ANAマイレージのメリットとデメリット


クレジットカードを通じてマイルを貯めてきた場合、国際線や国内線の無料往復チケットにマイル数によって交換する事が出来ます。
ANAマイレージでは目的地やシーズンによって必要マイル数が違いますので注意しなければなりません。
たとえば韓国に行く場合、ANAマイレージでは12,000~18,000マイルで行ける様になっています。
つまりローシーズンでは12,000マイル、レギュラーシーズンでは15,000マイル、ハイシーズンでは15,000マイルという事です。
因みにJALでは15,000マイル必要ですし、ユナイテッド航空、ノースウェスト航空だと20,000マイル必要という事になるそうで、時期によってはANAがお得ですし、どちらにしても日本系の航空会社の方がお得だという事が分かります。
但し、目的地によっては外国系のマイレージの方がお得な場合が有りますので、出来れば行きたい先のマイレージ数を確認してからどのマイレージクラブに入るのか決めた方が良いかもしれませんね。
ANAマイレージシステムは色んな制度が有りますので、サービスとしては充実していてメリットも充分に感じ取る事が出来ます。
ただし貯めたマイルは永久的では有りません。
有効期限があるのです。
これがANAマイレージの最大のデメリットだと思います。
因みに外資航空会社のマイレージは有効期限が無いのでメリットですが、サービス的にはちょっと充実しているとは言えないかもしれませんね。

マイレージとクレジットカードに関する情報

マイレージとクレジットカードに関する情報をいくつか挙げてみたいと思います。
一旦ANAマイレージを貯める上で欠かせないのがクレジットカードです。
クレジットカードを利用するとショッピングも食事も、その金額に合わせたクレジットカード独自のポイントが付与されます。
そのポイントを貯める事で商品券に変えたり、色んな商品に変えたりする事が出来るのですが、今はポイントをANAマイレージのマイルに移行させていただけるサービスも行われているのです。
最近ではクレジットカードもショッピングや食事等の利用に留まらず、電気やガス、水道っていう光熱費を始め、新聞代、携帯電話代等、生活で必要な出費に関してもクレジットカードを使って支払が出来る様になってきています。
そういった事が出来るという事もあって、どっちみち支払わなければならないお金ならクレジットカードを使ってポイントを貯めようという人が増えてきているのです。
生活費がマイルに代わるのであれば、自然に貯められますのでお得ですよね。
それならばクレジットカードも手軽に使えるというものです。
ANAマイレージプログラムが提携しているクレジットカードには主にVISA、JCB等が有ります。
他にも銀行系のクレジットカードもANAが参入する等、なんだかんだANAクレジットカードが登場しています。
ANAマイレージを効率よく貯めていきたいのであればこれらのクレジットカードは必須の1枚かもしれませんね。

旅行でマイルを貯める2


ツアーを利用してもANAマイレージでマイルを貯める事が出来ます。
無論ツアーですので積算率は少々悪くなりますが、通常フライトの半数の積算率でマイルを貯める事が出来ます。
ANAマイレージを利用している場合だが、ツアーではANAスカイホリデー、ANAハローツアーで申し込んだ際にツアーマイルを貯める事が出来ます。
この他に旅行代金分のマイルもクレジットカードを利用すると貯める事が出来ます。
ますます、ANAマイレージクラブに登録していると、搭乗した後に自動的に加算してくれますのでお得ですよね。
またANAのツアーじゃなくても別会社で申し込んだツアーもANAマイレージを貯める事が出来ます。
そのツアーで飛行機が買えるからにはANAを選びます。
そうして飛行機の搭乗チケットを携帯して手続きする際に、ANAマイレージクラブのIDを入力ないしはカードを使うとそのマイル数が加算されるのです。
搭乗するたまにIDが分からなくても大丈夫。
搭乗チケットを保管しておいて半年以内にANAマイレージクラブに郵送すると加算して貰えますので、マイレージを貯めるならば忘れずに行いましょう。
勿論ツアーではANAだけじゃなくてJAL等他の航空会社のマイレージプログラムもマイルが貯められます。
ANAマイレージとは合算出来ませんので注意が必要ですが、ツアーによってマイルが貯められる様になっていますので、それぞれのマイレージクラブで確認してみると良いでしょう。