省エネ商品の購入助成


日本では2020年までに、温室効果ガスを1990年比で25%削減目標を掲げています。
この対策の一種として、省エネ商品の購入への助成制度があります。
省エネ商品の購入助成には、住宅用太陽光発電設備の購入助成、エコカー減税、家電のエコポイント制度などがあります。
住宅用太陽光発電設備の補助金が、2009年1月から4年ぶりに再開しました。
加えて、2009年11月から太陽光発電の余った電気を買い求める、余剰電力買取制度が始まっています。
家電エコポイント制度は、省エネ性能に優れた家電への買い換えを講ずるものです。
対象商品の購入によるポイントの他、リサイクル料相当のリサイクルポイントもつきます。
対象となる家電の購入期限は2010年12月31日ところが、2011年3月31日までの3ヶ月延長が予定されています。
住宅エコポイント制度は、トップランナー基準相当の住宅や省エネ基準を満たす木造住宅の新築、及び省エネリフォームが対象となります。
また、省エネリフォームだけでなくあわせてバリアフリーリフォームも行って、安全でさわやか住宅を組み立てることもできます。
購入の助成には減税やポイント、助成金がもらえるものなど様々です。
助成制度や減税を上手に活用することが家計の節約になるだけでなく、二酸化炭素を削減し温室効果ガス削減につながります。
支援制度は国だけでなく、自治体独自に行っている制度もあるので情報をしっかり集めて活用することが大切です。
エコカー減税など制度によって、この機会にさわやか生活を考えてみましょう。

エコカー市場の拡大


世界的環境の悪化や地球温暖化により、自動車の省エネは急務となっています。
エコカー減税も引き金として、環境にきめ細かいエコカーが注目され、プリウスやインサイトが大きく購入されるなどエコカー市場が拡大しています。
プリウスやインサイトだけでなく、ガソリン・電気で走行できるハイブリッド自動車は各社が開発しています。
そのため、低価格のハイブリッド自動車や、走りを重視するタイプ、高級感も重視するタイプなど様々なハイブリッド自動車が登場しています。
ガソリンだけに頼らないハイブリッド自動車や電気自動車が注目達する中、バッテリーの性能も重要となっています。
走行距離やコストの問題を解決するために、バッテリー技術が進化が求められてあり、リチウム電池の進化が特に重要しされています。
また、電気自動車普及のための充電スタンドの普及が必要ですが、ちょっとコストがかかります。
ただし、充電スタンドを備えたマンションの販売など、充電スタンドが普及して車両価格が下がっていくと電気自動車も普及して行くことが考えられます。
ハイブリッド自動車や電気自動車だけでなく、エンジン性能を向上させ車体を軽量化して、環境に配慮したガソリン車も販売されています。
エコカーが大きく注目されて、エコカー減税が実施されている間に自動車を購入しようと考えている人が多くいます。
エコカー市場が拡大している今、各社がエコカー開発にしのぎを削り取り、消費者にはラインナップが広がっています。
どのエコカーを選ぶかを思いっ切り考えて、納得のいくマイカーを購入して下さい。

エコ仕事


エコカー減税によってハイブリッド自動車をはじめ、環境性能の良い自動車に注目が集まっています。
それにより、自動車本体だけでなく使用するリチウム電池などの開発にも注目が集まっています。
このように環境に手厚い商品やサービスを扱うエコ業務に業務チャンスがあり、各社商品の開発に力を入れています。
2009年5月に始まった家電エコポイントにより、テレビ・エアコン・冷蔵庫の省エネラベル☆4つ以上の商品に対してエコポイントの形での補助が行われています。
期間は2010年12月31日までですが、☆5つ以上の商品は2011年3月31日まで継続する予定です。
リサイクルが受ける場合、もっとポイントが加算されるので省エネ家電に買い換える家庭も増えています。
ここにも業務チャンスがあり、人の動きを検知して適切な運転をするエアコンなど性能と省エネを両立させる商品が多く販売されています。
また、長持ちして消費電力が少ないLED電球も価格が下がってきてあり普及し始めています。
太陽光発電も省エネになるだけでなく、余った電気を譲ることもできるようになり、これからの需要が期待されます。
ユニクロのヒートテックに代表される機能性インナーは、イオンやイトーヨーカ堂などスーパー各社も安価なプライベートブランドを大きく販売するようになり、豊富な色やサイズの商品が入手できるようになりました。
この他にもエコファンドなど、投資の世界にもエコ業務は広がっています。
エコカー減税などの補助をチャンスに、エコ業務は激しく広がっていこうとしています。