メリットとデメリット


住宅ローンを借り換えるにはメリットとデメリットが存在します。
メリットとしては、金利を節約できることや住宅ローンの完済までの期間を短くできることなどがあります。
デメリットとしては、時間と労力がすごい要することや借り換えてもメリットが僅か場合があることです。
当然のことところが、メリットが大きい場合は借り換えした方がいいと思いますし、デメリットが大きい場合はしない方がいいと思います。
住宅ローンを借り換える時折、困難労力と時間を要します。
一度でも借り換えの経験をしたことがある人ならばわかると思いますが、二度とやりたくないというくらい大変です。
時間と労力をかけてするのですから、借り換えしてどれだけ得をするのか正しく考えて行動することが大切です。
最初にすることは情報収集です。
住宅ローン商品の資料を各金融機関から取寄せます。
webからも見分けることができますが、一概に内容を把握するためには紙面の方が読みやすいです。
よく調べた上で住宅ローンを借り換えた方が良い場合には次の3つの理由が挙げられます。
仲間目は金利についてですが、現在の金利よりも借り換える方が0.5%以上低くなる場合です。
0.5%以上の金利差がなければ、借り換えの際に必要となる保証料や事務手数料などの諸費用を支払うと全然メリットが得られなくなります。
2つ目は住宅ローン残高が現在1,000万円以上ある場合です。
住宅ローンの残高がたくさんあるほど金利の節約はメリットが大きくなります。
たとえ諸費用を支払ってでも得する目安金額が1,000万円以上になります。
3つ目は返済期間が10年以上残っている場合です。
返済期間が長いほど借り換えによって利息を燃やすことで支払額を燃やすことができます。

相談


素人が住宅ローンの借り換えを賢く行なうための判断をくだすのは何やらむずかしいものがあります。
住宅ローンの借り換えを検討する時には、住宅ローンに関しての知識やライフ種類をきらいて将来のシミュレーションをすることが必要となるからです。
そういった意味でも借り換えの相談をするだとすれば中立的立場でもの事を見ることができて、かつ専門的な知識もある第三者にするのが的確だといえます。
「ファイナンシャル種類ナー」の場合、ライフ種類から将来の家計の状態を見据えて検討して頂ける。
ただしファイナンシャル種類ナーならだれでもいいわけではありません。
それぞれ得意分野があるので住宅ローンに強い人を選ぶ必要があります。
「モーゲージ・ブローカー」は住宅ローンについてコンサルティングをしたり取り次ぎをしたりする人です。
めったに聴きなれない言葉ですが、日本国内にいくつか会社があります。
モーゲージ・ブローカーならば住宅ローンに関しての審査基準や手続きなどについて詳細情報を知っています。
「住宅ローンアドバイザー」は住宅金融普及協会が資格認定を通しています。
住宅ローンに関しての資格は他にも増えてきています。
ファイナンシャル種類ナーや不動産関係の仕事に従事している人が住宅ローンアドバイザーの資格をとっています。
専門的な立場で住宅ローンについてアドバイスすることができます。
すべての意見をもちまして受け入れる必要はありませんが、住宅ローンを借り換えるときの検討材料として摂ることでベストな選択をすることができます。

公庫の段階金利


旧住宅金融公庫にて住宅ローンを組んだ人の場合、10年以降の段階金利で金利が2%台から4%台になる人もいると思います。
住宅ローンの残高が多いほどいとも負担が大きくなるので、この機会に借り換えを検討する人も増えます。
少なくとも金利が3%台の商品に借り換えをしたいところなのですが、さほど得をするとは限りませんから注意しなければなりません。
一番心配なのが、「抵当権」についてです。
現在住宅金融公庫は存在しないので、借り換えをするのならば他の金融機関になると思います。
つまり抵当権を新たに設定する必要があるわけです。
仮に担保価値が残金割れになってしまっていたとしても、借り換えできるローン商品はあるので心配ありません。
但し抵当権の設定や借り換えに際しての手数料で約50万円あるいはそれ以上の費用が増えることがあります。
こうなると、そんなに住宅ローンの借り換えがメリットをもたらすとは言えないわけです。
明るい計算に関しては、借り換えを検討している金融機関としてもらうといいと思います。
借り換えしてもからきし効果がないという場合には、少しの金額けれども繰り上げ返済を通じて元本を燃やすことで、金利が上がったとしても払う利息分をなるべく増やさないようにすることができると思います。
例え10万円でも直ちに繰り上げ返済することで、元本を10万円分燃やすことができますから、住宅ローン残期間が20年だとした場合20年分の金利を燃やすことができるのです。
金額が少ないからと何もしないのではなく、金額が少なくても取り敢えず返済を早くした方が得です。
しかし、金融機関によっては繰り上げ返済の手数料を何万円ととるところがありますから、その際は損得を計算して注意して行わなければなりません。

金利上昇のリスク


低い金利の住宅ローンに借り換えをした場合、月々の返済金額が鎮まることでメリットを実感することができます。
ただし借り換えして一気に金利が上がってしまうと、住宅ローンの負担が増えて仕舞うことになり、借り換えをした意味がなくなってしまいます。
このような失敗を控えるために、借り換え先の金利は慎重に選ぶ必要があります。
2年や3年などの短期固定金利を選ぶと一時的に金利は下がりますが、その分金利上昇のリスクが高くなってしまいます。
たとえば3,000万円を3年固定の金利2.割で借り換えしたとしても、3年後に金利が4%台になってしまうと毎月の返済額が高くなってしまいます。
そこで借り換えの3,000万円のうち半分を3年固定、残りの半分を10年固定にしたとすると、3年後に金利が上昇して返済負担が大きくなったとしても、金利上昇分が1,500万円分の負担に統べることができます。
このようにして変動金利と短期固定金利をうまく合わせることで金利上昇のリスクを最小限に統べることができます。
もう一度金利の借り換えがしやすいかどうかについてもポイントです。
変動金利や短期固定で借入たとして、たとえ金利が上昇しはじめたら一気に長期の固定金利に切り替えれば最小限の負担増にすることができます。
切り替え手数料が低い金融機関や翌月の金利が早めに知らせて取れる金融機関などを選ぶといいです。
借り換えの際の金利選びはとても重要なことだが、借りた後の金利の見直しのしやすさなども大切なポイントなのです。