外壁のリフォームで新築並に


外壁というのは、住宅リフォームの中けれども大層必要性が高いものです。
というのも、一軒屋の外壁のモルタルは、平均10年で寿命がくるからです。
基本的に、外壁は永年持つというわけではありません。
寿命までの期間は材質によって異なり、たとえばアクリル樹脂塗料の場合は5~6年でダメになります。
ウレタン樹脂塗料で8~10年、シリコンアクリル樹脂塗料で12年、フッ素樹脂塗料も15年が限度です。
従って、築15年で一度も外壁のリフォームを通じていない住宅は、極めて外見上きつい事になっていると思われます。
通常、築15年の住宅というのは、大層荒々しい使い方を通していなければそこまでは傷んでいないはずです。
ただ、外壁をもちましてにしておくと、非常にみすぼらしい状態になってしまい、築年数以上にボロボロに見えてしまいます。
従って、外壁のリフォームを定期的に行う事はとても大切なのです。
外壁のリフォームは、主に塗り替えが主軸となります。
この際、壁にヒビが入っているとか、屋根の塗り替えとかを一気に依頼すると、コストがある程度浮きます。
別に屋根の塗り替えは工期も滅多に変わらないので、一緒にしてもらう方が良いでしょう。
一方、近年まずは外壁のリフォームに機能性を貪る人も増えています。
断熱材を入れて保温性を高めたり、遮音性を強化したりというリフォームが特に多いようです。
北海道や東北の家はほとんどが保温性の厳しい材料で作られていますが、関東では本当にまちまちです。
従って、材料を改善したいという住宅が増えているのです。

エクステリアのリフォームとは


エクステリアという言葉は、年配の方にはそれほど馴染みがないかと思います。
このエクステリアというのは、インテリアの対義語です。
インテリアは住宅内部の装飾、すなわち内装を意味する言葉ですが、それに対してエクステリアは住宅の外装、外観を意味する言葉です。
つまり、エクステリアは住宅の外装全般を指す言葉です。
エクステリアのリフォームというと、ずいぶん広義的です。
外装となるのは、たとえば屋根や外壁もそうですね。
ただ、リフォームにおけるエクステリアというのは、主にバルコニーやベランダ、テラスなどを指します。
あるいは玄関だったり、デッキだったりも含まれます。
家において、外側から感じる部分というよりは、外側に接する施設全般といった方が良いかもしれません。
エクステリアのリフォームというのは、主に増設が多いですね。
たとえば、ベランダがないので取り付けてほしいに関してや、洗濯ものを干せるテラスが欲しいに関してなどが多いようです。
同様に、既に存在しているデッキをますます美しく狙う、バルコニーの遮光性を高めたいといった改築も結構あります。
基本的に、これらの施設のリフォームは本当に大掛かりになりますが、生活する上では他の部分のリフォームより影響が少なくて済みます。
生活の拠点となる場所ではないので、リフォームを通してもらいながら家で暮す場合、よく不自由がありません。
その為、気軽に依頼をする家庭が多いようです。
バルコニーやテラスというのは、ある意味住宅を持つ人にとって憧れにほど近い存在です。
資金にゆとりがあるなら、増設してみても良いのではないでしょうか。

2世帯住宅のリフォーム


増築を行う際、2世帯住宅にするという選択肢がありますが、まるでその前に2世帯住宅にリフォームする事で発生するメリット、デメリットについて考えておく必要があります。
近年、高齢化社会となってきた事で、ある程度年齢を重ねているサラリーマンにもいまだに両親が健在についてが増えています。
その為、男、もしくはその配偶者の両親と同居する家族が思い切り増えてきているのです。
こういう背景もあり、2世帯住宅のリフォームを行う家が増えてきているようです。
ただ、2世帯住宅にする場合、到底嫁姑の問題などが発生してしまう。
それぞれの親と関係が良好であれば、2世帯住宅にはなんら問題はありません。
但し、確執がある場合は問題となります。
2世帯住宅は、2つの家がくっ付いています。
実質的な同居です。
その為、お互いのライフがかみ合わないと、日常生活にスゴイ支障を及ぼす可能性があるのです。
とはいえ、メリットもあります。
それでは省エネルギーです。
2世帯住宅の場合、電気やガスといった公共料金や食費が節約出来る可能性があります。
また、洗濯なども一度に全部行う事で節約ができます。
これらのメリットも考えた上で、2世帯住宅にリフォームするかどうかを決めると良いでしょう。
また、近年それではおんなじ2世帯住宅も、完全同居型、完全分離型、そして一部共用型と、色々なタイプに分かれています。
完全分離型の場合は、土地内において2つのことなる家を組立てるとして良いでしょう。
一部共用方は、リビング等の共同スペースを設け、それ以外は分離するというタイプです。

高齢者向けのリフォーム


高齢化社会が顕著になってきている今、日本の住宅事情は大きく変動しています。
昔は、広くて目新しいというのが、新居となる住宅のステータスでした。
ただし今は、老後に暮らし易い家というのが一番の希望となっているようです。
そうして、現在ではその為のリフォームの依頼がとても増えています。
つまり、高齢者向けのリフォームですね。
では、高齢者向けの住宅はどのような世帯なのでしょう。
とりわけイメージしやすいのは、どうしてもバリアフリーの設置ですね。
段差を低く、少なくし、玄関や廊下を車椅子が通れる幅として、トイレも使いやすい洋式にするといったリフォームが、主に行われているようです。
高齢者の住んでいる家の多くは、本当に古くなってきているので、大々的に改築を行うケースも増えています。
その為、高齢者をターゲットにした悪徳業者も増えているようです。
高齢者向けのリフォームの特徴は、使いやすさを念頭に置いている点です。
キッチンも、全てをまとめているシステムキッチンが使いやすいので、高齢者の住む家では重宝されています。
また、年を取ると冷え性になる人も多いので、保温性を決めるリフォームを行う事もよくあります。
高齢者がどのような要望を所持しているかという点を追求したのが、高齢者向けのリフォームなのです。
尚、バリアフリーなどのリフォームを行う場合、介護保険で補助金を味わう事ができます。
但し、その額は20万円が最高となっています。