プラグインハイブリッド自動車


ハイブリッド自動車はエコカー減税の対象車になって、再び注目を集めています。
ハイブリッド自動車は外部から充電をしない自動車で、発電は車内の発電機で行います。
それに対しハイブリッド自動車のバッテリーに充電出来る電気量を付け足し、家庭の電源などから充電出来るようにしたのがプラグインハイブリッド自動車です。
車内の発電機からの充電だけでなく、家庭からも充電出来るため使用出来る電気量が目立ち、その分電気だけで走行出来る距離が長くなります。
それほどすると近場を滑るだけなら電気だけで走行が可能として、電気自動車のように取り扱うことが可能になるのです。
家庭から充電出来るということは、太陽光発電と組み合わせてタダで自動車を走らせることも将来可能だと考えられます。
当然電気を使い切ったら、従来のハイブリッド自動車と同じようにガソリンで走行できます。
電気自動車と違って、電気を使いきっても走行出来るというメリットがあります。
トヨタのプリウス プラグインハイブリッドがこのプラグインハイブリッド自動車です。
バッテリーをますます充電出来るリチウム電池に変更してあり、フル充電で23.4km走行できます。
このため近所の行き来程度ならば、電気だけで走行することが可能なのです。
スズキのスイフトもプラグインハイブリッド自動車です。
このプラグインハイブリッド自動車が普及するためには、一軒家だけでなくマンションけれども充電設備が整い、充電出来ることが必要となります。
どこでも充電出来るようになり、勧め易い価格になれば、一般に大きく普及が期待できます。
エコカー減税をきっかけに、ぜひプラグインハイブリッド自動車のように環境に容易い自動車に関心を携帯して下さい。

ディーゼル自動車とは


ディーゼル自動車の中にもエコカー減税の対象車があります。
ディーゼル自動車とは軽油や重油を燃料とする自動車で、ガソリンに比べ燃費がよく、二酸化炭素排出量が少ないというメリットがあります。
但し、窒素酸化もの(NOx)や粒子状もの質(PM)、浮遊粒状もの質(SPM)の排出量が多く、環境や人体への影響が著しく問題となりました。
窒素酸化もの(NOx)は酸性雨の原因となります。
粒子状もの質(PM)には、発がん性があり、浮遊粒状もの質(SPM)は気管支喘息の原因にもなります。
このため、国や東京及び千葉県など各自治体でディーゼル自動車の風通しの規制が行われています。
現在、日本のディーゼル自動車の排ガスに関する規制は世界それでも痛いものとなっています。
このような規制を受け、各自動車会社はディーゼル自動車の特性をいかし、窒素酸化もの(NOx)や粒子状もの質(PM)を除去・削減するために処理装置を取り付けています。
これがクリーンディーゼル自動車です。
エコカー減税それでは、このクリーンディーゼル自動車も対象となっています。
日産のエクストレイル20GTクリーンディーゼル、メルセデス・ベンツのML350 BlueTEC 4MATICなどがクリーンディーゼル自動車です。
エコカー減税を利用する際には、どのエネルギーを利用する自動車を選ぶのかなどを考えて、しっかり調べた上で期限内に購入するようにしてください。
環境に手厚く燃費の良い自動車を選び、爽やかドライブを楽しみましょう。

エコカー減税利用のポイント


エコカー減税を利用すると、環境に手厚い自動車を安く購入することができます。
但し、エコカー減税について間違う知識を持っていると困ることもでてしまう。
エコカー減税を利用するにあたって、どのようなことに注意しなければならないのでしょうか。
・エコカー減税の期限を確認しましょう。
エコカー減税の対象車であっても、購入時期を逃すと減税の恩恵を受けられません。
また、期間内の購入であっても重量税などの登録手続きが終了していなければいよいよ恩恵は受けられません。
つまりエコカー減税の期限までに納車がおわりしていないと、エコカー減税を受けられないので納車時期まで考慮して自動車を購入する必要があるのです。
とりわけ、人気のある車種ではことごとく納車がいつになるのかを確認しておきましょう。
・購入時に充当されない税金もあります。
自動車税のグリーン化によって安くなる自動車税は、毎年4月1日現在の持ち主にかかる税金それで、購入時にその金額が安くなるというものではありません。
予算に充当して当てがはずれた、ということがないようにしておきましょう。
また、対象車であっても中古車では税金の軽減がない場合もあります。
新車と中古車では税金の軽減が違うので、見積もりを取って確認することが必要です。
・とにかく対象車かどうかを確認する
車種が対象車でなくてもオプションをつけたときの重量によって対象となるなど、条件によっては対象車となる場合もあります。
対象車でないと思っても必ず確認しておきましょう。
上記のような注意点に気をつけて、上手にエコカー減税において下さい。