契約前に確認しておく事


見積書を確認し、打ち合わせを通じて、最適と判断した場合は、その会社と契約を交わす事になります。
ただ、この契約はかなり慎重に行わなくてはなりません。
一度契約してしまうと、それを破棄するのはかなり耐え難いからです。
安易に契約を交わすのではなく、慎重にチェックすべき項目を見定め、確認を行いましょう。
住宅リフォームを行う上で必要な確認は多数ありますが、見落しがちなのがアフターメンテナンスや保証制度です。
本当に施工を通じてもらい、リフォームが終了した時点では、何だか使い勝手まではわからないものです。
数ヶ月、あるいは1年といった期間利用してやっと顕れるアラというものがあります。
それが見えてきた時点で業者に指摘を通じても、その時にはもはや我関せず…などという会社とは契約したくありませんね。
その為にも、最低でも構造部分は5年くらいの保証を通じている所を選ぶべきです。
アフターケアがしっかりしていない会社というのは、主として施工にも手抜きを行う所が多いので、必ずチェックするようにしましょう。
また、住宅リフォームにおいてトラブルに発展する事が多いのは、強引な契約です。
こちらがいまだに態度をはっきりさせていないのに、いつの間にか契約を交わされていたという問題がとっても頻発しています。
強引な契約はクーリングオフの対象となるのですが、この制度は8日以内という条件があります。
悪徳業者に騙されない為にも、契約前、あるいは契約直後にはしっかりしたチェックが必要なのです。

施工中に注意する事


無事契約まで済ませ、現に工事が始まってしまうと、後はリフォーム業者に全てお任せ、としてがちです。
但し、実際には施工中もする事はあります。
初めて、施工が始まる前には、自分で周囲のもの品に関してしっかりと保護しておきましょう。
工事中は、業者が勝手にものを取り回す事も多々あります。
もしも、大事なものを工事を行う場所に置いていれば、本当にリフォームおわりとなった後にそれの置き場所がわからなく患うという事もあります。
必要品は予め別の場所に移動させておきましょう。
また、施工中には家の前にたくさんの車が駐車する事になります。
それが原因でご近所トラブルになるケースも少なくありません。
住宅リフォームの場合、一軒家で土地も広ければ問題ないのですが、そうでない場合は大掛かりな工事の際に多数の車両が密集する事になります。
そういった場合は、あらかじめ近所の人たちに住宅リフォームを行う旨を伝えておきましょう。
事前に挨拶があるのと乏しいのとでは大きな違いがあります。
優良なリフォーム会社の場合は、率先して会社の人がやってくれますが、できれば自らも行動するのが良いでしょう。
施工中は、全然現場をまごまごすると邪魔になってしまいますが、ある程度進度やリフォームの状態を自分の目で確認する必要があります。
いくら打ち合わせを綿密にしても、意図が伝わっておらず自分の思っていた形にならないに関してはあります。
それを未然に防ぐ為にも、眼を光らせておく必要があるのです。

契約書の確認は重要


見積りの確認がおわり、あとは本当に契約を残すのみとなった場合けれども、注意すべき点はいくつもあります。
本当に一際重要なのは、工事内容に関する契約書の作成です。
殊に重要なのは、修理等のちっちゃな住宅リフォームですね。
こういったリフォームを行う際、よく地元の工務店等に依頼するケースが数多く、顔見知りの場合は口約束で契約しがちです。
ですが、そういったケースがよくトラブルに発展してしまいます。
口約束による契約ほど、危険なものはありません。
仮に、万が一施工がいい加減だったり、自分の意図しているものとは全く違う仕上がりになったりしてしまった場合、契約書さえあればやり直しや賠償金の請求を行う事ができます。
無論、契約内容にそれらの事項が盛り込まれている事が条件ですが、せめててんで何も無しに関してにはならないはずです。
但し、口約束の場合は、法的な保障が何も無い為、もし満足のいかないリフォームであっても、それで納得せざるを得なくなってしまいます。
住宅は一生の大半、あるいは一生そのものの生活基盤です。
その一部が、契約書を交わさなかったという理由だけで台無しになってしまうのは、無性にもったいないですね。
また、契約書を作成する際にも、チェックは必要です。
契約内容に関して、堅い文章が長く並んでいる事から、あまり読みたがらない人も多いようです。
ただし、実際にはしっかりと読んでおかなければ、後々後悔する事になるかもしれません。
とにかく契約約款は重要です。

契約約款のチェック点


契約約款は、契約書の中けれども別に注意してチェックを行う必要がある項目です。
住宅リフォームの契約においては、最も重要な部分となります。
では、そのチェック部分について見ていきましょう。
取り敢えず、工事の変更に関してです。
工事の変更は、リフォームでは再三発生します。
但し、これによって工期が延びた場合の協議に関しては、通常依頼人と会社が話し合いを行う事になります。
こういう内容をしっかり記載しているかどうかを確認しましょう。
上記のような工期延長の場合、日程もそうですが代金の変更という事もあり得ます。
仮に、初期の見積りから追加されるようなら、場合によっては用意できない可能性もあります。
こういう事態にならないよう、代金はどういった場合に変更可能かという点を予め決めなくてはなりません。
契約約款では、代金の変更が如何なる場合のみ許されるか等の記載がされているので、確認しておきましょう。
工事が遅延した場合、明らかに業者側の原因の場合は遅延損害金を買う事ができます。
但し、これも契約約款に従って行なう必要があるので、お先にチェックしておかなくてはなりません。
そうして最も重要なのは、瑕疵担保責任とトラブル解決方法です。
前者は、施工終了後に欠陥が見つかった際、いかなる保証を行うかという内容になります。
後者はトラブルが発生した場合、いかなる期間に仲裁を行ってもらうかというものです。
いずれも住宅リフォームにおいて非常に肝なので、記載があるか、いかなる内容かをチェックしておきましょう。