「中馬のおひなさん」について

愛知県豊田市足助町では、平成22年2月6日(土)~3月7日(日)のひな祭りの時期に、毎年恒例となっている“中馬のおひなさん”が開催されます。

足助町は愛知県北東部に位置し、岐阜県と長野県の県境にも近いことから、三州街道の宿場町として古くから栄えました。

近頃だとしても、中心部ではその頃の面影が残った古い街並みが見られます。

三河湾からは塩が取れ、矢作川を船で上り、足助に集められました。

そして、足助から馬に積み替えられて、信州へと運ばれました。

物資を輸送する為に用いられた馬のことを“中馬”と言い、その中馬で運んだことから“中馬街道”と呼ばれました。

三河地方沿岸部で創られていた“土人形”も、ここへ運ばれて来ました、。

そして、いっぱい土人形が各家に残され、ひな祭りに土雛として長年飾り伝えられてきました。

“中馬のおひなさ”では、それらの歴史のある土雛や衣装雛、雛段飾り等が、民家の玄関や商家のストアー内等に豪華に飾られて展示されています。

期間中には、“がんどう”がおこなわれます、。

“がんどう”と言うのは、古くからこの地方に伝わる風習で、ひな祭りのお雛様が並べられる日に、ちびっこたちが家々をまわるとスウィーツ等をもらえます。

参加対象は小学生以下のちびっこさんで、先着100名となっているので、実践しているおストアーを確かめて参加してちょうだい。

より一層、職人さんが白い素焼きの土雛に絵付けを実演する催事もおこなわれます。

お人形が美しく彩られ、命が吹き込まれていく様子は感動的ですよ。

「佐賀城下ひなまつり」について

佐賀駅からバスで約10分の長崎街道では、平成22年2月20日から3月31日まで“佐賀城下ひなまつり”が開催されます。

城下町として発展した佐賀市のひな祭りの特徴は、伝統と歴史を意識したお祭りです

佐賀藩鍋島家の歴代夫人たちが所有する雛人形をはじめとし、手織りの佐賀綿や鍋島小紋等をまとったお雛さまが豪華にそろいます。

今年は10回目を迎えるため、加賀前田家から125年ぶりに佐賀の地へ里帰りするお雛様や、人間国宝の鈴田滋人氏によって創られた“木版摺更紗(もくはんずりさらさ)”と言う伝統的な染織物も展示されます、。

大正ロマンの雰囲気漂う“旧古賀銀行”の1階では、銘菓の“丸ぼうろ”の製作実演を実践します。

きれいな雛ケーキや雛菓子、肥前・佐賀のスウィーツ等を市販しているので、お土産に願わくは立ち寄ってちょうだい、。

“旧中村家”は明治期の建物で、古賀銀行の開業時に社屋として活用されていました

ここに存在する自然食レストラン“玄米食おひさま”では、佐賀の地元食材を贅沢に使った“ひな会席”(3,150円)やカフェを堪能出来ます

ひな会席は予約が必要です。

歴史民俗館と松原川周辺では、“夜びな灯明町あそび”が開催されます。

地元のちびっこたち等が作った灯りの作品や、佐賀大学の学生が作った灯りの芸術品で美しく装飾されます。

旧古賀銀行から美しい着物を着たお雛様やお内裏様、たいへんキュートな稚児行列などのパレードもおこなわれる等、その以外にもいろんなな催事がおこなわれ、街が活気にあふれます

佐賀城下ひなまつりで、楽しいひな祭りを過ごしてみては如何でしょうかですか?

ところで、レッグウォーマーで冷え取り/足元ホカホカ作戦!厚い靴下で足首カバー・kirako-style.comというブログ情報でレッグウォーマーで冷え取り/足元ホカホカ作戦!厚い靴下で足首カバーについての話題がのっていたんです。

レッグウォーマーで冷え取り/足元ホカホカ作戦!厚い靴下で足首カバーについては前か気になっていたので知りたいと思っていたんです。

レッグウォーマーで冷え取り/足元ホカホカ作戦!厚い靴下で足首カバーの話題のまとめはこれからです。まとめて理解したら気が向いたら話題にしたいと思います。