太陽光発電の寿命はどのくらい?

9971939

太陽光発電を導入する際に、気になるのが耐用年数です。
以前と見比べたら下がっているとはいえ、太陽光発電のインサートは断じて少ない注文ではないだけに、寿命はどのくらいなのかというのは気になりますね。
太陽光発電を導入した建屋でかねてから存在するのは、京セラ佐倉ソーラー中ごろです。
太陽光発電の製作のために建てられた建屋で1984年代から稼動してあり、現在もトラブル無く発電しています。
そこからすると、太陽光発電のパネルは据置から30年代限りもつと考えられます。
他の家電と違って太陽光発電の寿命がこんなに長い理由は、ソーラーパネルに稼動するところがないからです。
現に高温を変換しているのはお日様電池なので、パネルに負傷などが起こることはあまりありません。
但し、売電メーターは10年ごとに検定を受けなければならないと規則で決められています。
ほぼ、こういう検定を受ける際に新しいメーターといった交換するので、そこで費用が発生します。
売電メーターの交替費用は、2万円から12万円並みって電力店舗により違いがあります。
また、パワコンも10年代から15年代が寿命としてあり、内だけの交替なら3万円ほど、本体自体を買い換える場合は15万円ほどの費用がかかります。
太陽光発電はメンテナンスが全然必要なく、ずーっと使い続けることができるとしていた人も多いのではないでしょうか。
実際、ソーラーパネルは半永久的に払えるかもしれませんが、パワコンや売電メーターなど、パネル以外の部分は直しや交替の要求がでてきます。
その地域も敢然と頭に入れておいた方がいいでしょう。
もっともおでこが幅広いのは初期費用それで、そこをどんなに抑えられるかが、太陽光発電で収入を得る大きなポイントになります。