土地の価値

16522970

土地を買ってから家を建てる場合、あるいは建売分譲を貰う場合、とも土地の価値によって価格が決まっています。
どういう土地がいいのか、土地の価格がどのように決められているのか分かることで理解できます。
掘り出しものの不動産を見つけたければでは不動産価値の決め方を情報として知っていることが大切です。
ひとまず不動産では、道路付きの土地、単に南側道路に面して日当たりのいい土地ほど価格が高くなります。
東側と西側は単に差はありません。
ただ南側と北側ならば、北側が5%~10%近く割安になっています。
グングンその土地から出入り可能な道路の数によっても価値が決まります。
一般的に土地は一つの道路に面しています。
角地などで2本の道路に面している土地は日当たりもよく開放感もあるので人気が高いです。
そのため価格も少し高めです。
土地に家を建てた場合の日照の良し悪しも広く関係しています。
実に家を建てたとき、隣接する土地との間に高低差があると、家を建ててもその高低差があることになります。
とくに南側に隣接している土地がそこの土地よりも低ければ日照がよく罹るため人気があり価格も高くなります。
土地の形状によっても価値は決まります。
一般的に土地の形は正方形や長方形です。
それ以外の変形地については、そこに組み上げる不動産に対しても設計の工夫が必要になってくるので建築費が高くなることもあります。
上手くデッドスペースを工夫することができれば、変形地がお得になることもあります。
住宅を組み上げる場合目の前の道路幅は4m以上必要です。
基本的には5m~6mがベストです。
この道路幅員が細いところは価格が安くなっています。
当然のことながら土地の坪数が広ければ広いほど価格は高くなります。
また高低差が弱いフラットな土地の方が価値は高くなります。
以上のような土地の価値情報を知った上で選ぶと土地選びに失敗しません。

住宅動向

一体全体今は不動産の買い時なのか売り時なのか、惜しくも待った方がいいのか不動産のプロたちの意見を聞いてみました。
不動産は不況と好況どちらが買い時なのか、景気と住宅購入の関係を考えてみます。
ひとまず不動産物件の価格は好況のときは高くなり、不況のとき不動産の地価自体が後ずさるため安くなります。
住宅ローンなどの金利は好況のときはのぼり、不況のときは下がります。
政府が出す税制優遇は好況のときは不動産購入者も多いため優遇は少なくなります、不況のときは購入を促進するために優遇を多くします。
家計は好況のときのほうが給与もボーナスもいいので激しく、不況のときは収入がダウンするため厳しくなります。
このような情報から考えると、不況のときのほうが不動産の購入条件が良くなるということがわかります。
好況のときは収入が加わるので消費者が購入しようという気持ちになって意欲は高くなりますが、条件は良くありません。
今が不動産の購入環境がいいかどうにか判断するものとして、ポイントは次の4つです。
それは住宅の価格とその物件の数、住宅ローン金利と政府の税制優遇です。
これらの情報を得て動向を見ていればわかります。
不況の場合土地や建ものの価値が下がり、それを購入して住宅を新たに建てている場合もあり、住宅価格は低水準を続けます。
但し最近では物件を譲り渡す人も多く中古物件が溢れていて新築物件も減ってきています。
住むエリアに重点を置くのならばお得に中古物件を購入することもひとつの手段です。
不況ですが、税制優遇に低い金利、価格の引き下げと住宅を購入するには良い時期だと思います。

予算

マイホームは人生のうちで大きな買いものの一つになります。
マイホームを探し出す場合、とにかく考えなければならないことは予算とその資金繰りについてです。
住宅ローンについて覚え無理なくかしこい資金プランを考えるようにしてください。
ここでは資金繰りに役立つ情報をご紹介します。
住宅や土地など不動産を購入するとき、必要となる頭金は少なくてもその不動産価格の2割以上必要です。
なぜならば住宅ローンを取り扱っている金融機関では、その多くが住宅などの不動産価格の約8割を上限として貸し出ししているからです。
金融機関によってはしばし大きい割合で貸し出ししているところもあります。
但し資金繰りの考え方としては、できる限り頭金を数多くして多少なりとも住宅ローンを燃やすことが一番です。
二度とこの頭金とは特に予備費を用意しておかなければなりません。
これは不動産取得税や火災保険や地震保険といった掛け金、ローン手数料、登録料などの諸経費に必要となるからです。
新居で一般に価格の3%~5%、中古住宅で5%~10%目安なので、自己資金は先程の頭金と合わせて住宅価格の25%~30%必要になるわけです。
無論引越し費用や、新居によって家電製品も購入することになるでしょうからこれらのお金も必要です。
住宅ローンについては、いくらくらいまでなら借りても大丈夫なのか、無理なく戻せるかを考えて借ります。
一般的に言うと年収の25%以内にローンの年額返済額を納めるといいです。
毎月の支出額を計算して、返済可能額を算出するようにしましょう。
この情報を元に返済年数、利率を計算してローン借入限度額を割り出し、一段と頭金の金額を足した金額が住宅購入予算となります。