コンビニでマイルを貯める


私達の生活の中で浸透している物の中の1つにコンビニが有ります。
ちょっとしたものが欲しい時、喉が渇いたなぁとか、お腹が空いたなぁとか、銀行行きたいなとかふとした用事を終わらす事が出来るのがコンビニの魅力だと思います。
トータル的に考えたら1年で果して何万円というお金としているのでしょうか。
その殆どが現金で支払っているのでしょうか。
小さなお金それでも積もり積もれば強い金額になります。
そのお金をANAマイレージクラブのマイルに換えられるからには嬉しいですよね。
そこで利用出来るのがEdyです。
Edyとは電子マネーとして知られています。
Edyのマークが付いているカードや携帯電話けれどもお財布携帯であればそれにお金をチャージして取り扱う事が出来ます。
ピッとカードや携帯を機械に当てるだけで支払いが出来ますので、はなはだ便利だしお得です。
このEdyとしてANAマイレージのマイルを貯める事が出来るのです。
先ずはEdyにチャージする事でマイルを貯める事が出来ます。
携帯電話のお財布携帯であれば、登録時にクレジットカードを利用する事で簡単にお金をチャージする事が出来ます。
この利用したクレジットカード代金分マイルを貯める事が出来ます。
次はチャージしたEdyを使う事でマイルを貯める方法です。
Edy決済するだけで利用金額によってマイルを貯める事が出来ますので簡単にマイルを貯める事が出来ます。
気軽にしょっちゅう使っているコンビニでもマイルが貯められるのであれば、直ぐにでも実行したいですよね。

ANAマイレージを効率よく貯める為には2

ANAマイレージが貯まりやすいクレジットカードを選ぶ事が、ANAマイレージを効率よくためる為の秘訣だと思います。
飛行機に断じて乗らないけれどもマイルを貯めたいという人は、陸マイラーと言って陸を中心にしてクレジットカードによってマイルを貯めて行く事になります。
このクレジットカードの利用がどれだけあるかでマイルがどれだけ貯められるかポイントとなるのです。
クレジットカードによってマイルを貯めていくとなると、ANAが提携しているクレジットカードを使うか、カード会社独自のカードを使うかのどちらかになると思います。
やはりどちらの方法を取ってもメリットとデメリットが存在しますので、充分に考慮する必要が有るのですが、ANAが提携しているクレジットカードを使う場合、入会するたまにボーナスマイルが貰えたり、ANAの空港内でショッピングした場合それでもマイルが付与されたりします。
またマイルへの換算率も結構良いのが特徴です。
ただし年会費がかかったり有効期限が有ったりというデメリットが有ります。
カード会社独自のカードを使う場合は、年会費がかからない事、有効期限が長かったりするメリットが有りますが、マイルへの換算率が悪いというデメリットも有ります。
どちらが良いかは使う人次第ですので充分に考えて選ぶ様にくださいね。
それでもマイルを貯めるのであればクレジットカードは欠かせませんのでご注意を。
また、キャンペーンを通じている場合も充分に有りますのでかしこく貯める様にくださいね。

ANAマイレージが貯められるクレジットカード2


ANAマイルを貯められるカードはたくさん有ります。
その中のいくつかをご紹介したいと思いますのでマイレージを利用したいという人はぜひ参考にしてください。
【ANAダイナース】
ANAマイレージを貯めるのであれば、クレジットカードによる方が良いというのですが、とにかくクレジットカードは1枚に集約させた方が効率よく貯められるというのです。
その為にオススメなクレジットカードがこのANAダイナースカードです。
ある程度ステータス性が厳しいカードになっています。
入会する際には2000マイルのボーナスマイルが貰えますし、カードのポイント自体に有効期限が有りませんのでマイルを移行する期限が無いという事になります。
ANAマイレージには有効期限が有りますので、これはお得な話かもしれませんね。
移行手数料も無料となっていますのでぜひほしい1枚ではないかと思います。
【楽天カード】
近年お得なカードとして注目を集めているのが楽天カードです。
メインの1枚にするにはちょこっと機能的に弱い部分が有りますが、ANAマイルを貯める上では色々な特典を持ち歩いています。
入会すると2000ポイント下さるのですが、これは1000マイルに交換する事が出来ます。
入会するだけで1000マイルもらえるのは随分喜ばしい話ですよね。
キャンペーンなんかもたくさん行われていて、マイルが貯められ易い様になっていますので、楽天でショッピングをするという人にはどうしてもお得なクレジットカードだと思います。