太陽光発電と売電<設置の動機1> 

18693682

太陽光発電と売電に関する一般の人たちの関心がいまいち高くないのは、日本の国のエネルギー問題を深刻に捉えていないこともおっきい理由のひとつでしょう。
先にも述べましたように、関心はあるものの近所に太陽光発電システムを取り付けている人が殆んど乏しいことで、自分だが初めて貼ることにどうしても抵抗を考えるということはよく仰ることです。
つけるか何とかの最初の発端は、太陽光発電システムの販売会社からの電話での問い合わせ、あるいは関連企業からのセールスエンジニアの訪問案内があります。
そのときの最初の話し合いによって、急遽関心が無いと言って断られるケースが多いようです。
但し、セースルエンジニアの説明内容によって、太陽光発電システムをくっつけると売電もできて毎月の収入アップに陥ることが強調されて、それなら先ずは検討のみということで進められることもあるものです。
先述のような毎月の電気代とか最も重要な屋根の形状などなどを調べてから、きわめておおまかな設備費とか毎月の収入などをその場で説明なることもありますし、後日正式の文書やグラフそうして屋根への設置形状の図面などが提出されてから、具体的な説明に上ることもあります。
顧客としては、説明を訊くのが主婦のみであったり、夫婦揃ってのこともあったりするでしょう。
関心がもたれるのは、ともかく毎月の売電による収入のアップのほかに、省エネルギーに罹ることのメリットなどなどが言えるでしょうが、故障とかメンテナンスのことへの質問が多いものです。