太陽光発電と売電<設置工事2>

19508710

太陽光発電システムとしての設置工事が終了すると、お先に決められていた日なかには、セールスエンジニアをはじめ関係するスタッフの立会いのものて、電力会社からの担当スタッフの前で、本システムによる電気が投入罹ることになります。
すべてはスイッチによって浴びるものであって、とくに異常が乏しいかなどを約30分~1時間の観察によって確認してすべてが終了となる。
特殊なことが薄いかぎり、上述の動機付けから工事の終了までの日程は、だいたい10日間ほどなのが普通になっています。
なお太陽光発電シシテムの設置によって、とくに家屋に押し付けられるのは、交流変換機が屋外の壁面に固定されますし、発電量そうして売電量をつねに監視することが出来るないモニター(B5~A4サイズ:電器製造会社によってことなるものです)が室内の見やすい壁に置きられます。
これは小学生の高学年以上でしたら至って分かるものであって、毎日それでも見ながらノートに記録する習慣などを附けると、日程とか天候ひいてはシーズンによる発電および売電の変化をグラフ表示ができてより省エネルギーへの関心が高くなるでしょう。
日本人の性格によって大層ことなるものでしょうが、ある町内で太陽光発電を設置すると、前記のように周囲に例が無いからと言って設置を拒否する人もおれば、近所に例があるから自分のところも設置するという人がいたりするようです。
町内会などでのコミュニケーションによって、太陽光発電システムの導入意識を至極高揚目指すものです。