カローラフィールダーの概要について


トヨタ自動車から生まれている車にカローラフィールダーという車が有ります。
カローラのステーションワゴンバージョンとして生まれている車になり、何とか登場したのが2008年8月になります。
ワゴンとして4代目に登場したのがカローラフィールダーという車で、今までに大いに高い評価を得ている車になります。
エンジンも多々有り、1500cc、1800cc、2200cc、2200ccにはスポーツインカム、ディーゼルエンジンがあり、1800ccには6速MTのものも有ります。
2000年に登場したカローラフィールダーの最初のマイナーチェンジは2002年9月、初代と比べてエンジンの改良、排出ガスの低減も基準の75%と実現させました。
更にその2年後の2004年4月にマイナーチェンジがされました。
このときには機能だけじゃなくて、内装、外装共に大きく変わったと言われています。
このたまにディーゼルエンジンである2200ccモデルが廃止になったとしています。
一段と2年後の2006年10月にはカローラのセダンモデルであるカローラアクシオを一緒にカローラフィールダーもフルモデルチェンジされました。
この別途エンジン等も何かと変わった様です。
カローラフィールダーは日本向けのモデルとして発売されています。
当初は輸出向けに3ナンバーのモデルも用意する予定だった様ですが、日本では5ナンバーの需要が高い為に、その規格を維持して作られています。
その為にコンパクトワゴンとして発売され、高い評価を得る車に成長して行っていて、今後も成長して出向く車だと思います。

自動車を購入するときのポイント


新車や中古車でカローラフィールダーを購入しようとする場合、失敗は絶対に避けたいですよね。
なので、失敗しない為のポイントをご紹介してみたいと思います。
先ずは新車でカローラフィールダーを購入する場合だが、通常新車購入時には購入者とディーラーの間で割引合戦が始まるのが一般的です。
この値引き額はお先に決まっている物ではなくて交渉次第でその額が変わってきますので、色んな情報をお先に仕入れておく必要があります。
最初に直接店頭に行く前にインターネットを使って情報収集してみてはいかがでしょうか。
無料見積もりを通じているサイトが有りますので、その車の評価や相場の金額が大体分かってくると思います。
その情報を持ってディーラーに行き、割引交渉をするとちょっとは安くカローラフィールダーを買う事が出来ると思いますよ。
次に中古車でカローラフィールダーを購入する場合だが、車自体の評価は一緒でも中古車はその車によって状態が変わってきます。
その為に値段も変わってきますのでまさに目で見て確かめて購入した方が失敗しないのではないかと思います。
但し、あまり中古車は車に大いに関心が無いと情報が分かりませんよね。
そこでインターネットの中古車検索サイト等を使って情報を収集し、このときの時折この位の値段という相場を知識として持って出向く事が大切になります。
直接店頭で店員と話していると、その情報に惑わされて仕舞う可能性が有りますので、失敗しない様にいっぱい情報を収集して購入しましょう。

カローラフィールダーの特徴


カローラワゴンの後継車という形で2000年に発売されたのがカローラフィールダーという車です。
タイプとしてはコンパクトワゴンに当たります。
どういう車か分からないという方は、テレビのCMでサッカーの小野伸二、歌手の平井堅、最近ではSMAPの木村拓哉がイメージキャラクターとして宣伝しているので「あれか~」という人も多いでしょう。
そういった影響もあり、カローラシリーズの中でカローラフィールダーの評価はもの凄い激しく、販売台数も伸びていて、ステーションワゴンの中で断トツの人気を誇っています。
こんな評価が高いカローラフィールダーの特徴ですが、合理的な車だと言うと良いかもしれません。
コンパクトながら人も乗れますし、荷物も積めますし、価格も抑えられています。
色んな用途で扱う事が出来るのも特徴のひとつでしょう。
コンパクトワゴンもファミリーカーとして充分機能しますし、アウトドアにも業務にも払える便利な車です。
また、若者世代にはエアロ等カスタムさせてオリジナルのフィールダーを作りやすいと好評です。
カローラ自体、トヨタを代表とする車ですよね。
その人気車種カローラフィールダーはとりわけ力を入れていて洗練されたデザインに、充実した機能、なのに手ころ価格と言うのは何だか人気が在るなと行ける車だと思います。
また、先代から引き継いで5ナンバーのままで発売しているのも特徴の一つですよね。
よく出来ている車、それがカローラフィールダーではないでしょうか。