住宅ローンの返済方法


ローン返済を行う場合には、如何なる返し方を通じて出向くかということも重要となってきます。
というのも、返済の方法次第で支払い総額もなるからです。
そこにはもちろん、金利推移も関わっています。
金利が変化しない固定型であれば、基本的には返済額に変動はありません。
ですが、金利推移が動く状況であれば、返済期間によって返済額が変わってきます。
住宅ローンの場合、元の額が幅広いこともあって、その変動額もかなりのものです。
その点を踏まえた上で、返済方法を考えるようにしましょう。
住宅ローンの返済方法としては、主に二つがあります。
ひとつは「元利均等返済」 。
もうひとつは「元金均等返済」です。
元利均等返済は、返済する毎回の額を一定の金額に設定する返済方法です。
多くのローンの場合、この方法が選択されているのではないでしょうか。
月々の支払い額が同じなので、基本的に返済計画が立てやすく、負担が少ない返済方法です。
一方、元金均等返済は、利息を含まない返済元金を一定にするという返済方法です。
従って、毎月の返済額は金利の変動に左右されます。
そのため、月々の支払いが一定の額になるとは限りません。
一見、元利均等返済の方が良いように見えますが、本当は双方にメリット、デメリットがあります。
元利均等返済と比較し、元金均等返済は支払い額が不安定で計画が立てがたい一方で、金利の総額が少なくて済みます。
従って、返済総額は少なくなる可能性があります。
安定した返済か、後々楽になる返済か、どちらかを状況によって決めると良いでしょう。

住宅ローンの返済計画


マイホームを建てた人の最初の作業。
それは、返済計画を立てることではないでしょうか。
返済計画とは、すなわち資金計画。
マイホーム資金をどのように捻出するか、というところから始まります。
基本的に、マイホーム購入代金を一括で払う人は全くいないと思われます。
住宅ローンを組み、毎月返済していくという方式を採るのが一般的です。
従って、住宅ローンをどのように返済していくかということが、資金計画ということになります。
ここで一層重要となるのが、返済期間と月々の支払額です。
その中けれども、支払額の分配は非常に大切な点です。
毎月何とか払うのかという点をしっかりと決めなければ、日常の生活レベルが落ち着きません。
そんな意味では、元利均等返済という返済額が固定されている返済方法の方が、計画は立てやすくなります。
最も、金利推移に変動のない固定金利型を選んだほうが良いでしょう。
ただ、変動金利型であっても、金利推移と元金の合計を同じにすれば、返済額を一定にすることは可能それで、その点は心配する必要はありません。
この場合は、返済期間に変動が生まれます。
返済計画を立てる一番の理由は、生活水準の確保です。
住宅ローンを返済しながら、可能な限り不自由のない暮らしをしたいというのは、誰もが狙うことです。
そのためには、現在の自分の収入の何%を返済に充てれば良いかという点を考える必要があります。
従って、返済計画と収入には密接な関係があります。
そうしてその点こそが、返済計画の基礎となるのです。

住宅ローンと自己資金


資金計画を立てるにあたり、マイホームの購入代金の全てを住宅ローンに割振る必要があるかというと、本当はその必要はありません。
もしも、ある程度まとまった資金がある場合は、それを当初に払い、残りを住宅ローンにするという方式が可能です。
そもそも、マイホーム購入にかかるすべての資金を住宅ローンにすることはできなかったりします。
せめて、頭金と諸費用は自己資金で賄う必要があります。
ただ、それ以外の資金に関しても、自己資金である程度負担した方が返済額が少なくて済む分有利です。
自己資金による支払額が多ければ多いほど、金利がなる元金が鎮まり、その分コストも鎮まるためです。
そのため、全額は無理でも、何割かは自己資金で支払って仕舞う方が購入にかかるコストは少なくて済むのです。
では、マイホーム購入資金のうち、自己資金で扱うパーセンテージはどれくらいが妥当なのでしょう。
一般的には、トータル額の30%が目安といわれています。
残りの額は、住宅ローンで融資にあたって返済していく形を摂るのが一般的です。
従って、マイホームを購入する場合、それではその購入代金の30%を貯める必要があるというわけです。
この数字は、金利推移の変動による負担の増加や、一般のサラリーマンがある程度の年齢にさしかかる時期に貯められる金額などを考慮した場合に、これくらいの数字が妥当だということで算出されたパーセンテージです。
そのため、場合によっては20%でも40%でも構いませんが、少なからず自己資金は必要ということは覚えておく必要があるでしょう。
金利推移がどのように変動していくかにもよりますが、できればある程度自己資金の割合が多い方が、後々苦労せずには済みます。
至急マイホームを手に入れたい場合は、住宅ローンの割合を数多くして、購入時期を早めても良いでしょう。