太陽光発電買取中断の理由

9884648

2014年の9月に電力会社大手の太陽光発電買取が中断されるという、太陽光発電を導入している人にとりまして気になる情報がありました。
太陽光発電を始めた意義は売電だったのに、それが中断されてしまっては、百万ユニットのコストをかけて導入した意味がなくなってしまうのですから大問題です。
こういう「買取の中止」は、最新買取の契約はしばらく結ばないという意味です。
作りたて契約が目的なので、既に電力事務所って売電の契約を結んでいれば、これまでと変わらず契約が貫くことになります。
全面的に売電ができなくなるのではないので、安心してください。
また、買取が中断されるのは10kw以上の太陽光発電システムで、10kw内なら対象外です。
どうしてこういう太陽光発電買取の中止が話題になったのでしょうか。
それでは売電講じる側の視点で考えてみます。
売電する側は、電気を並べることによって持てる元金を前提にして肝心経費などのプライスを立てているはずです。
そのため、売電ができるようになるひとときがはっきりしないといった、プランが立てられません。
が例えばそれが新規事業の元金プランで、いまやセッティングを進めていた都合、プランが狂う結果事業が禁物になってしまい、借り入れだけが残ってしまうという心配もあります。
今度は逆に、電力事務所側の視点で考えてみます。
こちらの問題となるのは、電気のフィーリングにあります。
電気を安定して供給するためには、費消容積について一定の発電を行う必要があります。
こういう状態気をつけなければならないのが、安いのはもちろん、多すぎても禁物ということです。
発電量が多すぎるって、送電網に流せなくなってしまうのです。
そのため、安定して供給するためには中止せざるを得なかったという道筋があるのです。