マイルの使い道を考えましょう


やっとANAマイレージクラブとしてマイルを貯めているだとすれば、マイルの使い道は考えておいた方が良いでしょう。
その方が目標にかけて面白く貯められる筈です。
先ずは無料の特典切符です。
何と言ってもANAマイレージクラブに入会する人の大半の目的がこれだと思います。
ANAは時期や距離によって必要マイル数が違いますが、国内ですと10,000マイルから、国際線も12,000マイルからとなっています。
この必要マイル数は航空会社によって違いますが、必要マイル数を満たしたら特典切符と交換してタダで飛行機に乗っかる事が出来るのです。
交換出来るマイルには有効期限が有りますので、その期限内に特典切符に交換出来れば、搭乗日が有効期限を過ぎていても跨る事が出来ます。
しかし、国内線においては切符を発行してから利用するまでの期間が90日、国際線においては発行から1年以内と有効期限にも限りが有りますので注意して下さい。
また、利用する際ですが特典切符は無料になります。
その為に航空会社によって各飛行機で利用出来る席数が決められています。
ですから例え一般予約で飛行機の席に空きが有ったとしても、無料切符が使えないという可能性も出てくるという訳です。
却って空港利用料は別に払わなければなりませんので、完全に無料という訳にはいかないのもわずか難点ですね。
利用期限や利用制限を意識しながらマイルを貯めて出向く事、これが使い道を考えながら貯めていくと極めて留まり易くなりますので、面白く貯める事が出来ますよ。

マイルの使い道を考えましょう2

色々な特典と交換が出来るのがANAマイレージクラブのマイルです。
何に貯めたマイルを使おうか考えながら貯めていくと面白く貯められると思います。
ここでは主な交換方法である特典切符以外の使い道についてご紹介してみましょう。
元々ANAマイレージクラブのマイルで特典切符に換えようとマイルを貯めていたけれど、必要マイル数に届かない内に有効期限が切れそうになった場合、ただマイルを失効させるのは勿体ないですよね。
とにかく必要マイル数貯まらないからとマイルを貯める事自体止めてしまいかねません。
けれども安心して下さい。
そう言う場合それでもANAマイレージクラブではクーポンなどに交換する事が出来るのです。
ANAご利用券の場合は12,000マイルあれば15,000円分のクーポンに交換する事が出来ますし、eクーポンでは12,000マイルで18,000円分のクーポンに交換する事が出来ます。
とも切符代として取り扱う事が可能だが、eクーポンの場合は切符しか使えませんのでご注意ください。
クーポンの方は旅行や空港内のショップも扱う事が出来ますので、用途によって換えて頂ければ良いでしょう。
また、電子マネー(Edy)やTポイント、ヤマダ電機のポイント等、様々な提携先とポイントを交換する事が出来ますので、貯まらない場合はこう言った使い道も見て取れる事を覚えておきましょう。
無駄無く効率的に貯めたマイルを通じて下さいね。

suicaでANAマイルを貯める


電車に乗っている人は多いですよね。
定期券を買ったり、切符を買ったり、現金で購入している人が結構多いというのです。
そういう電車代もちょこっと工夫するだけでマイルを貯める事が出来るって知っていたでしょうか。
関東近県においては、JR東日本から出ているsuica、私鉄などから発行されているPASMOっていうICカードによる切符が普及しています。
使っている方も多いのではないでしょうか。
このICカードにお金をチャージして、そのカードを改札機に書きいれるだけで支払いをする事が出来るので、わざわざ券売機で切符を購入する手間を省いて得る誠に便利なサービスです。
こんなサービスについてもANAマイレージを利用してマイルを溜められるからにはどうでしょうか。
suicaカードには「ANA VISA suicaカード」を使うとクレジットカードを通じてチャージする事が出来ます。
Edy機能も付いていますのでANA VISAカードを通じて現金をオートでチャージし、suicaとしても取り扱う事が出来るのです。
ANAが提携していますからANAマイレージでのマイルも貯める事が出来ます。
しかしマイルへの還元率がちょっと悪いのでよくお勧めはしませんが、多少なりとも貯めたい方に向いています。
またsuicaで貯めたいなら携帯等で払えるモバイルsuicaはどうでしょうか。
モバイルsuicaは任意のクレジットカードを指定する事が出来ますのでチャージも定期券も購入する事が出来ます。
ANAマイルを貯めるのであればこの方法もお勧めです。