太陽光発電と売電<特長>

12424529

太陽光発電と売電に関して、先項までのことどんどんこのあとのことに関して基本的な特長などの一部をここで述べておきます(順不同)。
1.いわゆる設備の初期投資は不要なのです。
   償却のあとは純利益となって課税の対象にはなりません。
2.万一の停電時などの災害時においても、太陽光によって発電するので使用することができます。
時間帯によって現れる余った電力は、電力会社に売電ができますし、蓄電池への補充も同時に可能です。
3.太陽光発電はシステムとしての”生産財”であって、お金を取りだす「屋根銀行」とみなされます。
これが最も魅力あることといえるでしょう。
4.国としての推進事項であって、環境への貢献度が非常におっきいものです。
5.企業や店舗又はオフィスに設置すると、”ランドマーク”となって効果的なイメージアップにつながります。
6.ソーラーパネル自体が直射日光を遮断することによって、断熱効果があります。
つまり室内においては、夏は涼しくなり、冬は温かくなります。
7.ソーラーパネルの設置用機材フレームが、カワラ屋根自体を構造的に補強するようになります。
8.一般家庭の住宅においては、節電効果が大きくなると共々、子どもたちの省エネルギーに対する意識が高くなります。
9.長年にわたっての使用が可能であることから、次世代への”贈りもの”となります。
10.いわゆるメンテナンスフリーであって、クレームが発生することがほとんどありません。
11.風力発電装置とのコンビネーションによって、街灯などに使用できます。
12.一般住宅の庭先には、地面に突き立てて夜光飾りとして実用化されています。