ハーレーの始まり


オートバイの王様、と言えば「ハーレーダビットソン」でしょう。
オートバイに詳しくない方それでも「ハーレーダビットソン」を知らない人は少ないですよね。
ハーレーダビットソンには100年もの歴史があります。
1903年、アメリカ中西部ウィスコンシン州にある都市「ミルウォーキー」で誕生しました。
ちょっと14平方メートル弱のちっちゃな木造工場の中で、「ウィリアム・シルヴェスター・ハーレー」が設計をし、友人の「アーサー・ダビッドソン」が鋳型作りを通じて、モーターサイクルエンジンの開発を行っていたのが始まりです。
アーサーの兄「ウォルター・ダビッドソン」がかかり、組み立てを担当して、記念やる「ハーレーダビッドソン第一号」が誕生したのです。
排気量は409cc、3馬力で、手製の単気筒エンジンを使用し、トマトの空き缶なども利用されて手作り感あふれるものでしたが、ハーレーの貴重な第一号だったのです。
その後、ダビッドソンの長男であるウィリアムが加わって、「ハーレーダビッドソン・モーターカンパニー」として会社が設立されます。
初代の社長にはウォルター氏が就任しています。
初めての注文は友人です。
2台目はフレームを黒塗りにし、叔母であるジャネット・ダビッドソンが「HARLEY-DAVIDSON」のロゴとストライプを燃料タンクに手描きしたものです。
1905年にはこの型のハーレーが8台生まれ、1906年には排気量を575cc、馬力は4へとアップさせたものを発売しています。
生産車数は50台と継ぎ足し、ますます1907年には170台にまで増加しています。
ハーレー社が広く成長する基盤が出来上がっていったのです。

日本「ハーレー」の始まり


100年もの歴史をもつ「ハーレーダビッドソン」。
1903年、アメリカのミルウォーキーで誕生し、確実に生産数を伸ばし、すごく成長していきました。
当初、ハーレーは「郵便」の手段として大きく利用されていて、アメリカの郵政省を中心とした9つの省で採用されていました。
ここから急速に社会に浸透していったのです。
現在では日本にも多くのファンを持つハーレーですが、日本に何とかハーレーがやって来たのはいつだったのでしょう。
日本にはじめてハーレーが持ち込まれたのは、意外に素早く1912年のことでした。
日本陸軍が軍用として輸入したのが始まりだったのです。
その後、1932年に三共製薬(旧陸王モーターサイクル)が、「陸王」のライセンス生産についてハーレーダビッドソン社と契約を行います。
「陸王」とは、三共製薬がハーレーダービッドソン社のライセンスを買って、国内で製造販売をしたバイクです。
生産したバイクは、国外へ持ち出さないという事を条件として、日本へ供与されたのです。
1934年、日本版ハーレーである「陸王」の第一号機が生まれます。
ですがその後、製造メーカーが倒産し、輸入販売のみとなりましたが、1989年、「ハーレーダビッドソン・ジャパン」が設立されて、正規販売が受け取るようになりました。
設立以降、個人平行輸入は減少して、現在では大規模な販路が確立されています。
日本全国、様々な場所で正規ディーラーを利用することができますね。
ディーラーにはそれぞれHOG(ハーレーオーナーズグループ)、通称「ホグ」チャプターが置かれていて、多くのハーレーファンに利用されています。

ハーレーの「音」の秘密


ハーレーダビッドソンの魅力の1つに、独特の「音」があります。
アイドリングの時に広がるエンジン音は、すぐにハーレーのものだと通じるでしょう。
バイクのエンジン音は「ドドドド・・・」というものだが、ハーレーの音は「ドドドッ、ドドドッ」と3拍子なのです。
この心悸にも迫る独特のリズム音を生み出しているのは、ハーレーの伝統的な「Vツイン・エンジン」です。
Vツイン・エンジンとは、2つの気筒が45度、Vの字に配置されているエンジンです。
「気筒」とは、ピストンの入った筒状のエンジンパーツで、「シリンダー」とも呼ばれています。
シリンダーの中のピストンが圧縮することによって、爆発し、排気されて動力となるのです。
気筒が2つある場合、1つのシリンダーが爆発している時、すでに1つのシリンダーは呼気しています。
ハーレーの場合は2つのシリンダーが45度の位置に配置されているので、1つのシリンダーの中で爆発が起こると、いよいよ1つのシリンダーの中ですぐに爆発が起こります。
この爆発のタイミングによって、ハーレー独特の3拍子の「音」が出来上がるのです。
ハーレーのエンジンの特徴は、このVツイン・エンジンと4ストローク、OHVです。
ストロークとは上下運動のことで、シリンダーの中のピストンが4回ストロークすることを意味しています。
OHVとは、「OVER HEAD VALVE(オーバーヘッドバルブ)の略で、バルブ駆動システムです。
この構造システムはとても古臭いものなのですが、ハーレーはこだわりを持って現在でも採用しています。
加速やスピードだけを追及するだけではなく、生きものという加速感や独特な振動を大切にするハーレーだからこその、こだわりなのですね。