太陽光発電と売電<条件>

13003248

太陽光発電が設置繋がる条件には、色んな環境そうして関心の程度によることがあるでしょう。
そこで普通の住宅における検討に係わることの項目についてご説明してみます(順不同)。
みなさんのご自宅に当てはめて、今後の太陽光発電の設置の検討対象にすることもできます。
1.毎月の電気代:
  検針票に記載されている料金で1年間のものが望ましいのですが、仮に薄いようでしたら平均的あるいは四季のいすれか2個月のもの。
2.毎月のガス代:
  上記と同様ですが、ガスの用途。
3.住居の築年数:
  数十年をも超えていると、屋根の損傷とか補修が必要なケースが生じてくる。
4.屋根のサイズ:
  ソーラーパネルを敷き詰める面積=発電容量に最もものすごく影響するものです。
  家屋の図面などがあればベターです。
5.屋根の形状:
  切り妻又は寄棟あるいは陸屋根(コンクリートなどによる水平屋上タイプ)のことで、その方向(東西南北)も必要です。
6.家族数:
  平均的な4~5人所帯でしたら、1ヶ月の電気代はほぼ1.5万円ほどでしょう。
最も重要な項目としては、1番の毎月の電気代そうして4~5番の屋根についてのことで、ソーラーパネルの設置可能な枚数つまりは発電量および売電量に凄まじく影響してくるものです。
検討に際しては、通常はパネル製造会社にかかわったプロによってシミュレーションされつつ最終的に決定繋がるものです。
ここで極めて単純な計算として、太陽光発電システムの設置従って毎月1.5万円ほどの収入アップになったとして、トータルの設備費用が200万円であったのなら、設備費の回収はほとんど10年ちょいと言うことです。