住宅ローンの借り換えについて


近年、日本銀行がゼロ金利政策を解除したことや住宅公庫が廃止されたこと、お得な金利コースが多く流行りだしたことで住宅ローンの借り換えを考える人が急増しています。
多くの金融機関において借り換え用に設定した住宅ローンを提供するともなっています。
条件についても多種多様なものが用意されています。
どのように借りてどのように引き戻すのがいいのか後悔することがないように充分研究して住宅ローンを選ぶようにすることが大切です。
住宅ローンの毎月の返済額を見直すことも大切です。
老後の資金や子供の教育資金のため住宅ローンを見直して見ることも必要です。
特に住宅ローンの金利が大きい時期に組んだ人の場合は、現在の低い金利のものに借り換えすることでローンの返済金額を激しく減らせる可能性があります。
目的によっては返済金額を燃やす以外にもメリットが得られることもあります。
様々な住宅ローン商品から自分のライフコースに合ったものを探して下さい。
住宅ローンを借り換えするからにはメリットが得られなければ意味がありません。
考えられるメリットとしては、返済総額の軽減が出来ること。
月々払う返済金額を軽減出来ること。
そうして変動のリスクを回避出来ることなどが挙げられます。
キャンペーンや特典などに惑わされないように、借り換えの目的がきちんと達成できているかチェックすることが大切です。
但し住宅ローンの借り換えというのは、初々しいローンを組むということだから、諸経費がかかります。
いかに嬉しい条件での借り換えができたとしても、元本が鎮まることはありません。
借り換えがお得だとしても限度がありますから注意してください。

借り換えの検討


「住宅ローンの借り換え」とは、新規で別の住宅ローンの借り入れを通して、今まで借入ていた住宅ローンを一括して返済するということです。
借り換えをするには、下調べから審査など時間と手間と諸費用が必要となりますから、それなりのメリットがなければ借り換えをする意味がありません。
借り換えをする目的やいかなる住宅ローンを選ぶべきなのか明確にした上で検討する必要があります。
たとえば、当面の月々の住宅ローン返済額を減らしたいという目的のために借り換えを検討するのであれば、既存の金利よりも低い金利のものを選ばなければなりません。
将来上がると出来る金利に対してのリスクを減らしたいという目的ならば、既存で変動金利や短期固定金利を通しているものを長期固定金利にした方がいいと思います。
また繰り上げ返済を重視して行いたい人の場合は、繰り上げ返済にかかる手数料や最低金額、手続きなどについて調べる必要があります。
真に借り換えを行う時折、直接金融機関に申し入れをすることになります。
必要書類がいくつかあるので、申込者が揃えなければなりません。
必要書類は金融機関によって若干違いがありますから、借り換えを頼む金融機関の担当者に訊くのがいいと思います。
金融機関を決めるにあたっては、申込資格があるのか、金利タイプはいかなるものがあるのか、手数料はどうなっているのかなど事前に確認しておくことが大切です。
借り換えの申し入れをすると、金融機関で審査されます。
この審査にかかる時間や借り換えが実行されるまでの日数もまちまちなので、日にちに余裕を所持して検討を始めるといいです。

借り換えでトクする目安


まさにどれくらいの金額、金利ならば住宅ローンの借り換えを通じてトクすることができるのかその目安について説明します。
住宅ローンの借り換えを検討してみても、検討と調査に時間と手間だけかけて至ってトクすることができないとなると無駄になってしまいます。
借り換えを通じてトクすることができるとしている目安の金額は住宅ローン残高が1,000万円以上で、返済残期間が10年以上あって、金利差が1%以上ある場合と言われています。
どうにか借り換えても返済金額がほんの少ししか軽減されない場合は、借り換えの際に加わる諸費用によって寧ろ損をしてしまうケースがあります。
ローン残高が2倍つまりこの場合は2,000万円あったとすると軽減額はどうなるか考えてみます。
まさにシミュレーションしてみればよくわかりますが、残高が多いほど軽減額も大きくなります。
つまりローン残高が2倍になれば、軽減額も2倍あるいはそれ以上に繋がるというわけです。
ローン残高が2倍になったとしても、借り換えにかかる諸費用が2倍になるわけではないため軽減額も2倍以上に上るというわけです。
住宅ローンの返済残期間を変えるとどうなるのか考えてみます。
返済残期間が5年けれども10年けれども20年けれども軽減額に概ね差はありません。
これは、返済期間が短ければその少ない期間分だけのローン保証料を払うのでローン保証料が安く済むためです。
返済期間が長ければ総返済額の軽減額は大きくなるのですが、その分ローン保証料を払う期間も長くなって保証料が高まるために相殺されるのです。
金利差の違いで見ていくと、当然ながら借り換え前と後ほどの金利差が大きいほど総軽減額も大きくなります。
金利差が1%と2%では、総軽減額が2倍以上違ってきます。
金利は諸費用に関係ないため、総返済額の軽減額が丸ごと借り換え効果につながるからです。
金利差が最低でも1%はないと、諸費用や手続きへの労力を考えて、借り換えしても時間のムダとしてそうです。
但し返済残期間が10年一層少ない場合それでも金利差が1%以上あるとすれば、借り換えを検討する価値があるかもしれません。
各金融機関のサイトにある借り換えシミュレーションなどで試算ください。

借り換え費用


借り換えを検討するだとすれば、忘れてならないのが借り換えにかかる諸費用です。
住宅ローンを新規に借り入れする感じことそれで、諸費用も発生してくるわけです。
どのくらいの金額が要るのか、必要となる費用は何か見ていきます。
住宅ローンの借り換えにかかる諸費用には以下のようなものがあります。
「契約書貼付印紙税」借入金が1,000万円以上5,000万円未満の場合で2万円、借入金が5,000万円以上1億円以下で6万円必要です。
「事務手数料」およそ31,500円、なかには借入金の数%無くなる場合もあります。
「保証料」借入金額や返済年数で決定します。
中には保証料がない金融機関もあります。
「抵当権設定費用」登録免許税として借入金の0.1%かかります。
登記を依頼するので司法書士報酬なども発生します。
既存の住宅ローンを完済するための費用もかかります。
「繰り上げ返済手数料」一括返済するので手数料がかかります。
15,750円や31,500円など金融機関によって違います。
「抵当権抹消費用」不動産1個に1,000円かかります。
およその借り換え諸費用の目安として、3,000万円を30年返済の場合約80万円、2,000万円を20年返済の場合約50万円となっています。
借り換えの諸費用は意外に要するものです。
住宅ローンの借り換えシミュレーションと同様に、各金融機関のホームページで借り換え諸費用の試算も行なうことができます。
ひと度試算してみるといいと思います。

借り換えた方がいい人


次に該当する人の場合、住宅ローンの借り換えについて検討受けることをオススメします。
今よりも返済負担が軽くなる可能性があります。
「住宅ローンを変動金利で借入ている人」。
今のように低い金利の時代、変動金利よりも固定金利としておいたほうがきっぱり有利です。
今後住宅ローンの金利が上がっていくことはあってもこれ以上低い金利になることは考えられないからです。
過去の例を見ても諸外国の例をみても、金利が5%程度にまで挙がることは十分に考えられます。
ですから変動金利の人は金利がちっちゃい今、長期固定金利に借り換えを検討してみた方がいいと思います。
「段階金利の適用が間近い人」。
住宅公庫などを利用した人の場合、11年目以降段階金利の適用で金利が上昇するタイプの人が多いと思います。
この段階金利の場合、11年目以降の金利は4%くらいになるため、現在の固定金利よりも1%以上高くなります。
1%差があると返済総額によっては数百万円違ってきますから、段階金利よりも低い金利の固定金利タイプの住宅ローンへの借り換えを検討するといいと思います。
「現在の長期固定金利より高い金利で借り入れを通している人」。
固定金利としている人も、現在の住宅ローンの固定金利でなおさら低い金利のものがあれば検討してみる価値はあります。
1000万円以上の住宅ローンの借り入れがある場合1%違うと支払総額200万円以上なることがあります。
「固定金利選択型によっている人」。
1%キャンペーン金利など一定期間の間だけ固定金利になるタイプの住宅ローンとしている人の場合は、すみやかに長期固定金利に借り換えをした方がいいと思います。
今の長期固定金利はかなり割安です。
変動金利が適用となる前にすみやかに借り換えることをオススメします。

借り換えできないケース


住宅ローンの借り換えはどういうときにでも誰でも出来るものではありません。
借り換えができないケースももちろんあります。
望める理由は大きく分けて4つです。
ひとつ目は公的ローンへ借り換えすることはできません。
2つ目は民間の場合であってもおんなじ金融機関の中で1つの住宅ローンを借り入れていると別の住宅ローンへ借り換えすることはできないことがあります。
3つ目は住宅ローンの借り換えを申請すると、新規借り入れと同様に担保評価が行われます。
そのため担保割れしていると借り換えできないことがあります。
金融機関の中には、担保割れしていても借り換え出来るように対応しているだがあります。
それほど借り換えできないということではないため、各金融機関に確認するようにしてください。
4つ目は過去1年の間に住宅ローンの支払いを延滞していると借り換えできないことがあります。
このような場合は、住宅ローンの借り換え準備を進めても、審査に落っこちることがあるため、事前によく確認することが大切です。
そうして根本的なことだが、住宅ローンの借り換えを検討罹る場合のコツをひとつ申し上げます。
どれだけ好ましい条件で借り換えを通じても元本が鎮まることはありません。
軽減出来るのは飽くまでも手数料と支払い利息分となることをよく承知しておいてください。
ですからいくら住宅ローンの借り換えがお得だと言われていても、そのお得度合いには限度があるということになるのです。