雛人形の保管

ひな祭りが終われば、早速に雛人形を片付けますが、雛人形はたいへん細やかですので、保全する際には幾らかの忠告が必要です。

高級な雛人形は、衣装や髪の毛等、素材の多くに“絹”が使用されています。

絹はたいへん細やかな素材で、通気性と吸湿性に優れていますが、カビや害虫が付き易い面も有ります。

それによって、雛人形を保全する際は、絹の取り扱い方がたいせつなポイントになります。

絹生産品を保全する際は、“紫外線”“湿気”“害虫”の3点に対して特に忠告が必要です

紫外線は、絹に含まれるたんぱく質に働きかけて変色させてしまいます。

保全の時だけでなく、飾っている時も、長い間直射日光が当たらないよう気をつけましょう。

湿気は、黄ばみや変色を起こすなどの影響を与えますが、それだけでなく、カビを繁殖させたり、害虫が住みやすくなり虫食いになったりします。

カビや害虫は、温度と湿度の高い立地を好んで住みつくので、そういった環境要素に保全しないようにしたり、高温・多湿に気をつけたりしましょう。

桐箱があれば、これに保全するのが一番安心です。

衣服の害虫の代表的なものは、“シミ類”や“カツオブシムシ”です。

虫は湿気の沢山立地が大お好きですので、湿度を調整するだけだとしてもかなり違ってきます。

シミ類等は細長く扁平ですので、隙間があると入り込み易いです、。

その為、隙間を創らないことも忠告しましょう。

害虫対策には、防虫剤を使用するのが世間一般的ですが、忘れてはいけないこと言うのは、絹に一番優しい方式を確保することです。

ひな祭りが終わったら、また来年美しい姿で出会えるように、たいせつに保全しましょう

雛人形の収納の仕方

ひな祭りが終わったら、雛人形を急いでしまわないと、お嫁に行けないと言われていますが、出来るだけ晴れて乾きしている日に行ないましょう。

冬季場は加湿器等によって、湿度が高くなっていることがあるので、そのケースではは気をつけてちょうだい。

雛人形の片付けには、手袋、毛ばたき、和紙、新聞紙か緩衝材、防虫剤、乾き剤を支度してちょうだい。

片付けは、次の手順で行ないましょう。

毛ばたきで、丁寧にホコリを取り除きます、。

人形のお頭や手・足には、手で直接触れないように、手袋を使用してホコリを取ります

2、ホコリが付かないように、紙で人形を全体的に包みます

防虫剤や乾き剤を入れるケースではは、直接人形に触れない所に入れてちょうだい。

3、緩衝材は、人形と箱の隙間に詰めていきます。

これは、箱を動かすときに、人形が箱のなかで傷つかないようにするためです。

使用する緩衝材は、自然素材の柔らかいものが良いでしょう。

緩衝材を入れ通り越すと、人形を圧迫してしまうので忠告してちょうだい。

新聞紙を丸めてソフトにしたものだとしても代用出来ます、。

新聞紙は吸湿性に優れ、使用されているインクには防虫効力も有ります。

ただし、インクが付いて汚れてしまうことがあるので、人形を直接包むのは避けましょう。

数多くの人形や道具類を1つの箱に入れるケースではは、段ボールの柔らかい切れ端等で仕切りを作っても良いでしょう、。

又、箱に収納したケースきは、決まった箱と立地に必ず入れるようにしてちょうだい。

ひな祭りが終了して、毎年困らないように、初節句の年は、飾り付けした有り様と収納時の写真を撮っておくと楽です。