クレジットカード現金化後の返済方法


返済方法に関してですが、クレジットカードのショッピング部分を現金化した場合、返済方法がいくつか有りますのでご紹介しますので参考にしてください。
ご自分に合う返済方法を選んでクレジットカードを使って現金化するのが上手い方法ではないでしょうか。
【一括払い】
翌月に一括で返済する返済方法になります。
メリットとしては利息がなし、または最低限の利息で済むという事です現金が必要でショッピング部分を現金化したのに、額にもよりますが翌月に一括で返済出来る可能性は小さいですよね。
返済方法は後からでも取りかえる事が可能です。
【リボルビング払い】
通称リボ払いと言われています。
これは利用金額に関係なく、一定額+利息(一定額の中に利息が含まれている場合も有ります。
)を毎月支払って出向く形態になります。
現金化した金額が高額の場合には有効は返済方法と言えるでしょうが、利息がその都度かかって行く事、支払期間がとっても長くなって仕舞う事が考えられます。
また、ショッピング枠が残っているとなると月々の返済額が負担になっていない額で有れば、どんどんショッピングをしてしまう可能性も否めません。
【分割払い】
2回、6回、10回等、最大20回位に分割して払う方法の事を指しています。
たとえば10万円の利用で10回払いにした場合、月々の返済額は10000円+利息になり、これを10ヶ月繰り返して完済という形になります。
金利は一括払いより高くはなりますが、リボルビング払い寄りは低くなる為、一括で支払えない場合に実に有効な返済方法となります。

還元率について

クレジットカードからショッピング枠を通じて現金化する際に還元率というものが適用されています。
この適用率と言うのは、利用したショッピング枠から現金として本当にいただける割合の事を指しています。
たとえば還元率が90%の場合で10万円を現金化しようとすると、実際には9万円の現金が振り込まれるのです。
80%だと8万円という事になります。
完全の還元率は有り得ない為、本当に振り込まれる現金は利用額より低い事になります。
ですからクレジットカードを通じて現金化する場合はこの還元率が大きい会社を選ぶと、損をしにくいという事になるのです。
本当に現金化してもらえる会社の還元率は殆ど70%以上という事になっています。
余りにも還元率が悪いと顧客が利用してくれない為、競争を図っていると言えますよね。
これは利用する側にとっては嬉しい話だと思います。
ではどこで差別化を図っているかと言うとやはりサービスではないでしょうか。
たとえば遠方に住んでいる人の場合のレスポンスの速さとか、現金化に要する時間の短縮化とか有る程度他社との差別化を図らないと勝ち残れないという様になっているのです。
但し還元率が高すぎる会社もちょっと考えものかもしれません。
それだと会社の利益がほとんど出ない事になってしまいます。
その為、還元率が良い会社を選ぶ場合は、利用する前に何か落とし穴が無いか一度よく感じる必要が有るというのです。
返済ときの利息とよく相談して現金化する様にくださいね。

クレジットカードの現金化に関する法律について


法律に関する話ですが、クレジットカードのショッピングで助かる金額を現金化するという事をしている業者が有ります。
これは法律的に言ったらいかなる事なのでしょうか。
先ずは「景表法(不当景品類および不当表示防止法)」という法律が有ります。
どんな内容かと言うと、公正取引委員会によって定められている法律で、業者に対して不当な景品を出すという事、不当な表示をする事によってツーリストを誘発するなという法律になっています。
これによりツーリストの利益を続けるだけでなく、正当に公正な競争が可能になるのです。
クレジットカードを現金化している業者については、こう言った法律を一概に守った上で運営していると思いますので、それほど安心して利用する事が出来るでしょう。
ただし業者の中には法律をまさしく守っていない業者も残念ながらいるのです。
では、クレジットカードのショッピング金額部分を現金化すると言うのは法律で言うと、景表法の中には「ことごとく型」というものに当たるそうです。
特徴としては商品を購入してくれた人全員、つまり「必ず全員」に景品や現金を差し出すというものです。
もちろんドッサリ渡して良いというものではなく渡す金額には制限が決められているのですが取引額の1割という事になっています。
景品と懸賞に関して言うと似ているようですがほんのり違います。
景品は応募者全員に譲り渡すのに対して懸賞は応募してくれた一部の人に渡すのです。
ですから現金化は現金化業者としてみたら景品を渡してあげているという事になるのです。