「雛あられ」の起源

ひな祭りのスウィーツと言えば“雛あられ”ですが、どみたいに定着したのでしょうか?雛あられの起源は、雛プレイを野外で楽しむ際に、携帯していた食料です、。

“雛の国見せ”と言う、雛人形を持った女の子たちが川辺や磯へ出かけていき、春の風景を人形に見せてあげると言う昔の風習がありました。

その時に、雛あられを春のご馳走と伴に持参したのです。

一説によると、外で菱餅を食す為に、バラバラに砕いて作ったとも言われています。

関東地方の雛あられと関西地方の雛あられは味も形も全く違うことを知っていますか?関東地方の雛あられは、甘く米粒大の大きさで、米を破裂させて創るポン菓子に、砂糖等をからめて甘く味付けしたものです。

“お釜に残ったごはん粒を、常々から保全する為に干しておき、それを炙って創られた”、“米を直火で炒って創るスウィーツが江戸でトレンドしており、それを雛あられと呼んだ”等、いろんなな説が有ります。

一方、関西地方の雛あられは、お餅で創られたもので、直径1cmくらいの丸い形で、塩味や醤油味の“あられ”です。

元々、ひな祭りに欠かすことの出来ない菱餅を砕き、炒って創られたのが始まりと言われています。

それでは、関東と関西のどちらが元祖ですのでしょう?これも諸説有りますが、平安時代に雛プレイが宮中・貴族によって始めらたことと、京菓子司が考案したと言う説から、京都がひなあられの発祥、要するに、元祖は関西風だとかんがえられます。

白酒と甘酒の違いとは?

ポピュラーなひな祭りの歌“楽しひな祭り”には、“すこし“白酒” めされたか~”と言う歌詞が出てきます。

“白酒”は、昔から、ひな祭りには欠かすことの出来ないものです。

元々は、不老長寿の木である桃の花を、酒に浸して創る“桃花酒”を飲んでいましたが、江戸中期に入ってから、白酒を飲むのが定着したやうです。

ただ、“子供の頃から、白酒を飲むのがお好きだった”と言う人は、たぶん勘ギャップをしているとおもいます。

実は、本当の白酒を飲んだことのある人はわずかようで、“甘酒”と間違っている人がいっぱいいるやうです。

白酒は、もち米を蒸して、味りんか米麹を加えて、より一層焼酎を加えて熟成させて、磨り潰して仕上げられます。

お酒度数はおおよそ10%前後で、甘みがあり、酒税法では“リキュール”に分類されます。

その為、甘くていくら飲み易いと言っても、お酒ですのでちびっこは飲んではいけません。

“子供の時から、白酒がお好きでよく飲んでいた”と言う人は、似たような甘酒を白酒とおもい込んでいるのでしょう。

甘酒は、ごはん等に米麹を加えて混ぜ合わせ、定温で一昼夜保温し、糖分をでんぷんから引き出した甘口飲み物です。

こみたいに創られたものは、お酒度数が1%未満と低めののでお酒には分類されず、ちびっこさんだとしても安心して飲むことが出来ます。

一晩で創ることが出来ることから“一夜酒”とも言われ、手つくり出来る飲み物として昔から親しまれ、ひな祭りの代表的な飲み物として定着しています、。