ANAマイルを貯める為の秘訣


ANAマイレージシステムにおいてマイルを貯めるならば、効率よく蓄える事が大切となります。
その為の秘訣をいくつか挙げてみたいと思いますので、ぜひ参考にしてください。
【クレジットカードを使おう】
ANAマイレージを貯める為の基本的事としてはクレジットカードを使う事に有ります。
出来ればANAマイルが貯まりやすいクレジットカードを使う事で、上手に貯めて行く事が出来る様になります。
ただし何もかもカード払いを通していると困難事になりますので、その辺はしっかり計画を立てながら利用しましょう。
【色んなキャンペーンに参加して見る】
クレジットカードや、ANAマイレージクラブ等で開催されているキャンペーンを利用する事で、いつもの何倍ものマイルを獲得する事が出来ます。
こんなキャンペーンはかなりお得ですのでぜひ参加してたくさん獲得しましょう。
また買いものをしなくても無料でマイルが取得出来るキャンペーンも有りますので、もしもあったら積極的に参加する様にください。
【むやみに買いものをしない】
マイルを貯める為にクレジットカードによる方が良いという事は先程記述しましたが、さりとて何もかも買いものをした方が良いという事では有りません。
クレジットカードの本来の目的はマイルを貯める事では有りません。
マイルは付加価値として付けられているサービスなのです。
ですから、何か買うとしたらクレジットカードによる方がマイルを貯め易いという位の考えで扱う様にください。
使いすぎたら困難事になってしまうので注意して下さいね。

ANAマイレージが貯められるクレジットカード

マイルを貯める事で、今までいく事に躊躇していた海外旅行や国内旅行も気軽にたどり着ける様になります。
その為にはマイルを貯めなければなりませんが、今までANAマイルを貯めた事が無いという人も、普通に日常生活をしているだけでANAマイレージを貯める事が出来るのです。
なので、ANAマイレージを貯める事が出来るクレジットカードをご紹介したいと思います。
【ANAアメリカン・エキスプレス・カード】
アメリカン・エキスプレス・カードが発行しているANAカードになります。
入会キャンペーンを通している事も数多く、入会するだけで極めてたくさんのANAマイルが貰えるのも魅力です。
また年間に移行出来るマイル数に制限が無い事、メンバーシップリワードへ登録をする事で、通常は有効期限が在るANAマイレージも無期限で貯められる様になります。
無論アメリカン・エキスプレスならではの充実した付帯サービスをも利用できますので、ANAマイレージを貯める為のクレジットカードを選ぶからにはお勧めの1枚だと思います。
【ANA JCBカード】
ANAマイレージを貯める為に一番手軽なクレジットカードが「ANA JCBカード」になります。
JCBカードにはいくつかランクが有って、ワイドやゴールドという種類が有ります。
入会する時にはマイルをボーナスで、カードを年間継続した場合には再びボーナスマイルが溜まる様になっています。
通常カードで1000マイル、ランクが上のもので2000マイルとなっています。
またANAの飛行機に搭乗するとボーナスマイルが加算されますし、ショッピング等でクレジットカードによる場合、1000円で10マイルもためる事が出来ますので効率よくマイルを貯める事が出来ます。

ANAマイレージに関する特徴


マイルを貯めるANAマイレージですが、本来は飛行機に乗っかる事でためる事が出来るというものになります。
但しきちんとたくさん飛行機に乗ずる人もいないでしょう。
その為にマイルが貯めがたいという難点が有るというのです。
なので今はクレジットカードを使ったり、ポイントサイトで貯めたポイントを移行させたりしてマイルを貯める事が出来る様になっているのです。
今のANAマイレージの特徴としては、飛行機の搭乗ではない方法でマイルを貯めるのが人気になっている様な気がします。
ANAマイレージは、他の航空会社が行っているマイレージサービスについてマイルが貯め易くなっている感じがします。
これはクレジットカードを利用したり、色々なポイントサイトを利用したりして貯める事が出来るからです。
但しJALマイレージも日本で一番大きい航空会社だから、そのシステムも痛烈ものです。
その為にANAとJALの両方を貯めている人もいる位です。
この2つ、一緒になれば良いのにとも思いますが、航空会社自体が違いますからそうもいかないですよね。
貯めたマイルは特典チケットに交換する事が出来ますが、マイルが足りないとか、チケットによっている時間が無いという人は、Edyや他のものに交換する事が出来ますので、無駄にする事なく使えます。
但しANAマイレージにはマイルに有効期限が設定されている事、マイルを譲渡するにも制限が有る事、特典チケットをつぎ込みにくいというデメリット部分も在るようです。