アメックスのプラチナカード


所持者が非常に乏しい、アメックスプラチナカード。
あなたの周りには、このカードを持っているかたがいらっしゃいますか。
一般のかたがたにとって、このプラチナカードの全貌はどうしても受け分かることが出来ません。
周りに持っているかたがいらっしゃれば、そのかたから聴くことが出来るでしょうが、持っているかたが少ないので必然的に情報が行き渡らないということになります。
その原因として、アメックスプラチナカードを所持するためには、とにかくゴールドカードを持たなくてはなりません。
プラチナカードが欲しいからと言って、突如プラチナカードを申請することは出来ないのです。
ゴールドカードをしばらく使用していて、その毎月のご利用額や、充分返済されているかどうかなどを長期にわたって調査したうえで、アメリカン・エキスプレス社のほうから、インビテーション(招待状)が近づくという仕組みになっているわけなんですね。
その、インビテーションが送られてきたかたでなければ、アメックスプラチナカードを持つことが出来ないのです。
ですので、再び一層、ステータスの大きいカードということになるでしょう。
ゴールドカードまででしたら、どなたでも申込みが出来ますし、審査基準を満たしていればどなたでも持つことが出来ますが、プラチナカードはアメックスのほうから、選ばれた人だけが持てるカードということになりますからね。
それだけの凄いサービスと優待が用意されているのでしょうが、その分、年会費も急遽グンと高くなります。
アメックスプラチナカードの年会費は、105000円です。
クレジットカードの年会費として、これだけの金額をすんなり買えるようなかたが持つにふさわしいカードということけれどもあるのでしょう。

アメックスのブラックカード

クレジットカードのゴールドカードというのは、どこのクレジットカード会社でも概ね発行していますから、どなたでもご存じでしょう。
但し、ブラックカードというクレジットカードを聞いたことがありますでしょうか。
ブラックカードは、今のところごく少数のクレジットカード会社が発行していますが、アメックスもそのひとつです。
ただ、アメックスでブラックカードと呼ばれているのは飽くまでも通称であって、本来は「センチュリオンカード」と呼ばれています。
これは、プラチナカードよりも再びランクが上のカードですから、やっぱインビテーションが必要です。
アメリカン・エキスプレス社のほうが、このカードを持つにふさわしい人ものを選ぶわけですね。
このカードの実ものを見たことがあるかたはいらっしゃいますか。
プラチナカードよりもどんどん少数のかたしか持ち歩いていないカードです。
アメックスの方それでも、日本国内においては、公に告知してはいません。
このブラックカードの年会費ですが、数年前にさっさと倍ちかく値上がりになり、現在は誠に36万7500円になりました。
このくらいの年会費にもなりますと、とっくに一般のかたが見栄などで持てる金額ではありませんよね。
何故、一気に2倍もの価格に跳ね上がったのかといいますと、日本がこれまで極端に安価であったため、世界レベルの年会費に引き上げたということです。
このブラックカードにつきましては、年収の高さも勿論ではありますが、月額のご利用料金が全然高額なかたでないとインビテーションが欠けるそうです。
そうして、ブラックカードが持てたら、更にご利用限度額はなくなるのだそうです。
もう一度1年365日、24時間体制でホテルの予約や切符の手配などをしてくれて、驚くべきことには、買いものの代行までできるそうですよ。
ブラックカードが持てる身分になってみたいものですね。

アメックスのビジネスゴールドカード


アメックスには、意外と知られていない「会社ゴールドカード」というゴールドカードもあります。
このカードに申込みが出来るのは、個人事業主のかたや、法人格のある法人代表者のかた、そして、医師や弁護士などの専業有資格者のかたなどです。
ですから、もしもあなたが、これらのどれかに当たるのでしたら、普通のゴールドカードよりも、こちらの会社ゴールドカードのほうが、より良いかもしれません。
基本的には、アメックスの普通のゴールドカードとサービスは同じですが、会社ゴールドカードだけのサービスというのもございます。
たとえば、1年間のご利用金額が200万円以上の場合には、次年度の年会費が無料となります。
会社ゴールドカードの年会費も、普通のゴールドカードと同じ27300円ですから、これがまるっきり無料になるのは、良いことですよね。
会社で利用すれば200万円などあっという間だと思いますので、会社ゴールドカードはお勧めです。
また、会社ゴールドカードを所持している社員全員分の利用金額や、利用した店名、業種を日付順に記載した毎月の明細書を出してくれるサービスもあります。
このサービスを利用すれば、接待や出張などの経費の使い道や、仕分けのチェックが簡単に出来るため、経費を明白に把握することが出来ます。
ひいては、東京商工リサーチ企業情報や帝国データバンク企業情報などの、多種多様な会社情報をオンラインで入手することができますので、お客様の情報ですとか市場動向、そしてマーケッティング情報をも分かることが可能だから、会社の道具として扱うことが出来ますね。
アメックス会社ゴールドカード・・・できるだけ検討して下さい。