太陽光発電による雨漏りの恐怖

太陽光発電を設置するのが瓦屋根の場合、追加費用が発生するケースがほとんどです。
また、売電収入を得るために太陽光発電を導入したいけれど、屋根に盲点は開けたくないとしているヒトもいるのではないでしょうか。
太陽光発電の開店工法は、主に3タイプあります。
その一種が「アンカー工法」です。
工事費用が低い結果、一般的にぐっすり使われている工法です。
瓦に盲点を開けて架台を設置するはで、瓦をひとたび取りはずし、垂木にビスをつけてから瓦に通します。
以前はこういうアンカー工法がよく使われていましたが、雨漏りのトラブルがあるという声があり、最近は除けるヒトが増えてきている。
2つめが「ズレ込金具工法」です。
こちらは瓦に盲点を開けるのではなく、下部傍を削って小さくし、そこに金具を填め込みます。
しかしスノーが多い領域では、薄くする結果スノーのウェートに耐えられなくなった瓦が割れて仕舞うリスクがあるので、きちんと使われていません。
そうして3つめは「信望瓦工法」です。
屋根の瓦を信望瓦という金具がついた瓦といった交換する工法で、瓦に盲点を開けたり削ったりはしません。
しかし見た目の余裕ように元から生じる屋根の瓦とまだまだおんなじ信望瓦を使わなくてはならないために、費用が高くなりぎみという泣きどころがあります。
盲点を開けないほうが、雨漏りのリスクが少ないと考えるのが当然ですが、しっかりとした技術力のある業者なら、適切な雨漏り答えを施していただける。
例えば、瓦の根本として屋根に張られている野地板に防水席順を敷いておけば、瓦に盲点を開けても雨漏りの動揺は本当にありません。
売電収入を得るために太陽光発電を導入しても、後日雨漏りに悩まされ、再工事が必要になるようでは余計な費用がかさんでしまいる。
そうしたトラブルを控えるには、施工業者は総額の安さで選ばないことが大切です。