アムラックス東京について


トヨタ自動車が提供している情報発信基地がアムラックス東京です。
キーワードは「見て」「乗って」「相談して」「楽しんで」となっており、キーワードを元に5つのフロアが構成されています。
アムラックスはAMLUXと書きますが、名前の語源は車という意味のAUTOMOBILE、優雅という意味のLUXEから取っている名前で、来てくれたお客様が優雅な気持ちで車を見て頂く事が出来るようにとの願いが秘められているそうです。
この中にはトヨタ自動車の実際の車がカテゴリー毎に新車も含めて展示されています。
また、展示だけでなく体感型のアトラクションがあったり、トヨタ自動車が手がけているモータースポーツの情報が有ったりとトヨタ自動車に関する色んな情報が遊び心満載でいただける空間になっています。
展示されている車を見ながら、私達の車選びに役立つ内容となっています。
また、アムラックスミレルにおいては車を選ぶ為のポイントや疑問など、何でも相談とれる空間になっていますし、購入に関する相談も受けているそうです。
また、イベントがたくさん用意されていたり、グランツーリスモがあったりと家族皆で味わえる為のスペースも用意されています。
また、お子様が遊べるキッズコーナーも有りますので、大人から子供までトヨタ自動車で楽しめる空間がアムラックスなのです。
車の展示だけじゃない魅力がたくさんあるアムラックスに一度足を運んで体験してみてはいかがでしょうか。

トヨタ自動車の販売戦略


トヨタ自動車の販売戦略は有名だと思います。
どういう販売戦略が展開されているのかと言うと、アメリカGM流の販売方法を取り入れた形で、トヨタ自動車の創業当初から販売網を早めに整備していこうと全国の地場資本に協力を要請してきていたそうです。
そうして車種が大型化になってきた事を受けて、中間車種を開発しようと力を入れる様になってきました。
たとえばカローラはパブリカとコロナの中間車種になりますし、マークIIはコロナとクラウンの中間車種になります。
それを繰り返して赴き、パブリカからクラウンまでのピラミッド型商品体系が確立していったのです。
なぜ、この様な販売戦略、商品体制を確立していうのかと言うと、当時のサラリーマン制度が背景にある様です。
今ではいまひとつ無くなった終身雇用、年功序列っていう制度があり、サラリーマンは毎年の昇給に加えて昇進も約束されていた時代が有りました。
昇給や昇進によって上位モデルに買い換えられる様に促して赴きたかったのです。
どんどん販売戦略としては1999年にコンパクトカーのヴィッツを発売させて、衰退状態だったコンパクトカー市場を復活させるきっかけ作りをしました。
そう言う事からもトヨタの車は大きい年代層に指示される様な車種を取り揃えていきました。
ヴィッツはその先駆けとなった車種と言えるのではないでしょうか。
この様にどの年代の方にも提供出来る様な車種を用意出来るのがトヨタ自動車の販売戦略なのです。

トヨタ自動車の特徴


トヨタ自動車で作られている自動車のラインナップはとても幅広く、エントリーモデルから高級車まで色んな種類の自動車が作られているのが特徴的です。
ただ残念のは現在トヨタ自動車ではスポーツカーを殆ど生産していないそうなのです。
また高級車はトヨタ自動車からレクサスブランドに移行している現状も有ります。
とは言っても色んな人の要望に対応している車がトヨタから発売されているのです。
トヨタ最大の特徴と言ったら安全面や性能面の高さだと思います。
日本車自体が安全面や性能面、品質面においてはやけに厳しい水準を携帯していて、世界それでもトップクラスだと言われています。
その日本車の中それでもトヨタ自動車はますますトップの位置をキープしていると言っても良いのではないでしょうか。
その分「壊れない」という真実味も出てきますしね。
一般車としてだけでなく中東や紛争地区という戦争の危険がある場所けれどもトヨタ車は大切にされているそうなのです。
「安全」「壊れない」これこそがトヨタ自動車の特徴ではないでしょうか。
また、トヨタ自動車の車の品質はとてもおっきいと高評価です。
たとえばアメリカにおいてアメリカ生産の自動車が売れなくなる位、トヨタ自動車が売れてしまったという現象も起こった程だそうです。
これは激しい事ですよね。
今はリコール問題もある等、問題は有りますが、そこは世界のトヨタ自動車です。
特徴を最大限に活かして、信用も回復してくるのではないかと思います。