生活を豊かに、努力するひとには幸せがやってくるように

生活の中で使用される木材(1)

前回、前々回と、楽器に使われる木材ということで、さまざまな楽器に利用されている各種木材をご案内してまいりました。

この度は、もう少しばっかり視界を広げてみましょう。

常々の生活のなかだとしても、木材を利用した生活用品というのをあちらこちらで利用しているかとおもいますが、それらが何の木から出来ているのかちょっと見てみませんか。

何処のごご身内にも必ずと言っていいほどあるとおもわれます「まな板」ですが、これもまた多様な木材が利用されるのですが、世間一般的にマツやスギ等を利用することが沢山ですね

もう一つ、何処のごご身内にもあるとおもわれます「鉛筆」にも、やはりマツやスギが利用されることが沢山です

あなたのそばに鉛筆がありましたら、見てみてください、。

何処かの山から伐採されたマツやスギが、鉛筆にプロセシングされて、今あなたの元へやってきたということになります。

こみたいに考えるとき、木材で創られた品物に、今まで以上の愛着が湧きませんか。

さて、多くのごご身内にあります「仏壇」はどんな木材を利用しているとおもいますか。

仏壇は黒檀を利用するケースが沢山です。

仏壇は、家のなかに存在するもののなかだとしても高級な部類に入るとおもいますが、黒檀は仏壇をはじめ、高級家具に利用される木材ですのです。

では、一定段階の家具類・・・椅子やテーブル等には世間一般的にどんな木材が利用されているかと言いますと、カシ等がみたいです。

カシはたいへん堅い木ですので椅子やテーブル、机等を創るのに最適なわけです

酒樽等にも利用されますね。

生活の中で使用される木材(2)

本日も又、常々の生活のなかで利用される木材に対してお話を進めてゆきたいとおもいます。

嗜好がスポーツ競技というかたは沢山とおもいますが、ボーリングが嗜好というかた・・・「ボーリングのピン」が木材から創られているこというのはごぞんじですよね。

この木材が、何の木の木材であるのかまでごぞんじでしょうか

ボーリングのピンは、カエデから創られることが沢山です

適度な堅さと粘りがある木ですのですね。

野球が嗜好というかた・・・「バット」によく利用される木というのはおわかりでしょうか。

これもまたカエデが利用されるケースが沢山です

ウインタースポーツ競技の代表とも言えるスキーが嗜好のかた・・・「スキー板」も木材から出来ていますね。

スキー板によく利用される木材は、ブナやカバです。

これらのスポーツ競技をおこなう際には、ちょっと気にかけてみてくださいね。

他に、ごご身内でよく見かける木材の生産品というと何でしょう。

「フローリングの床」等もみたいですね。

床材としてよく利用されるのは、スキー板と同じブナやカバもみたいですし、カエデもよく使われますね。

すさまじく小さなものですが、「印鑑」等は如何ですか。

宅急便が来た時にサイン替りに押すのは、もっぱらシャチハタのようなスタンプ型の印鑑だとおもいますが、たいせつな書類に押すための印鑑の多くは、木材であるのならツゲで出来ているものが沢山とおもいます

木目が密であってながらも軽くてプロセシングがし易い木材です。

木材や木の生産品というと、我々はどれも同じ木から創られたように漠然と思ってしまいがちですが、多様な木材が使途に合わせて使用されているのですね。

合成木材

自然の木からできあがった木材は、芳香もよく、ぬくもりも感じられますね。

パッと見も、なんとなくホッとして心理的負荷が和らぎます。

ただ、ちょっとしたデメリットを挙げるとすることで、水に弱いということや、虫害に遭い易いということでしょうか。

そのあたり、なんとかならないのだろうか・・・ということで出現したのが合成木材と言われているものです。

さて、この合成木材ですが、どんなものだとおもいますか。

合成木材は世間一般的に、木粉を55%、ポリプロピレンを45%混合溶融し、押し出して成型された木質複合素材のことを言います。

そして、その特徴といたしましては、原料に廃材と廃プラスティックを利用しているということ・・・つまりは、リサイクル品物ですのですね。

自然の木材には必ず生じてしまう色の退色や割れ、ササクレ等が生じるこというのはありませんし、シロアリ等の害もなく、腐食もしずらいという、良い感じの特徴も持っています、。

こんな特徴から、合成木材は屋内と比べると屋外に利用されることが沢山みたいですね。

将来のメンテナンス性等の面からも考えますと、公園等の遊び場や、幼稚園、小中学校、福祉施設等んな公共事業に利用され始めています。

この合成木材のデメリットを挙げるとするならば、単色であるがために、自然の木のような風合いが出ないということ、値段的に高額であるということ、強い衝撃によっては割れたり欠けたりするケースがあるということでしょうか。

使途によって自然の木材と合成木材を使い分けるのが賢い手法ですね。