太陽光発電 売電<屋根1>

10325634

太陽光発電での売電の量に巡るソーラーパネルの設置についてご説明ください。
日本では太陽光発電を設置した場合には、行政機関からの補助制度が適用達することになっていますので、計画の時点にタイミングを逸することのないよう問い合わせしつつ受けるようにください。
ここでは売電に最も大きく影響する太陽光発電の容量について述べておきましょう。
われわれが最も関心の大きい一般の住宅用としては、典型的な傾斜している屋根カワラ(瓦)の上に設置するものであり、屋根の形状つまり「寄せ棟」とか「切り妻」とかひいてはオフィスの屋上のような鉄筋コンクリートによる水平な「陸屋根」などがあります。
とくにカワラ屋根においては、「寄せ棟」では東西南北の向きがありますので、とうぜんのこととして日照方向の関係によって南面が最大の発電量になりますので、ソーラーパネルを最も多く設置することになります。
発電の比率的には南面を100とすると、東西面は60であり北面は40といわれています。
いずれの面に何枚のソーラーパネルを設置するかは、それらの方向そうして費用に関係してくることだから、シミュレーション計算などによってベストシステムを選ぶことになります。
日本の平均的なカワラ屋根での発電容量としてはおおむね3.5kW程度といわれてあり、一日の余剰電力にかかわってくるものとしての算出によって売電量を左右することになります。
水平な「陸屋根」の例も多く見られますが、ソーラーパネルは45°というような傾斜スタイルとなるのが通常の方法です。