太陽光発電と売電

12600267

太陽光発電によって売電がどの程度可能なのかを決めるのは、先述のとおりいくつもの条件が重なり合って来るものです。
なかには売電そのものの魅力を著しく感じて太陽光発電システムを積極的に導入されるケースが、一般住宅及び産業用ともに色々あるようです。
いずれにしても、太陽光による発電容量としては屋根若しくは屋上に設置可能なソーラーパネルの総量=枚数による発電量ということになります。
例えば普通のタタミの大きさに相当する面積に換算して18畳ほどでしたら、概ね4kWほどの発電容量とつながる。
但しこの数値は、ソーラーパネルのメーカーによってかなりの差異があります。
昨今の日本での一般住宅に設置されている例としては、ほぼ3KWから4kWほどが多いようです。
そうして太陽光発電の住宅用としての普及率としては4%ほどであって、つまり100軒の住宅のうちでは4軒ほどが設置しているというのが現状になっています。
なお”オール電化”という言葉がありますが、これはガス会社から供給されている天然ガスを風呂とかキッチンへの温水用のエネルギー源としては使用すること無く、すべてを電気によっていることです。
原理的には一軒の住宅において、電気そうしてガスの二通りに頼ることは、エネルギーの消費の面においてもそんなに損失が幅広いことに繋がるものです。
従って太陽光発電の導入に際しては、すべてを電気エネルギーに依存することがかわいく、それ程売電量のアップにも変わるわけです。
殊にキッチンでのコンロには、IH(電磁誘導)方式が色んな面で有利になるでしょう。