エコカー減税とは


2009年に始まったエコカー減税は、排出ガスと燃費基準を満たす環境性能に優れた自動車に対して、自動車重量税・自動車取得税の減免を行う特例措置です。
適用期間は、自動車重量税は2009年4月1日~2012年4月30日までで、この期間内に新規・継続・臨時・構造等変更・予備いずれかの検査による自動車検査証の交付又は返付を最初に受ける場合に適用されます。
自動車取得税は2009年4月1日~2012年3月31日までで、この期間の登録・届出分が適用となります。
自動車取得税の減免は新車だけでなく、中古車にも適用されます。
このエコカー減税とは別途、自動車税のグリーン化として排出ガスと燃費基準を満たす環境性能に優れた自動車の自動車税も、2012年3月31日まで軽減されています。
軽減期間は、2010・2011年度中に新車新規登録した場合には、翌年度分が軽減されます。
これらの減税措置に加えて、2009年4月~2010年9月30日の予定で新規登録車対象で環境対応車の購入・買い換え促進のためのエコカー補助金制度がありました。
ただし、補助金の予算を期限前に使い切ったため、事業用エコカー補助金は2010年8月3日、自家用のエコカー補助金も2010年9月7日に申請終了となっています。
上手にこれらの軽減措置において、環境にいい自動車を利用したいものです。
国土交通省や自動車メーカーのホームページで対象車を確認することができます。
購入する自動車がエコカー減税の対象になるかどうか、事前に確かめてから購入するようにしましょう。

エコカー減税の対象車とは


エコカー減税はどのような自動車が対象となっているのでしょうか。
対象になる自動車の種類を説明ください。
1.電気自動車
燃料電池自動車を含みます。
2.天然ガス自動車
車両総重量3.5t以下の場合:低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)にあたっている自動車
車両総重量3.5t超の場合:重量車☆(NOx)にあたっている自動車
3.プラグインハイブリッド自動車
4.ハイブリッド自動車
車両総重量3.5t以下の場合:低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)かつ燃費基準+25%以上達成
車両総重量3.5t超の場合:重量車☆(NOx又はPM)かつ重量車燃費基準達成している自動車
5.ディーゼル自動車
車両総重量3.5t以下の場合:クリーンディーゼル乗用車
車両総重量3.5t超の場合:重量車☆(NOxないしはPM)かつ重量車燃費基準達成している自動車、若しくは平成21年自動車排出ガス規制に適合し重量車燃費基準達成している自動車
6.低燃費かつ低排出ガス認定自動車
・低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)かつ燃費基準+25%達成
・低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)かつ燃費基準+20%達成
・低排出ガス車認定75%低減レベル(☆☆☆☆)かつ燃費基準+15%達成
7.車両総重量2.5t超3.5t以下のトラック・バス等で基準をクリアしているディーゼル自動車及びガソリン自動車
対象車の中けれども車両総重量によって低排出ガス認定低減レベルや燃費基準が設定されているので、その基準をクリアしていないとエコカー減税の対象にはなりません。

エコカー減税はどれだけ安くなるか


エコカー減税は環境性能によって自動車重量税・自動車取得税が大幅に軽減されます。
すでに購入済みの環境対応車も期間内の車検ら自動車重量税が減免されます。
電気自動車やプラグインハイブリッド自動車、基準を満たす天然ガス自動車・ハイブリッド自動車・ディーゼル自動車の重量税は免税となります。
新車の場合は取得税も免税となります。
この他の対象車の重量税・取得税は、基準に応じて75%または50%軽減されます。
中古車の取得税も基準に応じて軽減されますが、軽減措置のないものもあります。
自動車によって減免内容や金額が異なるので、購入する際には確認して購入することが大切です。
どんどん自動車税のグリーン化によって対象車の自動車税も軽減されます。
たとえば、トヨタのプリウスLの場合、重量税は約22,500円、取得税は約87,800円減税となります。
約110,300円の減税は大きいですね。
二度と、翌年度の自動車税も約19,500円減税となります。
エコカー補助金は13年経過した車を基準に適応した新車に買い換える場合、登録車なら25万円・軽自動車12万5千円の補助がありました。
それ以外は、基準に適応した新車に買い換える場合、登録車なら10万円・軽自動車5万円の補助がありましたが、この補助金は2010年9月7日に補助金がなくなり打ち切られました。
自動車を購入する際には、エコカー減税でどれだけ安くなるかを考え、手続きを忘れないようにしてかしこく利用しましょう。