太陽光発電と売電<設置工事1>

18737993

前回におけるように太陽光発電システム設置の契約が成立して続いては打ち合わせた日たまに作業スタッフ数名が来宅して工事の開始となってなっていきます。
普通の2~3階建ての住宅でしたら、朝の9時ごろからの開始で夕方5時ごろには終了するのが標準的な工事進行スタイルになっています。
その間は子どもさんの動きには注意が必要でしょうし、家庭用の100ボルトの電源が使用受けることがあり、機器の設置と配線などによって屋内への作業者の出入りがあります。
同時に屋根には数人が登ってソーラーパネルの設置が行なわれますので、とくにカワラ屋根のケースには2階への少々の足音が聞こえたり
することもあります。
この設置が最も多くの時間を要するようで、近所への丁寧な挨拶を心得ている設置業者が激しく望まれるものです。
ソーラーパネルは1~2枚ずつ吊り下げられて屋根へ運ばれてから、カワラの下部にある垂木(タルキ)にフレームによって固定受ける構造になります。
これは一部述べましたように、家屋の屋根部分の構造的な補強にも陥る特長をもっていますし、築年数によってはカワラの並びの修正チェックの意味も含まれています。
なお最近は手軽がカメラが普及していますので、工事前から終了後にいたるまでの経過を写真に収めておくことがよくなされています。
ソーラーパネルが並べられると、かなり違うイメージが実現されて、とくに小学生の子どもさんは珍しがるでしょうし、省ネルギーへの関心が伸びるという幅広いメリットが期待されるでしょう。