雛人形の種類

ひな祭りで飾る雛人形は、いろんなな部類が有ります。

中だとしても、一番古い形とおもわれるのは“流し雛”でしょう

ひな祭りは、元々、人形(ひとかた)にけがれを託して海や川に流していたので、流し雛は古い風習の名残だと言えます

源氏物語にも、人形を上巳節に流す実景が出てきます。

近頃では、“下賀茂神社”等で流し雛の行事が、多くのスポットでおこなわれています。

お雛様と言うと、まず、座っているお雛様をおもい浮かべる人が沢山でしょう

元々、“ひとかた”であったことによると、立っている“立雛”の方が古いと言えます。

江戸時代初期までは、立雛が残っていたやうですが、ひとかたの名残から“紙”で創られていました。

そして、時代が進むにつれて、座雛がメーンストリームとなりました。

江戸時代には、雛人形は大きく発展していきました。

雛人形にはスポット性が顕現、あるスポットから発祥したものが、各地に伝わったものも顕現ました。

雛人形が豪華さを増していった一方で、素朴で味わい深い人形もいっぱい創られていました、。

その代表的なものは、“土人形”や“木目込人形”、“吊るし雛”です。

“土人形”でポピュラーな三河では、近くに焼き物の街があり、質の高い粘土が産出し、より一層職人も多くいたため、土人形が盛んに創られるようになったのです。

“木目込人形”は、京都で発祥した桐塑製や木製でできた人形で、後に江戸に伝わって、“江戸木目込人形”としてその後発展しました。

“吊るし雛”は、伊豆が発祥と言われています。

1本の紐に縁起物のぬいぐるみをいくつか結んで、それを横に並べて吊るしたり、環状にして吊るしたりします

縁起物はスポットによって異なりますが、金魚、まり、動物などの人形等いろんななものがあり、意義が1つ1つに込められています。

当時、裕福ではないご家族で、ひな祭りにちびっこをお祝いする為に、身近に存在する材料を使用して創られました

最近の雛人形事情

近頃では核ファミリー化が影響して、ひな祭りに飾られる雛人形もいろんななスタイルのものが市販されています。

“七段飾り”・・・雛飾りセットのオーソドックスで、毛せんを敷くスタイルと木製のスタイルが有ります

ちっちゃいものは間口90cmで価値は9万円くらい大きいものは間口150cmくらいで数百万円するものまであってます

マンションだとしても飾ることの出来る大きさも有ります

“三段飾り”・・・男雛と女雛、三人官女のセットです。

近頃では、住宅事情から一番大好評が有ります。

7万円台から有ります。

“親王飾り”・・・男雛と女雛だけのセットを“親王飾り”や“平飾り”と言います。

容易に飾ることが出来るので、特にマンションに住んでいる人に大好評です。

ちっちゃい大きさでは3万円台からあり、たいへん豪華で高額なものも有ります。

“ケース入り飾り”・・・コンパクトな雛飾りで、ガラスケースに入っています。

そのまま早速に飾ることが出来るので楽です。

ローコストなものが沢山です。

“木目込人形”・・・人形がちっちゃいので、コンパクトに飾ることが出来ます。

品が良いので長年大好評が有ります、。

木目込人形を数多く扱っているおストアーはあまりないので、木目込人形の専門ストアーでオーダーしたケース良いです。

その以外にも、モダンなリビング等にも調和する、コンパクトでオシャレな雛人形も有ります。

こちらは手がるな価値でオーダー出来るので、次女や三女のひな祭りの贈り物におススメです。

相性の合ったお雛様を見つけてひな祭りをお祝いしてちょうだい