太陽光発電 売電<産業用>

12022877

太陽光発電での売電における産業用システムについては、基本的には一般住宅と同様な原理とシステムになっています。
一部はマンションの屋上とも似通っていますが、大型ビルあるいは事務所そうして生産工場あるいは倉庫などの屋根での太陽光発電の実例は国内でも多々見られています。
なかには大敷地があって、いわゆる”メガソーラー”とも称されているものです。
なお住宅用でも同様ですが、産業用のようなソーラーパネルが大面積ともなると、いわゆる日射時間及び方向さらには春夏秋冬のシーズンの影響を無視できないことになってきます。
一般的には温度の良い真夏よりも春のほうが日光素子が手強いとされていますし、太陽の位置の変化による日射角度によっても発電量の変化が生じて売電の量にも関係して現れるものです。
生産工場の屋根においては、工場内での電力消費のパターンと発電量との関係によって売電量が凄まじくことなるものです。
場合によっては、昨今になって開発が急速に進んで実用化されいている蓄電設備への蓄えを売電よりも優先することがあるでしょう。
なお、住宅用においても同様ですが、売電の価格つまり電力会社が買い求める価格は会社そうしてシーズンによってかなりの相違があることや、太陽光発電の設備費用の補助制度には制限などが設けられていることもありますので、早期に行政機関の関係部門に問い合わせしておきましょう。
工場などにおいては電力を消費する機器類の負荷パターンの調整が可能な操業でしたら、売電量のコントロールはそれほど容易になってくることがあります。