クレジットカード現金化のデメリット2


ショッピング部分の金額を利用してクレジットカードの現金化を通じていただける業者がいますが、利用するにはデメリットが有る事も忘れてはいけません。
いくつかデメリット部分を紹介したいと思います。
デメリット部分を避けて安心安全な利用が出来る様に心がけましょう。
【クレジットカードが無いと現金化できない】
これは大前提ですね。
現金化業者が「専業主婦もOK、無職の方けれどもOK」と謳っているとしてもクレジットカードを所有していないのでは話になりません。
現金化をする場合はクレジットカードを所有していなければならないというデメリットが有ります。
【悪徳業者もいます】
現金化してもらえる業者は、素晴らしい業者ばかりでは有りません。
中には悪徳業者も確実に存在しているのです。
クレジットカードを利用してショッピング部分の金額を現金化する場合、その会社の利益を考えても高くて還元率は90%が限界の所です。
これは法律でも決まっている事だそうです。
ただし、中には還元率95%以上を謳っている業者がいます。
一見潔癖な業者に見えますが、これは明らかに違法ですしヤミ金である可能性が非常に高いですので絶対に利用しないようにして下さい。
また、システムとして購入した商品を返品して、返品金額を受け取るという現金化システムを導入している所も有りますが、購入した商品は返品する必要は有りません。
詐欺に値するかもしれませんので利用する場合は充分に注意して下さい。

クレジットカードの現金化を利用している人

何でクレジットカードのショッピング部分の金額を現金化してまでお金が借りたいのかと言うと、お金が必要になっているでも色んな手続きや審査が面倒、受かるかも思い付か、来店するのも避けたいという方が多い様なのです。
こう言った理由にはお金が急に必要になったとか、キャッシングが出来なくなったとかいう人が多いそうです。
では、どういう人が現金化という手段を取っているのでしょうか。
わずか挙げてみたいと思います。
・キャッシングの限度額まで利用していて、他にキャッシングが出来ない状況になった人。
・家族に秘密にしたまま現金を借りたい人。
・低い金利でキャッシングが望む人。
・消費者金融からの借り入れはしたくないとしている人。
・クレジットカードのポイントが欲しい人。
等と言った所だと思います。
勿論お金が要り用になったという事が第一条件だと思いますが、そういった方達がクレジットカードの現金化を主にしている人達ではないかと考えられます。
クレジットカード会社を使っている事で、今までとおんなじ感覚で現金化している人も中にはいるかもしれませんね。
安易に借りる事は求めませんし、借り去る事も返済を考えると求められません。
お金を借りる場合は個々に様々な事情が在ると思いますが、現金化する時はよく考えた上で利用する事、現金化する前に解決する糸口はないのか考える事、こう言った事が必要だと思うのです。
よく考えてとにかく利用する様にください。

現金化に対して費用はかかるのでしょうか


基本的にはクレジットカードとしてショッピング部分の金額を現金化するのに費用が繋がる事は有り得ません。
もしもかかるとしたらクレジットカードの年会費が必要になる等、クレジットカード会社に対しての費用が鳴るかもしれません。
現金化する別途利用するクレジットカードの特徴をよく調べた上で扱う必要が見て取れるというのです。
もしも注意するからには次の様な事と言えます。
クレジットカードの加盟店はクレジットカード会社に対して売り上げの3%位の金額を手数料として払う契約を通じています。
これは加盟店が支払うものですのでこちら利用者には関係の薄い話です。
そう言った事を利用して現金化に対する還元率も考慮されているのです。
ですから万が一この手数料部分を徴収してくる会社が有ったとしたならば、その会社は止めた方が良いかもしれません。
少し前はよく有った様ですが、最近では取り締まりも厳しくなってきた為にこういう会社は少なくなってきているようです。
仮に費用がかかるとしたらクレジットカード自体の年会費と先程書きました。
全部のクレジットカードに対して年会費が鳴るものまずは有りません。
年会費が必要なカード、必要じゃないカードが有ります。
年会費が有る無しでサービスの度合いが違ったり、ポイントの付与率が違ったりしてきます。
そういったサービス等が必要であれば年会費有りのカードを契約するのも有りでしょう。
こんな場合には費用がかかるという事になります。
クレジットカード自体を契約するときにはしげしげと考慮して契約する様にください。