不動産会社訪問

9920547

希望する不動産の条件が決まったら不動産会社へ行きます。
事前に情報検索していた際に希望する条件の物件が見つかっていれば、それを取り扱っている不動産会社へ行きます。
希望する条件の物件が無かった場合はそれほど間近い物件の情報を所持していた不動産会社へ行きます。
事前にメールや電話などで訪問連絡をしてから行った方がいいです。
本当に不動産会社を訪れてももはやその物件は売れてしまっていたり不動産会社が休みで見られなかったりすることがあるからです。
不動産会社ごとに得意としているエリアや間奪い取りタイプなどが決まっていることが多いです。
どこの不動産会社にしたらいいのか考え込む場合は、希望しているエリアや希望している間取りの物件をたくさん取り扱っている不動産会社にするとあなたが希望する情報をたくさん所持している可能性が高いです。
不動産会社に行ったら最初に所定の用紙に要を記入していきます。
氏名や住所、連絡先、希望する物件に関しての条件、入居予定日などです。
この情報を元に不動産会社は該当する物件資料を用意して貰える。
資料をみて気になるものがあれば、正に現地に赴いて見学することができます。
この資料から多くの情報をゲットして効率よく見学するように物件を絞り込むことが大切です。
物件資料から貰える情報としては、部屋の種類と広さ、収納、窓、水まわり、方位、バルコニーなどです。
見るポイントとしては、部屋が洋室なのか和室なのか、それぞれの広さはどれくらいなのか。
収納は押入れなのかクローゼットなのか大きさはどれくらいなのか、数はいくつあるのか。
方位で部屋の方角を見て南向きなのか日当たりはどうなのか洗濯ものを乾かすバルコニーはどちらを向いているのか。
トイレや浴室、台所などの水まわりは一部分にまとまっているのか、独立型かユニットか、洗濯機を置く場所はあるのか。
開閉できる窓はいくつあるのか、窓の前に障害ものは無いのかは現地確認。
おおよそ事前の資料からここまでの情報を取りこみあとは現地で実ものをチェックします。

現地チェック

愛する不動産物件を現地に見に行った場合のチェック項目です。
事前に資料で得ていた情報から読み取ったものと、現地の状況を確認しながらチェックしていきます。
事前情報の間取図の段階ではわからなかった場所に梁がでていたり、天井が思っていたよりも低かったり、日当たりの状況などは実際に見てみないとわかりません。
収納などに関しても事前にあることはわかってもどれくらいの広さでどれくらいの収納ができるものか見ないと把握できません。
窓を開けてみて目の前に景色を阻害するものはないか、また周辺から覗かれるような場所はないか、泥棒が入りやすいような足場はないかなどもチェックします。
状況についても騒音や日当たり、ネオンなど昼と夜の両方チェックした方がいいです。
気に入って目星を擦り込みた不動産物件があれば、実際に冷蔵庫やベッド、食器棚、タンスなど大型家電をどこに置くのかイメージして下さい。
また筆記用具とメジャーを持参して赴き、部屋の広さ、窓の高さ、収納の広さなどを採寸して間取図に書き込んで行くとあとから配置を考えるとき、家具などを購入するときに役立ちます。
マンションなどの場合は共有部分のチェックも必要です。
玄関や廊下などがきれいにされているか、蛍光灯など共有部分の電気が切れていないか、自転車置き場はあるか、エレベーターはあるか、ゴミ置き場の管理はきちんとされているか、セキュリティはしっかりしているかなどです。
状況は実際に駅から現地まで素足で歩いて確認してみるといいです。
昼と夜確認して夜極端に暗くなって治安の悪賢い場所はないか、交通量や人通りの多さは何とかなどをみます。
バスや電車などの本数や終電、終バスの時刻などもチェックします。

契約

ここまで調べたらあとは今までの集めた情報を元に気に入る不動産物件を決めて申し込みの手続きを行います。
申込みは不動産会社に連絡して手続きを行います。
所定の用紙に記入して提出します。
記入する内容は氏名、住所、携帯などの他に勤務先、年収、連帯保証人の氏名や携帯などです。
連帯保証人は不動産契約の前に決めておくことが必要です。
申込みする時々申込金が必要になります。
申込金は契約を正式に交わすまでの間に預け入れる一時金それで、契約しても契約しなくても最終的には返却されるお金です。
預り証をきっちり受け取っておくようにしましょう。
不動産会社はこれらの情報を元に家賃やローンなどの支払い能力があるか審査を行います。
審査は数日でおわりし、これが終われば契約となります。
契約の際には様々な書類が必要になります。
住民票や印鑑証明、連帯保証人の同意書、源泉徴収票などがあります。
事前に不動産会社に確認しておきます。
賃貸部屋の場合、契約の際に必要となるお金はきっと家賃の4~半年分です。
敷金、礼金、仲介手数料などが必要になるからです。
この分も加味してお金を用意しておきましょう。
契約の際には重要事項説明書を一概に読んで、特約事項についてもきちんと確認しておきましょう。
サインしてしまってから文句を言ってものろいのです。
退去ところ契約金の返却トラブルなどにならないようにきちんと読んで理解しておいて下さい。
厳しい言葉でかかれているのでわからないことは必ずしも恥ずかしくありません。
不明な点はきっちり不動産会社に確認するようにしてください。