ちらし寿司と蛤

ひな祭りパーティーのクッキングと言えば、ちらし寿司と蛤(はまぐり)が入ったお吸い物でしょう。

“ちらし寿司”は、ひな祭りの言い伝えは特に有りません。

ただ、エビは腰が曲がった姿から“長生き”を意義し、レンコンは穴が開いているので“見通しがきく”、豆は健康で“まめ”に働くことが出来る、と言う意義があり、これらの縁起の良い具材がお祝いの席に最適です。

玉子や人参、ミツバなどの色鮮やかな食材は春を呼び込むため、ひな祭りのオーソドックスクッキングとなったのでしょう、。

江戸時代、3月3日は“ひな祭り”であると共に、大潮に近いため“潮干狩りをおこなう日”とされていました。

寒い冬季が終了して、だんだんとあったかでなってきたこの時期の海は眺めもよく、いっぱいの人が潮干狩りを楽しんでいたやうです。

女の人たちは“潮干小袖”と言う、潮干狩りをおこなう為に袖を短くした着物を着て、海へ向かったやうです。

3月3日は、元々、水辺に出かけて厄を払う日でした。

そういった風習が、江戸時代に入ってから“潮干狩り”と形を変えたのかも知れません。

そして、潮干狩りで採った蛤が、 ひな祭りのクッキングやお吸い物に使用されるようになったのです。

蛤などの二枚貝は、対となっている貝殻しか合わないため、“貞操”を暗示し、相性の合う結婚相手に出会って、仲よく過ごしていけるように、と言う意義が込められています、。

盛り付けをおこなう際には、開いた両側の貝に、身をおのおのに乗せましょう。

これは、“1つの貝殻に、蛤の身が2つ仲よく乗っている”と言う意義があり、以来の幸福を祈りながらいただきましょう。

「雛人形」について

ひな祭りに飾られる“雛人形”は、宮中での様子を表現しており、“婚礼”を主に意義しています。

スポット等によって多かれ少なかれ異なりますが、世間一般的な雛人形の登場キャラクターを紹介します。

1段目“内裏雛”・・・“内裏”と言うのは天皇が住む御所のことで、“内裏雛”は天皇と皇后を表した男雛と女雛です。

並べ方は、ニホン古来の方式では、“左上の方”によって向かって右側に男雛、左側に女雛で置かれましたが、昭和天皇が国際マナーである“右上の方”に並んだため、それ以後、左に男雛、右に女雛を並べるようになったやうです。

近頃だとしても、京都等伝統を重視しているスポットでは、ニホン古来の並べ方をしています。

2段目“三人官女”・・・内裏に仕えている女官たちを表しています。

中央に座っている女官長は、盃を三方(さんぼう)に載せて持ち、結婚しているので眉毛が剃って有ります。

向かって左側の女官は、“加えの銚子”(柄の付いていない白酒を注ぐ道具)を持っており、口を開いて立っています。

右側の女官は、お酒を注ぐ“長柄の銚子”(長い柄の白酒を注ぐ道具)を持ち、口を閉じて立っています。

3段目“五人囃子”・・・お囃子(はやし)を奏でる人たちです。

向かって左側から太鼓、大鼓、小鼓、謡で、5人の表情はおのおのギャップます、。

4段目“随身”・・・内裏雛を守る人たちです。

左側が右大臣で、右側の髭を生やした老人は左大臣で、2人とも弓矢を持っています

5段目“仕丁(じちょう)”・・・雑用をおこなう人たちで、帽子をかける“台笠”、靴を乗せる“沓台”、傘を入れる“立傘”を持っています

掃除道具を持っているケースではも有ります。

このほかに、お雛様の嫁入り道具や、京都御所の桜と橘(たちばな)等を飾り、ひな祭りをお祝いします。