払いにした際にはショッピングの利率が適用されます。
ですから、分割すればするほど利息がかかって出向く事になるのです。
【グレーゾーン】
クレジットカードを現金化する事自体は法律に違反はしていないので恥ずかしい事は有りませんが、クレジットカード会社からの規則によれば禁止されている事柄になる為、ショッピング枠を現金化する事自体グレーゾーンとしての扱いになってしまう。
現金化したとしても満額現金化される場合も有りますし、まだまだ減額されて現金化される場合も有ります。
結果的に損をする可能性も見て取れるという事なのです。
【詐欺に合う可能性もおっきい】
クレジットカードを現金化するという会社の中には、信用出来ない会社も有ります。
クレジットカードを預かったまま返してくれなかったり、現金が振り込まれなかったりというトラブルもまさに有ります。
クレジットカードのショッピング部分を現金化するにはそれなりの理由があるのでしょう。
怒るかもしれませんが、慎重に会社を吟味する必要が有るのです。

クレジットカードを現金化する場合の注意点


ここではクレジットカードのショッピング部分の金額を現金化するときの注意点を挙げてみたいと思います。
先ずはクレジットカードで有ればどこのカードも現金化してくれるのかと言うとそうでは有りません。
現金化できるクレジットカードの種類と言うのは決まっているのです。
だからご自分が所有しているクレジットカードが現金化に対応しているのかどうかという事を確認しておく必要が有ります。
有力クレジットカードは使えると思いますが、いざという時に使えないと大変ですので確認しておく事が大切です。
次は現金化した際にその現金がいつ振り込まれるのか確認しておく必要が有ります。
現金の振り込み時期は各業者によって異なります。
業者によっては即日対応できる業者も有りますし、2~3日かかるという業者も有ります。
近場に住んでいる人はいきなり対応可能という事も出来ますし、遠方に住んでいるのであれば通販を利用する事が多いですので、多少時間が増える場合も有ります。
ですからいつ振り込まれるかと言うのは事前に確認しておく必要が有ります。
最後は現金化してもらえる業者の遠方に住んでいる方です。
遠方の場合は東京の業者を利用するとなるとやっぱりその場に行けないので通販を利用する事が有ります。
商品が届いた時にクレジットカードを通じて支払いをし、その確認後に現金が指定口座に振り込まれます。
こんな日数がかかるという事も理解しておかなければならないのです。