トヨタ自動車【ハイブリッドカー】


今ではめずらしくなくなったハイブリッドカーですが、その歴史はまだ浅く、トヨタ自動車から出されたハイブリッドカー「プリウス」は1997年に誕生したそうです。
そこからトヨタ自動車とハイブリッドカーの歴史がスタートしたと言えます。
名前はよく訊くけど、まさによく思い付かのがハイブリッドカーですよね。
ハイブリッドカーとはガソリンエンジンの動力と電気モーターの動力という様に、異なっている動力を併せて使っている電気自動車の事を指しています。
電気自動車は専用の充電器じゃないと充電できなく、また充電器がある場所が限られている事、充電に時間が要る事が難点としていましたが、ハイブリッドカーはガソリンエンジンも使っていますので、ガソリンエンジンを取り回すことで電気自動車の充電が出来る様になるので、クルマで電気を起こせるいわばエコカーなのです。
また、車を走らせるのにガソリンエンジンと電気モーターを選ぶ事が出来ますので、深夜に住宅街を走り回るのに電気モーターにする事によって車のエンジン音がしなくなり、静かに駆ける事が出来ます。
トヨタ自動車のハイブリッドカーはプリウスを始めとしていますが、エスティマあたりからミニバンとしてのハイブリッドカーも誕生し始める様になってきました。
また今ではトヨタ自動車の高級車ブランドであるレクサスの車にも続々とハイブリッドカーが導入されてきている流れに有ります。
そこでは燃費だけでなくパワーも身につけたハイブリッドカーが誕生するなど、新規展開になってきています。
ちょっとハイブリッドカーはお値段的にも高い為、あっという間に車を乗換えてしまう様な方には、それほどお得な物とは言えませんが、今後ハイブリッドカーが出回る事で少しコストダウンが可能になるかもしれなく、今後注目していきたいものだと思います。

トヨタ自動車【プリウス】


プリウスはトヨタ自動車が最初に作ったハイブリッドカーとして、1997年に開発・販売されました。
プリウスはハイブリッドカーも量産型として発売された為に、日本国内だけでなく海外においても大きな影響を与えた車だったそうです。
ハイブリッドという言葉には「融合」という意味が有ります。
その言葉通り、ガソリンと電気モーターを融合させた形で賢く使い分ける車を誕生させたのです。
そうしてリッターあたり28kmという低燃費を実現させました。
また、デザインにも燃費を向上させる為の工夫がされています。
プリウスがほんのり変わった近未来風なデザインになっているのはその為です。
プリウスはガソリンエンジンと電気モーターを上手に使い分ける事が出来ます。
早朝深夜の住宅街とかでは音を出さない様に電気モーターで走るとか、使い分けが出来ます。
しかし当初は、その燃費の良さも高速道路になると断じて活かされなかった様で課題が余るスタートとも言えました。
プリウスの内装ですが外観と同じ様に近未来的感じに仕上がっていたり、センターメーターの導入やインフォメーションディスプレイでカーナビやエアコンの制御が出来たり、ガソリンと電気の振り分け度合いが表示されたりとプリウスらしさが出ています。
そうしてマイナーチェンジ後は燃費も別途向上し、アメリカ上陸も果たして行く事になります。
ますますエスティマやアルファードのハイブリッド化等プリウスの技術を通してどんどんと誕生してくる事になります。
トヨタ自動車がハイブリッドカーを世界で最初に発売した事で、技術の高さを世界にアピールした事になりました。

トヨタ自動車【ヴィッツ】


ヴィッツは新世代のコンパクトカーとしてトヨタ自動車が発売した世界戦略車になります。
ヴィッツが発売される背景には環境問題があり、低燃費で低公害の車が人々に求められる様になっていました。
その流れを受けてトヨタ自動車ではヴィッツを開発、発売したのです。
今ではコンパクトカーはある種の市場を築いていますが、当時は軽自動車と小型車の真ん中位の位置付けでしか無く、全然一般受け達する様な分野ではなかったそうです。
それもあってか、ヴィッツか低価格にこだわらない様に開発して言うということです。
ヴィッツのデザインの担当者も海外のデザイナーを起用する等、洗練された女性受けするデザインがアクティベーションされました。
ヴィッツの登場にあたって、トヨタ自動車のイメージやラインナップはガラッと変わる事になってきました。
それだけの衝撃をヴィッツは与えたのです。
この頃、ホンダのフィットや日産のマーチという様なコンパクトカーがずっと発表され、コンパクトカーとしての分野が確率されました。
今では低燃費、小回りの良さという使い勝手が受け、各社で営業車として割り切れる様になっています。
また、ヴィッツ成功にあたってトヨタ自動車では同じ派生車種がたくさん発売される様になりました。
それがBBとかファンカーゴとかist、ラクティス等です。
また、街乗りとしてだけでなく走りを味わえるターボが付いたバージョンも発売されました。
ヴィッツはトヨタ自動車にとって新設展開を差し出す現況として、更なる進化が期待されています。