太陽光発電と売電

12031131

太陽光によって発電達するシステム全体について、一般の住宅を例にしてご説明しておきましょう。
先にも一部述べましたように、屋根には長方形など色んな形状をしたソーラーパネルが敷き詰められますが、その枚数に関する電力が発電達することになりますが、1枚ごとの発電となりますのでパネルは電気的にはプラス・マイナスの直列接続となって直流の電力となります。
よってその電力は家庭用として使用されている交流(関東では50サイクル・関西では60サイクル)に変換する必要があります。
そこで最初に接続達する装置が「パワーコンディショナー=交流変換機」になります。
そのあとは普通の電力会社からの電気と一緒に使用出来ることになるのです。
太陽光発電のシステムがすべて終了してから、電力会社の担当スタッフが立ち会いのうえ”同期投入”と称されることを行なって、何とか発電された電力としてのスタートが終了します。
従来の電力計に並んで太陽光発電用の電力計が並んで設置達することになります。
なお太陽光発電システムにおいても、どうにも”ロス”が起きるものところが、それがこの交流変換機内での直流を交流に差し換えるときのもの、そうしてもうひとつはパネルの気温による発生熱による”ロス”がありますが、いずれも非常に微少なものに過ぎません。
太陽光発電システムの使用中の発電量そうして売電量などは、壁付きのモニターによってつねにだれでもが観察することが出来ることが、本システムの著しい特長といえるでしょう。