トヨタ自動車のエコカー


近年、エコカーの普及率が高まってきています。
予めエコカー減税が大層効果を高めていたのではと予想されますよね。
トヨタ自動車ももちろんエコカーが発売されてあり、中けれども注目達するのがハイブリッドカーの存在ではないかと思います。
ハイブリッドカーにはプリウスを始めとして、エスティマやクラウン、ハリアーという車種が名を連ねています。
エコカー減税と言うのは簡単に言うと自動車税の免税という意味で捉えていただけると良いかと思うのですが、減税率には100、75、半分の3種類ありまして、トヨタのハイブリッドカーは最高の減税率絶対が適用されています。
国内では依然としてガソリンエンジン車が主流となっていますよね。
ディーゼル車も未だに見て取れるには有りますが、燃料や環境問題の点からみても今後は普及し難いと言えるでしょう。
ですからトヨタ自動車では国内はもとより、海外でも北米あたりを中心にしてハイブリッドカーを推奨してきているそうです。
確かに、街中を走り回るだけならば止まったり走ったりするのを小まめに繰り返しますよね。
それにハイブリッドカーは適しているというのです。
さて、トヨタ自動車がエコカーと推しているのはハイブリッドカーだけではありません。
ガソリンエンジン車にも有ります。
ガソリンエンジン車は燃費を振り上げる為の開発に余念が無いそうで、コンパクトカーにはじまり、大型ミニバンまで減税率75%の車種がたくさん有ります。
エコカー減税の対象になる為には、Co2、Noxを削減する事が条件になっていますので、そんな車をたくさん作り上げるトヨタ自動車はやっぱりと言えそうです。

レクサスブランドの誕生


1989年にアメリカで誕生したのが、トヨタの高級車ブランド「レクサス」です。
アメリカ北米地区では、キャデラックとかリンカーンといった高級車ブランドが軒を連ねていて、そういった高級車を買いたいと狙う人の夢の様な場所になっていました。
そんな北米地区にレクサスは誕生したのです。
アメリカ高級車達は歴史は古めかしいけど、ほんのり古くさい感じがするという声も多くなってきた事から、チャンスといえばチャンスだったのでしょう。
トヨタ自動車はレクサスブランドを作り上げるにあたって、トヨタの伝統に捕われないで車を作り上げる事を決めたのです。
これによって日本の売りでもある機能面を全面に流す事が出来るので、アメリカの保守的高級車ブランドとは一線を画した高級車を作り上げる事が出来るのです。
レクサスを作る前まで、海外では日本車のイメージが壊れないけどコンパクトな大衆車という位の評価しか有りませんでした。
そこをBMWやベンツの様な高級車イメージを植える為に、環境を最初から整え、レクサス誕生にかけていったのです。
そうして、レクサスの第一号車「LS」が誕生し、日本ではセルシオと名前を変えて売り出したのです。
そうしてこの車は国内外において大きな衝撃をもたらした様なのです。
北米地区に自動車製造会社を出すという事は、成功しないと大打撃をくう位力がある市場です。
そういった困難市場でトヨタ自動車のレクサスは大成功を収めたのです。
今ではレクサスブランドも日本に上陸していますので目にする機会も多いと思います。

レクサスというブランド


レクサスという車のブランドが有ります。
元はトヨタ自動車で、トヨタ自動車の高級車を立ち向かう専用ブランドとして北米で立ち上げられた様でその誕生は1989年でした。
レクサスからついに出された車は「LS」というモデルだったそうですが、この車を日本ではセルシオという名前でトヨタブランドとして発売されたそうで、その造りの良さから成功に導いたそうです。
そんなに考えるとセルシオをレクサスから発売してもおんなじ高級車なら良かったのではないかと思うのですが、レクサスの販売主体が北米だった事、車種に附ける名前は全て日本語を使わない事から、おんなじ車だとしてもトヨタブランドとレクサスブランドの線を引きたかったのかもしれませんね。
次いで高級車としてのイメージを付けたかったのかもしれません。
北米で展開されていたレクサスですが、今では本格的に日本上陸を果たしてあり、高級外車のベンツやBMW等と同じ様な位置で販売展開を通しています。
高級車から高級車に切りかえるオーナーや高級車にのぼりたいけど出来れば日本のものが良いというオーナー、トヨタブランドのセルシオクラスの高級車から差しかえるオーナー等、レクサスブランドの注目は次第に高まって来ています。
レクサスの日本上陸の流れを受けてかトヨタ自動車の看板とも言えたセルシオやハリアー、ソアラ等の高級車ラインがトヨタから消えてレクサスブランドで展開される様な流れになったそうで、おんなじトヨタ自動車の仲間とは言えちょこっと寂しくもありますよね。