使わなくなった農地への太陽光発電セットアップ

絶えず使っていない農地をどうにかして活用したい。
それほど考えている他人はいませんか。
農家を継ぐ人数はだんだん少なくなってあり、それに従い耕作挫折要所も増えています。
2010年齢の追及では、東京ドーム8,510個取り分という地面が使われずに放置されていることが行渡り、大きな問題になっています。
こんな耕作挫折要所による方法のひとつに、太陽光発電系列の滑り出しがあります。
但し、なのでウイークポイントとなるのが農林水産省による法規制です。
政府は農地転用を激しくチェックしてあり、何とか使わなくなった地面も、太陽光発電を導入するには所定の申請手続きをとる必要があります。
ますます、こういう手続きをするには費用が必要で、許諾が下りるかどうかの結果が知るまで何ヶ月か待たなければならないこともよくあります。
当然許諾が下りなければ勝手に農地転用はできませんし、無断で農地転用を行えば間違いに問われてしまいます。
ただし2013年齢の3月に、そうした農地転用の制限を弛くする活動がありました。
一定の指標を満たせば、農地転用の手続き無しに、届出をするだけで許諾を受けることができるようになったのです。
これにより、太陽光発電滑り出しのバリヤが極めて下がりました。
使わなくなった地面に太陽光発電を導入すると、さまざまなメリットがあります。
中でも大きいのが売電でしょう。
太陽光発電を通じて発電された電気は家庭で用い、余った取り分は電力仕事などに売電することができます。
これにより、定期収入を得られるようになります。
使わなくなった農地を持っている皆様は、せっかくの地面を遊ばせて副食太陽光発電で活用してみてはいかがでしょうか。