現金化すると言う事


臨時では有りますが、クレジットカードのショッピング部分の金額を現金化すると現金を手元に得る事が出来ますよね。
但し、ここで気をつけなければ結局返さなくてはならないお金の利息だと思うのです。
現金化会社は消費者金融でお金を借りるより得です。
と謳っていますが、実際法定規則では消費者金融などの利息と同じ様に20%台となる為には、現金化会社からの還元率が96%以上無ければお得にならないと言えます。
通常、クレジットカード会社を利用する場合、手数料として売り上げの3%はクレジットカード会社に支払わなければならない契約となっています。
ですから97%以上の還元率は絶対に有り得ない事になります。
利益を表す為には96%以下となりますが、たかだか1%の利益の為にこう言った商売をやるとは考えにくいです。
結局還元率が90%以下である場合が多く、消費者金融より利息としては高くなって仕舞うケースが多いそうなのです。
クレジットカードを使う目的として、換金目的は非合法とはならないけれども会員規約違反となっているカード会社が多いです。
仮にそう言った事実が行ける場合、会員としての資格がはく奪されるとか(つまりカードを解除できる)、今まで利用した金額の即時弁済を迫られるとか、考えてもみない状況に追い込まれて仕舞う可能性も有るのです。
現金化する際にはこう言った不利益が起こる可能性が在るという事もよく知っておかなければなりません。

現金化会社の選び方

たくさん有る会社の中から自分に当てはまる会社を選ぶのは困難事です。
断然クレジットカードを現金化して得る会社を選ぶとなると、とっても信頼出来る会社かどうかという判断をする事も必要となってきます。
下記に挙げる様なポイントを抑えて信頼出来る会社を選ぶ様にしてみましょう。
先ずは現金化してもらえる会社が法人かどうかという事です。
会社には個人で経営している会社、法人で経営している会社の2種類が存在します。
個人でもやはり信頼出来る会社は在ると思いますが、広告だけ出しておいてまさに店舗自体が無会社という事も有り得ます。
法人だからと言って全てが安心できるわけでは有りませんが、出来ればトラブルに巻き込まれない為にも法人の会社を選ぶ事がオススメ出来ると思います。
次に自分の所有しているクレジットカードで現金化が出来るかどうかと言う所も、会社を選ぶ上でポイントとなる所だと思います。
対応しているクレジットカードが多い所程、利便性が良い会社と言えると思います。
対してこのクレジットカードを作れと強要して生じる所は間違っても選んではいけません。
こんな所も会社を選ぶ基準となるというのです。
また、還元率はもとより、レスポンスの早さも重要です。
連絡が取りにくいという会社はなんとなく注意が必要かもしれません。
即日の対応可能だとか、連絡が至急取りやすいと言うのも会社を選ぶ上で大きなポイントとなる所だと思います。
会社を選ぶ上で慎重過ぎるという事は有りません。
よく吟味した上で選ぶ様にください。

現金化の仕組みとは


総じて、クレジットカードにはキャッシングとショッピングの両方が出来る枠が設定されています。
とも限度額まで取り扱う事が出来ます。
キャッシングは通常現金が借りられるという事ですので、現金が欲しいという方はこちらを利用する事になります。
ただし現金化とはこのショッピング枠を現金としていただけるというサービスになります。
簡単に言うと商品を購入させて現金をキャッシュバックするというシステムなのです。
そういった仕組みが現金化サービスとして存在しています。
購入した商品を現金に引き替える方法は大きく分けて2つ有ります。
クレジットカードを使って業者から商品を購入します。
その商品を売却して現金を受け取るという方法、もう1つは業者から商品を購入します。
業者はその商品に対して90%位のキャッシュバックをするという方法です。
現金化する際にはこのどちらかの方法でなさる事が多いです。
現金化業者は正に店舗を構えている所、店舗を構えずインターネットを通して行っている所の2種類が存在しています。
現金化を通している業者は金融会社では有りません。
それを専門に扱っている店舗として良いでしょう。
正にクレジットカードを使って商品をその業者から購入しているので、お金を返済しなければならないのは、現金化して受け取る業者ではなくクレジットカード会社に対して行う事になります。
その後の取引はクレジットカード会社となさる事になる為、現金化会社との絡み自体は、現金を受け取ったら終了という事になります。