木材で建てられた家

昔はおおよそ何処の家も、木材で建てられていました。

近年だとしても一軒家のケースには木造モルタルが世間一般的でしょうが、都市部では鉄筋コンクリートのマンション住まいが多くなっていますね。

マンションは密閉性が高い為に、冬季だとしても温かいことで評判は良いです。

しかしながら、密閉性が高通り越すことで結露等の問題も外装化しています。

木材は世間一般的に温かいと言われていますが、現実、木材で建てられた家は、あまり温かいということで評判にはなりませんよね。

どうしてですのでしょう。

ニホンには、梅雨という時期がありますし、夏も湿度が高くて暑いですよね

ですので、家の創り方が古来より夏向きにアレンジされているのです。

たとえば、大きな窓やガラス戸等を四方の壁に設けることによって風通しをよくし、蒸し暑さを克服しています。

ですが、戸や窓の周囲には隙間ができ易いため、冬季になりますとその隙間から冷たい空気が入って来るわけです。

折角温めた空気と冷たい空気が入れ替わり易いわけですね。

その為、寝る前にストーブを切断してしまうと、それまで温まっていた屋内も直ぐに温度が下がってしまい、朝の起床時には大変、寒いおもいをおこなうことなってす。

こんな理由から木造住宅は寒いと呼ばれるようになりました。

しかしながら、天井、屋根裏等に断熱材を隙間なく挿入して、戸や窓には気密性の高いサッシ戸を投入することで、ずいぶんと改善されます、。

コンクリートの保温性に近づく為に、木造の家も近頃すさまじく向上しています、。

近い将来、コンクリートに劣らない木造の家があらわれるとおもいます。

木材のカビを防ぐ

木材は湿気を帯びたままにしておきますと、カビが生え易いですね。

一度生えてしまうと、綺麗に元通りにするのは大変ですので、常に注意を払い予防しなくてはなりません。

カビの素は、どんな立地であっても空気中にただよっていますから、これを避けるこというのはまず出来ません。

つまりは、木材が湿気を帯びないように注意をおこなうしかないのです。

乾いた木材にカビの胞子がいくらくっついてもカビが生えるこというのはありませんから、乾燥がたいせつです。

雨ざらし等にしておくと、直ぐにカビが生えてしまいますよ。

家の塀等を木材で作っていらっしゃるケースは、塗装で雨をはじいているのでにカビが生えるこというのはありません。

しかしながら、これも時間が経って劣化してゆくと共に、塗装も剥げてしまいますから、そうしますとカビが生えてきます。

家の内部の木材にカビが生える原因というと、多くのケースが結露によるものでしょう。

若しくは、水漏れですね。

梅雨時期や、屋内を温める冬季の時期には、壁等にも結露が発生し易いのです。

とくに、タンスのようなもので隠れている部位は要注意です。

たまに確認してみると良いでしょう。

木の色が黒っぽくなったり、緑がかったりしてくるようだとカビのリスク性が高いです。

放置しておくことで、木材が腐ってしまうケースもあります

壁と家具の間は出来るだけ風通しをよくしておきましょう。

目安として、壁にさわってみたケースに、なんとなく濡れた感じがするケースにはリスク度が高いですよ。

楽器に使われる木材(1)

木材と言いますと、世間一般的には家具や木造の住宅等をおもい浮かべるかたが沢山のではないかとおもいますが、もっとさまざまな使途に利用されているのですね

たとえば、楽器等もみたいです。

楽器が出来るかたは気づいているかとおもいますが、木材が利用されている楽器というのがけっこう沢山のです。

ピアノもみたいですし、ギターやバイオリン等もみたいですね

木琴も、言葉通り木材から創られています。

各楽器には、多種多様の木材が利用されています。

何故、楽器に木材を利用することが沢山のかと言いますと、木材はたいへんプロセシングがし易いというメリットがありますし、良好な振動特性等もあるわけです。

その為、かなり古くから好んで楽器製作に用いられているのですね。

楽器に利用される木材の部類は多岐にわたっていますが、おのおのの木材が持つ振動特性、そして楽器として完結したケースに発する音、音色は当然ながら樹種によって異なります。

より一層、同じ部類の樹木であっても、生息スポットによって音に対する影響はチェンジしてくるのです。

これが、木材を利用する面白さだとしてもあるのですね。

著名な音楽家ともなりますと、自分自身が利用する楽器に、どんな木材が利用されているのかまで心配するようになります。

それだけ、音色がチェンジしてくるということですのでしょう。

お好み等もあるのかも知れませんね、。

もし、あなたが楽器をやっていらっしゃるのでしたら、あとあというのはそのあたりも気にかけてみては如何でしょうか。

楽器に使われる木材(2)

前回に引き続き、楽器に利用される木材に対して、この度はもう少々詳しいお話をしようとおもいます

どんな楽器に、どんな木材が利用されているのか・・・ということですね。

この楽器にはこの木材、というように明確に決められているわけではありませんが、よく利用される木材というのがやはりあります。

カエデ(メープル)がその一つです。

カエデは木目がすさまじく密で乾燥後の狂いが少なく、より一層適度な堅さとねばり、弾力がある木材です。

楽器以外にも多様な物に利用されますが、楽器にもすさまじく適しています。

ギターやバイオリン、ファゴット、そしてドラムスティック等に多く利用されています。

カリン(別名をインド紫檀)は、叩くことでたいへん良い響きが返ってくる木材ですので、木琴に利用されることが沢山です。

他にも、三味線ですとかニ胡の棹や胴に利用されています。

マツやスギもよく楽器に利用されます

どちらも、まっすぐで均一な木目の材木が楽器に利用されていますが、とくに音響の心臓部に使われるのですね。

たとえば、ピアノやハープの響板、ギターやバイオリンの表板等です。

たいへん軽量で、爪等で押してみますと容易に凹むほど柔らかいのが特徴です

ギターに利用されることが沢山のがマホガニーです。

ネックの大半がこのマホガニーで創られていると言っても良いでしょう

マツほどではないのですが軽量で柔らかいですしマホガニーが響板として表板に使われたギターは、ユニークでソフトに温かみのある音色になりますので大好評があります。

木材による音色の相違に、願わくは関心を持ってください。