新築か中古か

9884648

不動産のうち建ものを購入しようと考えた場合、新築がいいのか中古がいいのか。
断固新築の方が何もかも新しくてガツガツだからいいという人もいれば、予算の問題もあるため中古けれどもお得な物件があるという人もいておしなべてどちらが相応しいとは言えません。
不動産情報を入手する際にもどちらを選ぶか決めていないと自分が捜し求める物件情報を手に入れることはできません。
ここでは新築と中古それぞれの特徴を紹介します。
ともかく不動産購入の際に重視するポイントとして「立地」があります。
駅近くや繁華街など立地条件がいいのはそれほど中古物件の方が多いです。
昔からの家が建ってしまっていて目新しい物件は郊外に建てられる場合が多いからです。
ただし最近では駅前再開発などのプロジェクトにより、新たに新築のマンションが建てられているケースもあります。
駅近くがいいのかスーパー近くがいいのか学校の近く、会社の近く、何を重視するのか考えてみましょう。
次に物件の「広さ」についてです。
マンションの場合、最近建てられた物件の方が専有面積は大きいです。
昔の物件だとおそらく50平方メートルくらいが主流ですが、最近の物件では70平方メートルが主流となっています。
一戸建ての場合、昔も今も関係なく建ものはその土地面積によって大きさが押しなべて仕上がるため面積に差はありません。
次は「間とり」についてです。
間取り去りは一戸建ての場合もマンションの場合も新築の方がバリエーションに富んでいます。
古いものはある程度決まった間奪い取りを通じていて同じサービスになっています。
また最近ではLDKが当たり前になっていますが、一昔前の物件ではDKが主流となっています。
中古物件はリフォームしてお好みの間取りに変更することも可能です。
次は「設備」についてです。
最近の住宅設備では、食器乾燥機や浴室乾燥機、床暖房、火災報知器などの人気設備が当たり間のように付いています。
利用者の要望に答えたもので実にこれらがついている物件が人気を集めています。
中古の場合は後付けすることになりますが、付けられるタイプと無理なものがあるため事前に確認が必要です。
設備は年々進化しているため初々しい方がさすが可愛いものになります。

新築か中古か 2・状況とその住人たち

再度新築か中古か不動産を比較する際にポイントとなるのが、状況とその住人たちです。
不動産を検索する際に感じ取るのが断然状況です。
新興住宅街で目新しい家ばかりが並んでいる街では、住人も全て目新しい人ばかりなので比較的溶け込み易いです。
中古物件の場合、周囲はかねてから住んでいる人ばかりなので、初々しい人が潜り込むのには時間がかかると思います。
ただし中古物件の場合は街づくりがもう出来上がっているために町内整備などもきちんとされていて、決められたことに従えば嬉しいというところもあります。
どちらの住み心地がいいと受取るかは人それぞれです。
このような情報も事前に不動産を見い出す際に確認しておかなければならない重要なポイントです。
新築のマンションや分譲地などの場合、入居する家族の世代もそこそこ同じになりやすく生活レベルが見合うという利点もあります。
また一斉に入居するので全ての人が友達作りを開始する時期が同じで、子供も親も友達が作りやすい環境にあります。
中古物件の場合は今や近所の中で人間関係が出来ている中に、新たに自分だけが入らないといけないため積極的に自分から入っていくことが必要です。
こちらの場合は事前に隣人がいかなる人なのか情報を入手することが出来るという利点があります。
また不動産物件をアレンジしたい場合、新築ならば業者が施工する前段階で購入を検討していれば要望もできますが、完成後日はできません。
事前の速い段階であれば、ドアや壁紙、カラー、オプション設備など要望に答えて受け取る業者も多いです。
中古物件の場合は、リフォームすれば宜しいためアレンジは自由にできます。
しかし中古マンションの場合は規約があるためその度合いにおいてしかできません。

新築か中古か 3・購入金額

新築物件、中古物件では購入金額はどちらがお得になるのでしょうか。
事前に不動産情報を検索する際も、購入予算を入力して自分のほしい情報を絞り込みます。
おんなじ予算で新築と中古どちらが一層いい不動産物件が手に入るのか悩むところでもあります。
当たり前のことだが、一戸建ての場合もマンションの場合も立地条件や広さなどが同じ条件ならば新築の方が購入金額は高くなります。
そうして築年数に比例して中古はザクザク安くなります。
ただ中古物件の中それでも管理が行き届いてあり資産価値が維持されているものはそれ程新築との価格差がないものもあります。
考え方としてはそれほど金額に差が無いのであれば新築にするのか、あるいは中古物件を購入してその価格差分で我ら好みにリフォームするのかというところです。
忘れてならないこととして、不動産を購入するときは、不動産の購入予算の中に諸費用も加味しておかなければなりません。
新築物件においてはおおむね物件価格の3%~5%が諸費用として必要なります。
また中古物件においては概ね物件価格の5%~8%が諸費用として必要になります。
これは登記費用や契約書に付ける印紙代、ローン保証料等様々なものが含まれています。
中古物件の場合はこれにプラスして不動産会社に対して仲介手数料を支払わなければなりません。
新築物件の場合けれども仲介物件ならばこの仲介手数料が必要になります。
この仲介手数料は、「物件価格の3%+63,000円」必要です。