不燃木材(1)

タイトルを見て、驚いたかたもいらっしゃるかも知れませんが、不燃の木材というものが存在するのです。

建築基準法におきましては火災に備えて多様な規定を定めているのですが、その中の一つが防耐火材料に対しての規定ですのです。

防耐火材料というのは、不燃材料、準不燃材料、難燃材料を指しています

これらには、建築物の規模や立地、使途等に応じて、細分化された利用規定があるのですね。

そしてその不燃材料、準不燃材料、難燃材料につきましては、国が定めるテスト機関では厳密なテストが行なわれるわけです。

その後で、国土交通大臣が認定することになっています。

不燃木材と謳ってはいても、この認定を受けていない材料は、法的規制のある箇所への利用が出来ないことになっています。

このことからも察しがつきますように、不燃木材は一部類だけしかないわけではありません。

各社から、色々とアレンジされた不燃木材が市販されています。

木材に何らかの薬品を注入したり、塗装したりすることによって、不燃木材にするわけですが、いくら燃えないと言いましても、高温にさらされたケースに、有毒ガス等が生じては良いわけがありません。

国が定めるテスト機関ではは、そういった部位まできっちりと確認が入ることになります。

国交省の具体的な防耐火材料認定要素というのは、以下の3点だみたいです。

総発熱量が8MJ/平方メートル以下であること2、最高発熱速度が10秒以上持続して、200KW/平方メートルを超えないこと3、裏面に達する割れや防火上有害な変形がないこと、。

この3点の要素に対して、20分間の燃焼テストを行ってクリアすることで不燃材料、10分であるのなら準不燃材料、5分ですと難燃材料ということになります。

不燃木材(2)

引き続き、不燃木材に対してのお話が続きます。

前回は、国土交通省の具体的な防耐火材料認定要素までお話いたしましたね。

そして、この要素に従って燃焼実験を行なうということでした

20分以上、燃えないでいてはじめて不燃木材と認められるのでしたね。

ただ、前回も触れましたとおり、しばらくの間燃えないというだけでは不燃木材として認められません。

燃やした時に有毒ガス等が発生しないかどうか、マウスを利用してガス有毒性テストなるものが行なわれるのです。

人間に対して有害なガスが生じると大変なことになりますから、このテストはたいへんたいせつです

動物実験に否定的なかたも沢山というのはおもいますが、一応の配慮はなされています。

マウスによる認定テストは、先に発熱性テストに合格した木材のみ行なうこととなっています。

これによって、万が一被害に遭うマウスも少なくてすむというわけですね。

前回お話いたしました燃焼テストと、この度のガス有毒性テストとの二つをクリアしてはじめて不燃材料認定を受けられることなってす。

人の命にかかわることだとしてもありましょうから、このくらいシビアな確認基準があって当然とも言えるでしょう。

例えば、家が火災に存在したケース、消防署に通報してから20分間もの間、燃えないでいてくれれば、消防車が無事に到着してくれるケースが大半だとおもいます

直ぐに燃えてしまう一定段階の木材を利用している家と比べると、たいせつにならなくてすむとおもいます

不燃木材が、あとあともみるみる広まると良いですね