カローラフィールダーの評価について


トヨタ自動車から発売されている車にカローラフィールダーという車が有りますが、その評価について多くの人が「燃費が良い」という事を挙げています。
殊に燃費が良い事を感ずるのは高速らしく、その燃費のよさは大評価を得ています。
更に評価を得ているのは装備が充実しているという事です。
また好評価ばかりではなく、不評も有ります。
低速で走っているときのギクシャクした感じが思っている以上に悪いと不評を得ています。
仮にカローラフィールダーを購入しようと考えているのであれば、ことごとく試乗をしてからの方が良いと思われます。
但し、不評もなんのその。
カローラフィールダーの走りは安定していると好評価なのです。
高速でスピードを出してもぶれずにリライアビリティが有りますし、ハンドルもなくなる事が数少ない為に運転し易い様です。
また、高速で駆けるとガタガタ言って身体がくたびれるという車も有りますが、走行は静かですしシートも乗り心地が良いので長距離走行も安心して乗って頂く事が出来ます。
更に良い評価としてはパワステが小気味よいとか、ひじ掛けがスライド式であるとか、インテリジェントキーが搭載されているとか多々有ります。
また、カローラフィールダーは性能だけじゃなく外観も評価が高く、ライトのデザインが変わっていてフロントマスクがスッキリと明るく見える様になっています。
昔は商業車の様なデザインであったと言いますから、なかなか一般向けのデザインに変わってきている事が分かりますよね。
カローラフィールダーの評価はどちらかと言うと高い評価の方が多いと言えますので、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

トヨタカローラについて


トヨタカローラ車が世の中に登場したのは1966年の事。
今では世界140ヶ国以上、販売台数も累計で3200万代以上という世界で高評価を得ている人気車になります。
今はカローラも2台体制で展開されてあり、セダン車は「カローラアクシオ」として、ステーションワゴン車は「カローラフィールダー」として販売されています。
今まで何度かフルモデルチェンジ、マイナーチェンジを繰り返してきているというのですが、その都度テーマやコンセプトが有りますのでそれに沿って開発を進められている様な感じが有ります。
脛に進化や目新しい事にチャレンジしているカローラだからこそ登場から40年以上経った今でも高評価を得られている理由なのかもしれません。
カローラアクシオもカローラフィールダーもカローラのイメージは無事が厳しく、燃費も素晴らしく、経済的な車というのが今までの一般的なイメージだったかと思います。
悪く言うと「安らぎ過ぎていて侘しい」という感じでしょうか。
ただし現在では外観のデザイン性も良くなりましたし、コンパクト暮すとは思えない程の先進技術が搭載されていて、リライアビリティ、経済性はそのままでわくわく、ワクワクする様な車となっています。
例としてバックモニターが付いていたり、リアシートをワンタッチで格納出来る機能が付けられていたり、パーキングでのアシスト機能が付いていたりと満載です。
トヨタではカローラアクシオ、カローラフィールダー共に月間の売上台数目標を高めに設定されている様ですが、これだけのリライアビリティ、経済性、斬新技術が登載されていて高評価な車であればくれぐれも無理ではないと予想されるというのです。
コンパクトセダンとして、コンパクトワゴンとして目新しい形を提案している車こそがトヨタカローラ車ではないかと思います。

カローラフィールダーの燃費は如何程になるのでしょうか


やっぱり車を運転するとなると気になるのがその燃費ですよね。
よく店頭で訊くのがカタログやCMで謳っている表示と、実際の燃費が違うという事です。
実際の方がやはり燃費が悪いと感じてしまいますよね。
なぜこんな現象が起こるのかと言うと、これは法律によって運輸省審査値の「10・15モード」という試験条件で測定された規定値を表示しているからだと言われています。
実際の運転時折色んな日和、道路の混雑状況等が検査の時と違っている為に、燃費が異なってしまいます。
これは仕方のない事かもしれませんね。
勿論検査の条件と同じ条件で走れるのであれば、表示と違わない燃費として評価されると思います。
では、実際の燃費は違うんだから表示自体を当てにしてはいけないんじゃないかと考えてしまいますよね。
それでもそう言う事ではないのです。
カローラフィールダーの燃費表示は通常の測定じゃなくて、一定条件の中で測定された値を使用していますので、燃費自体は有効的数値という事になります。
カローラフィールダーは車のグレードによって燃費が変わってきます。
車のパーツを付けて重量を繰り返すとその分燃費は悪くなります。
そうした条件を何だかんだ考慮してバランスを取るという事、これが大切になるのです。
こう言った表示方法を現に基づいて計算している、これは評価したい所ではないでしょうか。
カローラフィールダーの燃費を知る為には、グレードや条件を知っておく事が大切です。