太陽光発電と売電

13947718

太陽光発電の容量と時間帯によって売電量はかなりの相違が見つかるものです。
ともかく日照時間によっても、当然発電達する容量は異なってきますが、よく訊かれることで曇天あるいは大雨または大雪の時間はどうなるのか?ということでしょう。
これはそういった天候の場合にも発電は続いているのですが、ただその量は減少してしまいます。
晴天の場合にも、早朝あるいは夕刻ともなれば日照面積及び日光の強さも同様に関係してきて発電容量は減少するものです。
そこで関係する諸団体あるいは協会などでは、太陽光発電のよりよりの普及のためもあって、いわゆる”天候補償”のぼるものが提案されています。
これは、行政機関による全国的な天候状態の統計的な記録などによって、日照時間そうして異常気象との関係による保険システムとなっているものです。
従って年間を通しての発電量の補償になってきますので、例えば設備費の回収とか発電量そうして売電量の算出についても、随分役立って現れるというものです。
ひいては台風あるいは地震に対しても同様な保険システムも見られています。
なおソーラーパネルの耐用年数もよく話題にのぼっていますが、人工衛星での採用はとっくに数十年を超えていますし、無人の灯台においても同様であって、多分”半永久的”という表現が使われていることも色々あるようです。
一段と発電効率ということもよく話題に達するものところが、これは太陽からの光素子の受容を100とした場合での発電容量を表すこので、ほぼ18%から20%ほどが普通のようで、パネルにはシリコン系の材料が使用されている例です。