クレジットカードの現金化について


今は多くの人がクレジットカードを持っていると思います。
そのクレジットではショッピングとキャッシングが通常助かる様になっていると思います。
使い方は簡単でクレジットカードを通じて洋服等を購入した場合はショッピングとして処理されます。
クレジットカードが洋服代を仮払いできるのですが、その支払いは翌月以降に持ち越される事になります。
また、現金が必要な場合クレジットカードを通じてATM等でお金を引き出す事をキャッシングと呼んでいます。
支払いはショッピングと同じです。
クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピングの部分に関して限度額分までで有れば現金化して連れ出す事が出来るというシステムの事なのです。
クレジットカードのショッピング枠を現金化するには、各会社によって還元率というのが設けられています。
それによって現金に変えられる金額が変わってきます。
出来れば還元率が良い方が良いというのですが、高ければ良いというものではなくて注意しなければならない場合もあるそうです。
却ってクレジットカードのショッピング部分を現金化する際には何か審査が必要なんじゃないかと思うと思いますが、クレジットカードを持っている時点でもはや審査が通っているとみなされます。
その為に現金化するたまに審査はもっと行われないのです。
現金化はクレジットカード会社ではなく他社が行っているのですが、クレジットカードが審査を通したという信頼の元で現金化をしてくれているのです。

クレジットカードを現金化する場合は注意が必要です

インターネットやチラシ等、よく目にするのが「クレジットカードのショッピング部分を現金に換えます」という文字です。
これはこの言葉の通りの意味になります。
クレジットカードにはショッピングとして助かる額が決まっています。
その枠内であれば現金化する事が出来るという事を指しています。
通常クレジットカードにはキャッシングというお金が借りられる枠が有ります。
但しキャッシングも限度額いっぱいに借りてしまうと無論キャッシングは出来なくなってしまいますよね。
それでもショッピング枠が残っていれば金券等を買って現金に換金するという事も可能なのです。
ここで疑問です。
ショッピング枠を現金化するに当たってはどういうシステムが取られているのでしょうかという事です。
大抵の現金化に関しては、ショッピング枠内でその会社の商品をショッピングもらい、その後にキャッシュバックという形で現金化にするという事、キャッシュバックではなくショッピングした商品を買い戻す事で現金化にするという事となるらしいのです。
どちらにしてもクレジットカードによっていますから正にはお金を借りているという事になります。
これは得なのか損なのかという事を少し注意しなければなりません。
キャッシュバック率90%と謳っている業者の場合、10万円のショッピング枠だとしたら9万円がキャッシュバックされるという事になり、利息は10000円という様に感じるかもしれません。
但しよく考えてください。
10万円は正に使っているのです。
その後10万円を返すのに利息も払わなくてはならないので適切金額を返さなくてはならなくなりますので、現金化するときどき注意する必要が在るのです。

現金化した場合の利息計算


現金化に関する謳い文句として「キャッシングより金利がちっちゃい」「消費者金融よりお得」というのが有りますが、これは信じで良い事なのでしょうか。
実際にクレジットカードのショッピング部分を現金化した場合に起こり得る利息を計算してみたいと思います。
ショッピング限度額が100万円、還元率が90%、返済日が2ヶ月後という場合の利息計算を通してみましょう。
たとえば6月1日に100万円のショッピング枠を現金化して90万円の現金を得るという様にします。
これだけ見ると、利息はわずか10%と思えてしまいます。
通常消費者金融の金利は20%位になりますからかなりお得の様に感じます。
クレジットカードの支払日が翌月末、つまり7月31日だとします。
この間2ヶ月経っています。
2ヶ月後に100万円のお金を返さなくてはならない、つまり「100万円/90万円=金利11.1%」の利息がついている事になります。
わずか2ヶ月で11.1%という事は12ヶ月、つまり年利は66.6%になるという事になります。
こう考えるとかなり高金利である事が分かります。
二度と返済が一括払いではなく分割払いにした際には、分割払いときの利息、つまりクレジットカードの利息がつく事になります。
これはかなりリスクが高いキャッシングと言えるでしょう。
ではキャッシングなのだから過払い金となって請求出来るのではないかとも思えますが、クレジットカードの現金化は徹頭徹尾キャッシングという事ではなくてキャッシュバックという事になりますので、これが該当しない事になりますので駄目なのです。