太陽光発電と売電<設置の動機2> 

19315618

太陽光発電のトータルシステムとしての検討は、前記のようにセールスエンジニアの説明によって顧客が十分に理解されて満足陥るおとによって初めて契約となります。
顧客がよく誤解するのは、いわゆる”初期投資”が150万円とか200万円とかが必要と思い込んでいるケースがあって、設置は見送りなどというケースはよくある例なのです。
セールスエンジニアとしては、その誤解を完全に解決されて納得できる説明をしなければならないのです。
つまり毎月のアップして収入によって支払って出向くというもので、普通にある分割払いとは異なる性質ものなのです。
なお、昨今の新築の分譲住宅などにおいては、最初から太陽光発電システムを装備しておいて販売されている例が増えてきているのは、有難いことといえるでしょう。
なお上記の説明にあたっては、その住居における決定権のある人への直接の詳細説明が必要ですから、玄関先での立ち話程度では発電そうして売電についてでの説明はさほど十分にはできないものです。
断然日程を予約して顧客の家に入っての十分な時間をかけての説得となって、ようやく正式の契約になるのです。
その場にいたって、契約書とか関連書類へのサインをした文書が相互に交換されておわりとなります。
あとは工事のスケジュールについての打ち合わせとかになりますが、当日には作業者が屋内に来ることがありますので、セールスエンジニアはそれらをよく理解してもらっておかねばなりません。