現金化にはどんな種類が有るのでしょうか


現金化をする際ですがいくつかやり方に種類があるそうです。
どうして言った種類で如何なる違いが有るのか説明してみましょう。
先ずは「買取」という種類になります。
主な例としてはブランド品や貴金属という有る程度価値があるものを指定されたお店もしくは別なお店でクレジットカードによって購入します。
購入した商品を携帯して現金化業者に行き、その商品を買い取ってもらうという方法になります。
この場合の換金率は60~70%程と言われていますのでいまいち良いお金にはなりません。
悪徳業者に引っかかった場合、もっと換金率が悪くなる可能性も有りますので注意しましょう。
次は「キャッシュバック」という種類になります。
これはクレジットカードによって購入した商品と同じタイミングで景品として現金を受け取るシステムになっています。
お店で何かを買った時に景品としてものを貰う場合が有りますよね。
この物が現金に変わっているというだけの話なのです。
こんな方法を取っている業者がとっても今は多いそうなのです。
店舗としては実際の店舗とオンラインときの店舗と2種類存在しています。
この店舗についてですが実際に店舗を構えている業者は何かと経費がかかっていますよね。
家賃や光熱費なんかその類です。
ですから店舗を構えている業者での換金率はちょっと低めの所が多い様です。
それに対してネットに開店している業者は経費が至極抑えられるので換金率もおっきいと言って良いでしょう。
とはいうもののインターネット上で顔が見えない相手との取引は不安も危険も有りますので、どっちが良いか利用する別途充分に検討する必要が有ります。

悪徳業者の手口

心残り事ですがクレジットカードを現金化して受け取る業者の中には悪徳業者もいます。
利用する際にはこれらを見極めなければなりません。
どういう方法で行われているのか悪徳業者が使っている手口をご紹介したいと思います。
先ずは「買い叩き」という手口です。
宣伝時折還元率90%という様に良い事を謳っていますが、真に利用した際には30~半数という様な有り得ない位小さい還元率で買い取るという手口になります。
これは真に商品を業者から購入した後に行われますのでどうにもないかもしれません。
文句を言ったとしても「この金額で納得できないなら現金化はしない。
」と言われてしまうのが落ちです。
こう言った手口を使う悪徳業者がいるのです。
次は「有り得ない手数料を採り入れる」という手口です。
やっている事は先程紹介した「買い叩き」と同じ様な事なのですが、色んな理由を付けて手数料を差し引いていきます。
キャッシュバック率が90%と謳っていても色んな手数料が付けられて結果30~半数という金額になってしまったという様な手口によっている業者がいるのです。
最後は「弱みに付け込む」という手口です。
クレジットカードの現金化するという事は、大いにお金に困っているという事です。
こんな弱みに付け込んで消費者金融に紹介するという業者がいます。
業者は客を紹介した代わりに手数料をもらうという仕組みになっています。
紹介された利用者はなのでお金を借りてしまい借金地獄に・・・。
という様になって仕舞う可能性も出てくるのです。

クレジットカードを現金化する場合の注意点2


ここでもクレジットカードのショッピング部分の金額を現金化するときのファクターを挙げてみたいと思います。
先ずは現金化会社から購入した商品は本当に受け取りましょうという事です。
キャッシュバック方式を取っている業者の場合、現金は商品購入時の景品という扱いを通じているので、商品を受け取る感じタイミングで現金を受け取る事になります。
商品自体が必要じゃなくても、商品を受け取ったときの景品という扱いになっていますので必ず商品は受ける様にください。
この時点では商品の威光はクレジットカード会社に有りますので、返済が仕上げるまでは保管しておくのがベストです。
次は現金化する時に使うクレジットカードですが、とにかく自分名義のものを使う様にください。
家族名義のカードを勝手に取り扱う場合、いくら家族でも犯罪になる事になります。
万が一悪徳業者に引っかかってしまった場合、トラブルに巻き込まれて仕舞う可能性も出てきます。
また、クレジットカードを預けてくれという業者も有りますがこれは絶対に止めましょう。
最後は現金化した後の返済について考えておく事が大切です。
現金化したお金を返済するのはクレジットカード会社に対してです。
現金化業者に対して返済するのでは有りません。
当然の事ですが返済が滞れば信用を失う事になります。
現金が必要だからと安易に利用するのではなく、返済の事も充分に考えて利用出来る範囲内で現金化する事が大切なのです。